FC2ブログ

⑩ 香港路 老舗 中華粥の安記

横浜中華街を食べつくせ その10 中華粥といえば安記

~ お粥よりも名物なのは、モツ皿、レバ皿、ミノ皿、そして週末の油条



 愛すべき安記 食べ語り その1


安記のスタンス : 安記は、創業1932年の70余年にもなる老舗、一方の謝甜記は昭和26年創業の中堅クラス。しかし、中華街において、中華粥の存在を知らしめるべく、竜虎相打つ激戦を制したのは、もちろん謝甜記である。でも、こればかりは、商才とか経営の才覚の違いだけで、両者ともその味わいにおいては、いまも拮抗していると思う。



 但し、悲しいかな、こじんまりと構えて、商売っ気の無い安記⇒地元民に絶対的な支持・御用達の元祖お粥屋で、謝甜記⇒宣伝上手で安易な観光客向け、でも行列覚悟。こんな分類が、客観視された二大中華粥専門店の偽らざる現況であろうか。
安記を上手に利用するコツ : 安記が、この地に根ざして、かくも地元の人に愛されているのは、全うな商売を真面目に、なんのへつらいも無く続けているからだ。それであるがゆえに、ぶっきらぼうであり、一回こっきりの観光客にはイマイチ、ピンとこないまま、その無愛想さに辟易し、すっかりと足を遠ざけてしまう店に成り下がってしまったのである。サーブする側、顧客の側、双方に歩み寄りが無かったわけである。伝家の宝刀と言えば=モツ皿、レバ皿、ミノ皿 : そこで安記を愛すべき定点観測店に変えてしまうには、定番のモツ皿三兄弟を是非に食してもらいたい!朝早くから店を開けているので、ビールとモツ皿で土曜日の朝っぱらから乾杯してもらいたい!



 何故?土曜日なのかと言えば、中華街において、肉屋さんで、新鮮な内臓系が出回るのが、週一回、金曜の朝のみであるからだ。料理人たちは、内臓系を求めて肉屋に、週一回は長蛇の列である。



 そんな新鮮な内臓が出揃った金曜日でも良いが、店に出す前に、家族ですっかり食べてしまったり(笑)、その残り分が、土日に店先に出回たりするのが、中華街の隠れた法則らしい。

続きを読む

スポンサーサイト



⑩ 香港路 老舗 中華粥の安記 その2

横浜中華街を食べつくせ! その10  中華粥といえば安記



~ 愛すべき安記 食べ語り その2 お粥だけに 熱く語ろう!


中国粥はシンプル イズ ベスト!であるということ。 :



 ここのお粥は、謝甜記より小ぶりの器で、量も少なめ、あっさりめ、スープのようにサラッとしている。実は、これが特徴と言うのかミソである。つまり、朝粥として、毎日食べてもイケてる。これが、すなわち、安記の特徴が無い中華粥の特徴である。



 そして実は、隠し玉として、ここは油条が名物です。ここ中華街でも、いまや数店しか作っていない本式の油条(=謝甜記の脳天気なブヨブヨ揚げパンでない!硬めの油条。)が、土曜日であれば、確実に揚げたてを食べられます。作り置きは、あまりできないので、いまの状況にはいささか寂しいものがありますが。
中華粥の食べ方伝授 : そして、この暑いさなか、肝心のお粥の正しい食べ方ですが、熱いからといって、真っ先にかき混ぜたりしたらいけませんよぉ~!



 要は、表面で冷めた上澄みだけを掬って口に運びます、アク取りの要領で、上面だけを拾って食べる、これが正解です!表面を表面をと、削ぎ取っていくと、熱くても食べ易いです。



 これは鶏粥ですが、具である鶏は、箸で掬い出して、白髪ネギと醤油の皿に付けて食べます。



 この際、なんとなく鶏を掬ったり、醤油に付けたり、あるいはモツ皿を食べているうちに、醤油が蓮華を通じて粥本体に落ちて広がったりしながら、うっすらと味が付いてきます。



 口の中に様々な味わいがミックスされてきて、しかも、お粥が丼の中ではシンプルなまま充たされて、あっさりと平らげることができれば、これぞ中華粥の醍醐味になってきます。



 お粥の変化のつけかたは、粥本体に、魚介など投入したり、ネギや醤油を混ぜこぜにしても個人の自由でしょうが、できれば、様々な皿を取って、味は口の中でミックスしていくほうが楽しめます。



* ここの、しゅうまいは、味が特徴的、肉の旨味の甘さが伝わってきます。



* 安記 : 香港路 中区 山下町 147 (水休み)


続きを読む

うなぎ割烹 日本橋 大江戸

創業200余年 うなぎ割烹 日本橋 大江戸

vol.15


アクセス : JR総武本線快速の新日本橋駅前。あるいは、神田から徒歩7分ぐらいで、昭和通り沿い。小粋な柳の木が目印です。

(日本橋本町4-7-10)



* うなぎ=表面はパリパリ、中は柔らか、鰻本来の味わいが感じられてたいへんに美味しいです。タレは、やや辛め。御飯は硬めですが、量は少なめ。肝吸いは、別に頼みましたが、なかなか美味であっさりとしたダシの取りかた。蒸しは上手ですが、捌きは、骨が引っかかり多いです。香の物は良いです。サービスも良いです。座敷以外の食堂も併設されていますが、個室風に区切られているために、カップルでも昼時に会社仲間と連れ合っても使えます。


うなぎ&店構え&サービス=全て兼ね備えた風格・雰囲気 : 

☆☆☆☆☆ うな重は、2100円~でも味と量は満足できます。



 食後の印象でも、あっさりめ、上品でもあり、香ばしい鰻の醍醐味も味わえ、バランスの取れた逸品です。値段さえ、好みの範囲内にあれば、万人に歓ばれること請け合い、定番の鰻屋さんです。

 

 鰻屋探訪も、回を重ねるほどに、次第に核心を突いてくるようになりました。少人数でも大勢の宴会でも、あらゆる用途に万能に対処できて、しかも味わいもしっかりとした江戸鰻の横綱的存在です。



 創業は、江戸時代・寛政年間より、現在で8代目になりますが、驕らず、堅気な職人仕事と、丁寧な客あしらいには感心させられます。



* 静岡大井川産の鰻を使用。土曜日にだけ、限定のいかだ(長めの江戸風情タイプ)が廉価で食べられるのでお薦めです。どんなに混雑していても、10分やそこらで上がってくるのは、作り置きで対処していると思うのですが、けっしてそんなリスクは味に感じさせずに美味しいです。

続きを読む

冥途 再厥第三版

百閒本の傑作 : 改装版 冥途 再厥第三版



 ご承知のように、百閒の初めての創作集であり、唯一の傑作である『冥途』には、稲門堂書店発刊から、何冊も版を変えて、様々な異装の本が存在している。



 再厥本(さいけつ)とは、再刷本の意味で、『冥途』が、早稲田の稲門堂書店から大正11年に発刊された翌年、関東大震災のため、あえなく『冥途』の紙型が焼失し、版元の書店も社長が急逝、という災難続きの憂き目にあった。



 そのために、版を変えざるを得ない事情が生じてきた。改版による出来映えと個性は、それぞれが、良いのであるが、個人的に好きなのは、この3番目のタイプで、昭和10年12月20日に三笠書房より、発行された、再厥第三版である。



 限定1千部であるから、市場には、ほぼ出回っていないと言っていいだろう。本体は、おどろおどろしくもユーモラスなヒョウ(豹)が、描かれていて、もちろん、谷中安規による装画である。 木版手刷りによる凝ったつくりで、木版印刷師は岩田泰治、その色彩は、布装であるから、今でもたいへんに暖かみがある、その手触りに、愛書の醍醐味を伝える逸品である。



 安規による装画のモチーフも、こればかりは得意の《虎》ではなく、《豹》であるのは、蜥蜴を捕まえている様子も含めて、『冥途』内に納められている=豹と蜥蜴の二編をたぶんに意識したことと思われる。



 それにしても、百閒による現代版・百物語ともいえそうな冥途の作風と ビアズリーを愛した谷中安規の妖しくも耽美的で、グロテスクな世界が相俟って、まさに傑作ともいえる一幅の屏風絵を垣間見せてくれる。

続きを読む

麻布十番温泉

東京の顔といったら、やはり麻布十番温泉の黒湯ですね。

越の湯と麻布十番温泉は、2008年3月末日をもって廃業します。




 いまは、地下鉄大江戸線やら、六本木ヒルズの大開発で、交通の便もやたら良くなり、メジャーな繁華街になったのだが、ひと昔前の麻布十番といえば、外人の多い、ひっそりとした下町風で手堅い商店街だったものだ。



 今でも、基本的には、その頑なに、個性的なスタンスは変わっていないけれど、イメージも商業的に高められて、見かけは、ちょっぴりだけ、オシャレな街に変貌してしまった。でも、いくら変わろうとも、やはり(居酒屋)あべちゃんが間違いなく、活きた麻布十番の看板である。



 たい焼きと温泉の街。そんな案内が相応しいほど、麻布十番温泉と商店街は切っても切れない間柄である。



 ビルの1階部分が、公衆浴場の越の湯(430円)で、その上の階が、宴会場完備の麻布十番温泉(1260円)という名称になる。こういうスタイルは、今は亡き、大森銀座にあった馬込温泉に形式が似ている。



 もっとも、こういう昭和スタイルのヘルスセンター系B級テーストを踏襲しているのは、今や、23区内では、ここと浅草観音温泉ぐらいになってしまった。



 寂れてきたとはいえ、六本木ヒルズの明かりを間近に眺めながら、ガラ空きの大広間のカラオケで歌える温泉があることは、東京の良さでもある。



 下町の銭湯だから、心して掛からねばならない(笑)。とにかく、熱い。近くには、同じ黒湯の竹の湯と玉菊湯がある。いずれにせよ、どこも同じような、ヌルっとくる、甘い匂いのする激アツな本格派の黒湯である。



 1階の銭湯より、階上の十番温泉の方が、湯の鮮度が良いと思う。しかし、階上の湯船は狭く、カランも行き届いていないから、銭湯の方が使勝手が良い。廃れた感があるステージで、熱気だけが妙にこもった脱衣場から逃げるように大広間へと直行、歌われるカラオケ、疎らな拍手、これこそが十番温泉のパラダイスである。



* 階上にあった麻布十番温泉は、2008年3月末日を持って廃業します。



* 太陽系の惑星から、冥王星が外されるという。冥王星は、発見された年に生み出されたディズニーのキャラクター=犬のプルートでも御馴染みである。冥王星、ひとはそれを負け犬の星★と呼ぶ(笑)。

続きを読む

神泉 うなぎ いちのや

七代目 うなぎ いちのや 渋谷 神泉

~川越の老舗名店なれど、生蒸し、絶品の鰻が味わえる。

FILE NO 10.


アクセス : 渋谷から東急バスにて、旧山手通り沿い、東大前下車2分、神泉駅からでも5分ぐらいのところにあります。蔵をイメージしたような外観、川越が本店で、内部は民芸調でもあり、モダンな落ち着いた調度品に囲まれた内装になります。下足板を持って、お座敷に上がります。 昼間の2800円、うな重。肝吸い付き。香の物は、大衆食堂並みの低級品で手を抜いていて、こればかりは、いただけない!店の品位を下げます!



うなぎ : ☆☆☆☆☆ (* 夏場は、鹿児島産を使用、冬場は愛知・三河一色であることが多いが、その時々の季節に応じて仕入先を変えるとのこと。従って、その産地のものに合った調理法が必要だそうだ。)



 さて、肝心の鰻ですが、これがたいへんに柔らかくて、トロトロで、しかも焼き加減が絶妙で、鰻そのものの舌触りと味をよく味わえるものです。おそらく見かけの悪い=下町仕様、たとえば雷門の色川などの造りとは、ある意味対極にある。



* これは、生蒸し(直蒸し)という調理法で、通常、捌いた後に、白焼きするが、それを経ないで、そのまま長時間、ひたすら蒸す作業に入る。そのため身は崩れるほどに、柔らかい印象となる。蒸す時間の一工程が無いか、または短い、地焼きとは、まさに好対照であるが、好みの問題で、どちらが美味しいとは一概には言えない。



 タレは、甘めであるが、鰻は脂が上手に削ぎ落とされており、全体の印象は、後に引かずにあっさり目かもしれない。



 川越本店と、調理方法が違っており、客の注文が入ってから、運ばれてくるまで40分間、その間、生蒸しは、きっちりと蒸すために、ふわふわな柔らかさに仕上がることとなる。



 御飯は少なめ、タレも含めて、ややべっちょりしている。
肝焼き : ☆☆☆☆ これは美味い!神泉だけに新鮮な肝を使用。肝吸いも同様に絶品。



* 個人的には、蒸し方が上手く、とても上品にして繊細な仕上がりで、東京では抜群の出来映えと感じられるが、そこは好みの問題で、プリプリとして、しつこい感じが好きなひと、地焼き好きには、物足りなくダイナミックさに欠けると思われる。ある意味、味を知ったる年寄り向けの鰻かも、脂分が落ちすぎたところがある。



  注文を受けてから始動するので、優に1時間は待たされる、時間に余裕の持てない人種は暖簾を潜るべきところではないようだ。コース料理もあり、個室で、ゆっくりと落ち着いた会食が楽しいお店である。

続きを読む

海南鶏飯食堂 六本木本店

六本木の超人気店 : 海南鶏飯食堂(ハイナン・ジーファン)

~ 東京に バクテーを探して 最終回 その7


 アクセス : 渋谷から六本木ヒルズ行きの都バスに乗って、けやき坂で下車、徒歩3分。ちょうど、さくら坂を下りきったところと、麻布十番商店街はずれになる地点、(スーパー)フードマガジンの裏手にあたります!



 たいへんな人気店で、恵比寿にも支店がありますが、こちらも賑わっていて、予約無しでは入れないくらいの混雑振りです。少人数対応の個室がひとつと、テラス席もあるので、昼はランチ仕様、夜は大勢でも、酒飲みたちにも、ちょっと良い感じでした。



 麻布十番でもなく、六本木ヒルズでもない、その境界地域がとっても旬で、オサレですね、その昔は、城南中学校前と言って冴えない住宅街だったんですけど、この辺はガラッと変貌してしまいました。
バクテー : ☆☆ 肉骨茶=バクテーを食べ歩いて、7軒目、これで東京で食べれるバクテーは全て制覇いたしました。



 こちらのバクテーは、肉のボリュームがあり、スープはごくごくあっさり目でした。野菜から出た甘味が強く、ナチュラルで飽きのこないタイプですね。
シンガポールチキンライス(小) : ☆☆ 看板メニューですネ。西荻窪の夢飯が何しろ最強なので、こちらは荻窪の馬来風光美食に次いで3位ぐらいの無難なランクです。スープは、しょうが風味が強すぎますが、あっさりめです。店の総合評価 : ☆☆☆☆ こちらは、店の立地、雰囲気、店員、サービスともに満点と言え、料理は何とも普通なのですが、カップル~万人にお薦めできる、なかなか使える店です。人気の程がわかります。



* ということで、東京バクテー・ランキングです。



=シンガポール・タイプ :  

1位 海南鶏飯(三崎町) 2位 夢飯(西荻窪) 

3位 シンガポール・シーフード・エンポーリアム(日本橋) 

(次点) 海南鶏飯食堂(六本木本店限定・夜のみ)



=マレーシアタイプ  : 

1位 馬来風光美食(荻窪) 2位 新東記(恵比寿) 

(次点) 馬来西亜(祖師谷)

続きを読む

プーアル茶の香り

プーアル茶の香りについて



 プーアル茶を、いろいろと貪り飲んでいると、なるほど、いくつかの特徴的な香りのパターンに出会うことがある。それは、土臭いとか、熟した腐葉土の臭いといった低レベルで感知されるようなものではない。



 プーアル茶が、ひとつのお茶のカテゴリーとして、辛くも緑茶や烏龍茶に引けをとらないで、居座ってられるのには、いくら陳化や熟化を経ながらも、もとになっている植物として茶葉の香気を留めている為である。



 このことに、すぐさま同意するためには、お茶の本性と謂うべき、緑茶から、そのプーアル茶にも残された原香ともいうべき香気にたえず気を配っていなければならない。



 そして、その香気には、大きく大別して、荷香、蘭香、樟香、青香の4パターンがある。これらは単独で感じられる場合もあるが、良い品物であれば、蘭+樟とか、あるいは、やや樟に青がプラスされたものということにもなってくる。



 樟香というのが、最上級のプーアルには、良く判別されるものだ。ある資料によれば、もともと雲南やベトナムの茶樹は、多くはクスノキの林下に疎らに植えられたものであるとされ、その樟脳のような揮発成分が浮遊しつつ、土壌下では互いの根が絡まって、クスノキの芳香が茶樹に充填されるのだという。



 とくに蘭とクスノキが混ざった芳香性は、雲南でも古い茶園=大樹茶に特徴的で、それを原料としたものには熟化・陳化を経た際に、その香気を出すとされている。それに反して、近頃、もてはやされるプランテーション式の矮化した潅木の茶園=台地茶からは、青香とされるものと荷香が混ざったものだとされる。



 プーアル茶を見比べる際に肝要なのは、茶葉の性質であって、内飛や内紙、外包紙のような外形だけではない、むしろそういったものは鑑別の邪魔でさえある場合が多い。



 満足いく、香気に出会えることこそ、良質のプーアル茶を理解できる一歩となる。それもこれも、やはり原材料のもつ香気に起因し、その後の処理にも影響が伝わっていくものなのである。

* 7542の製造された年代別の違い、蓄蔵の年数と水色との関係は必ずしも正比例しない。

続きを読む

HEART OF GOLD BAND

HEART OF GOLD BAND

~ ジェリー・ガルシアを髣髴させる浮遊感と、

 法悦感に浸れるバンドの名演




 なんとも言えない、あたかも天国にいるような心地よさを感じる平和なアルバム。ハート オブ ゴールド バンド=HGBは、かつてジェリーとともにプレイしていたキーボーディストのキース・ゴドショウとヴォーカリストであるドナ・ゴドショウ夫妻によって始められたデッド周縁に位置してたファミリー・バンドといってもいいようなスタンスを持った稀有なバンドである。



 2004年に復活し、いまでもツアーに出ているようだが、バンドのキーメンバーであるキース・ゴドショウが、1980年7月自動車事故で急逝したことで、いったん、バンドは空中分解していた。



 わずかに、1979~80年という極めて短い期間にわたって、伝説のステージを繰り広げていたことになる、このアルバムは、そんな彼らのバンドのスターティング・ラインナップで、1979年のスタジオ・テイク=このメンバーには、ベースにラリー・クライン(ジョニ・ミッチェルの旦那)、ジョン・シポリナ(クィックシルバー・メッセンジャー・サービスで活躍、非常にファンが多い。)らが加わっている。



 1980年のライブ・テイクは、なかなかに圧巻で、メンバーには、我らがスティーヴ・キモックがギター、ZEROの盟友であるグレッグ・アントンがドラムスであった。



 総タイム1時間、13曲のラインナップには、デッドの名曲であった=GOMORRAHも含まれている。ドナの熱唱とキースのピアノの調べが郷愁を誘う。キースにとっても、不慮の事故死と言う早すぎる幕引きの直前となる、彼の最後の名演である。



 CD版のアートワークを飾るのは、アスパラではない(笑)、紛れもなく、グリーンのトルマリンが聳え立っている。そう、こういうイメージが、ちょうどアルバムを通して聞き終わったときの気持ちかもしれない。



 それにしても、キモックは客演というより、全霊が掛かっていて鳥肌が立つくらいに、ガルシアに魂が乗り移っている。

続きを読む

さよなら、消費社会

『 さよなら、消費社会 』 : カレ・ラースン



 《THE MORE YOU BUY,THE LESS YOU LIVE~見せ掛けだけの満足感、買えば 買うほどにダメになっていく。》それでも、ひとは、いらない物を買ってしまう。消費主導の社会がもたらす空洞感、こころのエコロジー、こころの環境問題にも、メスを入れよう。



 カレ・ラースンというひとは、当然、この本を読むまで知らなかった。カナダで、《ADBUSTERS》なる広告がもたらす有害性を訴える雑誌や財団を主幹していたり、クリスマス前の11月最終週に《無買デー=BUY NOTHING DAY》といった過激なキャンペーンを打ち出したり、テレビ局に《非CM作品》を放送してもらおうとしたり、とにかく過激なメディア・リテラシーを行為としてラディカルに執り行っている人だ。



 本書の原題は《カルチャー・ジャム》であり、ジャミングと言えば、文化の妨害、マスメディアが引き起こす、行き過ぎた消費社会への煽り、広告活動に抗して、それらの支配から免れるために破壊的な意思表示をすることであり、その行為者が《カルチャー・ジャマー》である。



 ジャミングは、多種多様なかたちをとってシチュアシオニスト的なハプニングを繰り出す。考えてみれば、バロウズの(あるいはブライオン・ガイシン)カットアップ~フィールドイン・メソッドもまた、ジャミングの一種かもしれない。



 カレ・ラースンが発するカルチャー・ジャミングは、ある意味、スーザン・ジョージが提言する反グローバリゼーション運動より、よほど的を得ているかもしれない。



 問題提言は多岐に渡っており、ここではかつて、ティモシー・リアリーが扇動した《チューン・イン、ターン・オン、ドロップ・アウト》は、インターネット漬けの孤独なギークたちに、《コネクト、ディスコネクト=接続せよ、そしてすぐに断ち切れ》を呼びかけるメッセージとなる。



 クールなアメリカの象徴=プレスリーは、晩年にアメリカ的不摂生がために一命を落とした、アメリカが抱える過剰と傲慢と豊かさが、それによって生み出される逆説的な苦痛に苛まれてしまうことになると、カレ・ラースンは指摘する。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR