fc2ブログ

湯島天神下 御菓子司 つる瀬本店 甘味喫茶

湯島天神下 御菓子司 つる瀬本店 甘味喫茶
IMG_3450.jpg
 美味しい赤飯を食べ歩くシリーズ : 湯島天神の坂を下った先にある和菓子屋さん、尾張屋として昭和5年創業、昭和30年に屋号を、つる瀬として今日に至る。季節ごとに作られる和菓子の数々は店頭だけでなく甘味喫茶としても賞味可能で、かき氷、ところてん、くずきり、ぜんざい、豆大福、あんみつ、自家製あんずソーダ、自家製レモンソルベなど食べられて甘味のオアシスです。

* 文京区湯島3-35-8 月曜定休
9:30~18:00
IMG_3454.jpg
赤飯弁当 : 850円(税込)
☆☆☆☆

 蒸し立てで温かなお赤飯、おかずとして、自家製きんぴら、さつま揚げ、厚焼き玉子、煮豆(うぐいす)、蒲鉾、煮椎茸、切り昆布、からみ餅の具材、すまし汁、わらび餅がデザートについた、なかなかの一品。 小さな梅干しも美味しい。お赤飯は硬めに炊かれて、ささげ入り、なかなか美味しい。


CP=100 味=85
スポンサーサイト



テーマ : お店紹介
ジャンル : グルメ

つつじヶ丘駅踏切際 和菓子処 今木屋

つつじヶ丘駅踏切際 和菓子処 今木屋
~都内の美味しいお赤飯シリーズ

IMG_3207.jpg
 つつじヶ丘駅北口降りて、線路伝いに調布方面へと歩いた先、踏切間際という立地は、行列するラーメン屋・柴崎亭の手前にある、家族経営の餅菓子&創作・和菓子 今木屋さん。日本橋にて明治元年創業し、戦後から調布へと移転して60年、現在は5代目。知らずに通り過ぎてしまうには、もったいない甘味の楽園的穴場、家庭的な雰囲気の和み系でおススメです。酒まんじゅう、みたらし団子、草餅から上生菓子、洋風なものまでと幅広く裏手の作業場で、きちんと丁寧に作っています。少量生産ゆえ、人気な、どら焼き、カステラなどは昼過ぎで売り切れもあります。

* 調布市西つつじヶ丘3-25-11 水曜定休
9:30~19:30
IMG_3205.jpg
 お赤飯 : 200g=320円(税込)
☆☆☆☆ かなり美味しいし、かなり安い!

 1パックが270gほどで430円也。良心的なので、少量、量り売りしてもらった。ありがとうございます。新潟米、ささげ仕様。もち米が上質、小さく整った外見、お上品なタイプで、サラッと硬めに炊かれていて旨い。隠れた名店なり。
IMG_3211.jpg

テーマ : テイクアウト・お持ち帰り
ジャンル : グルメ

人形町 甘酒横丁 志乃多寿司総本店

人形町 甘酒横丁 志乃多寿司総本店
IMG_3139.jpg
 これまでも、さまざまな海苔巻きやら稲荷寿司を賞味してきましたが、ある意味、本筋が後回しになってしまいました。人形町駅からも至近、甘酒横丁の中ほどに位置した、人形町 志乃多寿司総本店。一般的には、神田淡路町にある志乃多寿司のほうが有名ですが、こちらが正真正銘の元祖でありまして、日本橋蛎殻町にて明治10年創業、オンラインショップのほか、販売店としてデパート内(三越、高島屋)、あるいはピーコックにも売店があります。すべてテイクアウト専門です。

 一方で神田・志乃多寿司は明治35年、こちらの人形町・志乃多寿司本店から暖簾分けされたようで、開業当時の写真から窺い知るに、名称は蛎殻町・吉益支店となっております。吉益さんは現在も暖簾を守っている=こちらの創業者一族。両社は血縁なく、もとから別経営の会社のようです。神田・志乃多系列は、伊勢丹や大丸などに売店があります。

* 中央区日本橋人形町2-10-10 無休
9:00~19:00
IMG_3147.jpg
のり巻・志乃多 : 7ケ入り=615円(税込)
☆☆☆

 なんということもなく、とりわけ印象に残らない、あっさりとしたスタンダード仕様。とくにコレといった特徴はなく、他店と比べ、油揚げは甘い、ひさすらに甘口。とくにわざわざ、こちらで、というものではないけれど神田のそれよりはウマイと思う。たぶん、後発の京樽とかの進攻が大きく、味のベースはそうした普及品に馴らされた感が強い。町中から昔ながらの個性ある稲荷寿司専門店が消えていくのは寂しい。なお、黄菊というのが茶巾寿司です。テイクアウト専門らしく、バリエーションが豊富で、昼時の弁当屋さんとして顔も併せ持った営業スタンスが見て取れます。

テーマ : 寿司
ジャンル : グルメ

八幡山 広島風お好み焼 伊豆川

八幡山 広島風お好み焼 伊豆川
~カープ愛に溢れた地元密着店

IMG_2607.jpg
八幡山駅から赤堤通りで甲州街道へと出て、環八へ向かう途中、道沿いにあるのが、2009年オープンした、広島風お好み焼 伊豆川さん。店内に一歩踏み込めば、そこは、広島カープ一色で埋め尽くされた独特な世界。看板は広島焼、とん平焼、鉄板焼き、チーズせんべい、砂肝ガーリック、ポテサラ、マカロニサラダ、おでん、という豊富なメニューに加え、カープファンも集う、ほぼほぼ常連さんばかりな居酒屋さん。

* 杉並区上高井戸1-8-19 水曜定休
現在は自粛勧告による変則営業につき
12:00~19:00(テイクアウト主体・予約優先)
IMG_2611.jpg
 オムソバ : 800円(税込)
☆☆★ ランチ限定メニュー、薄焼き玉子にくるんだソース焼きそば。

 柔い食感、やきそば麺に、ねぎ、豚バラ肉スライス、キャベツを炒めて、黄身2つ入った=二黄卵で焼いた薄焼き卵で巻いたもの、コッテリソースとマヨネーズ、紅ショウガ、魚粉、青海苔、胡麻、コショウ、ケチャップ。ボリューム有、おこちゃま味。
IMG_2615.jpg
 広島産・カキバター焼き : 4ヶ=1200円(税込)
☆☆☆★ 蒸し焼きされたバター醤油味。キャベツ炒め添え。

 広島県・廿日市市・地御前産・生ガキ仕様が4つ、中粒サイズながら、鉄板の上でしっかりと蒸し焼きされ、バターと醤油で味付け、表面はパリッと中身はフワッとした仕上がり方、味はバッチリ。フライも良かろうが、やっぱり牡蠣はバター焼きがいちばん美味しいのかもしれない、、と思う。

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

巣鴨駅南口 八千穂寿司

巣鴨駅南口 八千穂寿司
IMG_2030.jpg
 JR巣鴨駅南口側に降りて、跨線橋または巣鴨橋超え、さらに白山通りも渡った先、道沿いにあるのが、テイクアウト専門のいなり寿司屋さん、八千穂寿司。大阪寿司と看板に明記され、茶巾、バッテラなども売られているため関西系なの?と勘違いされ易いですが、れっきとした江戸前で、先代が老舗・神田・志乃多寿司にて修業したのちに、こちらで独立して始めてから、はや50年近い、正統派いなり寿司とのり巻きの主軸の店です。先代が商売にハバを持たせ生き残るために、関西の茶巾、穴子寿司、バッテラ、太巻き、恵方巻などバリエーション多めに取り入れながら今日に至った個人商店です。

* 豊島区巣鴨1-18-9 月曜定休
10:00~18:00
IMG_2033.jpg
 いなり・のり巻き詰め合わせ(6ケ) : 620円(税込)
☆☆☆☆  23区内では美味しい、いなり寿司。

 折詰にも、いろんな組み合わせがあって迷います。主力は、やはり、おいなりさん。のり巻きは、やや酢が強め、味はふつう。いなり寿司は、揚げが甘塩っぱくって思いっきり濃い味です。少なめな酢飯の分量に対して包み込む油揚げが大き目で味が染みて、かなり美味しい。断然、好みのタイプ。

 なお店側のウリは、注文販売となっていて、作る日が限られているという、ゆずいなり、で揚げが裏返しになってます。しかし、これは同一線上にあります、千石・おつな寿司さん定番であるから類似商品ですかね。

* メモ : 巣鴨と言う土地柄、お花見の時季や恵方巻の節分などには行列するほどに混雑します。
IMG_2031.jpg

テーマ : 寿司・鮨・すし
ジャンル : グルメ

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR