FC2ブログ

砂~文明と自然 マイケル・ウェランド著(築地書館)

砂~文明と自然 マイケル・ウェランド著(築地書館刊)



 ボルヘスが”砂の本”で語るところによれば、、、”本も砂も、はじまりと終わりがない”のだそうだ。砂漠は人を惹きつけるものの、人が属する世界ではなく、ここで人は、はかない存在でしかない。



 面白い本と出会った。地球上どこにでもある、"砂"について、さまざまな観点から、たっぷりと書かれた本である。特別興味を掻き立てられたのは、後書きに、リビアングラスの回想があったからだ。ツタンカーメンの首飾り中央にスカラベを掘った宝飾品がある、その材料こそが、砂漠にある天然ガラス=リビアングラス。著者は、、砂漠を旅する過程で出逢っていた。



 『 砂は、自らが勝手に決めた規律に従って動く性質があるので、どんなところへも入りこみ、どこにでも存在する。何千年にもわたって砂は、大きすぎる数や、過ぎ去った時間や、永遠を表すものとして、私たちの意識に居すわり続けてきた。ウィリアム・ブレイクが、一粒の砂に世界を見る、、と言ったように、一つの砂には新しい物語も遠い昔の物語もある。私たちは、さまざまに姿を変えた砂に囲まれて暮らしているのだ。 』



 良質のワインは、良質の砂質土壌に適合して仕上り、ゴルフ場のバンカーはボールの衝撃を吸収し、浄水場の濾過材として砂が活躍し、ガラスは砂から生れ、アルキメデスは砂の上に描きながら法則を考えた。砂漠の熱い砂はミイラを乾燥・保存し、大スフィンクスは砂に半ば埋もれ砂を除ける発掘に11年を費やした。バーコードは浜辺に書かれた落書きから生れた産物だった。地球上の砂は、その7割程がクリスタル(石英質)を成分としている。砂絵は、書かれ、そして消されていく。そこにあるのは永遠性と相反する刹那、そして再生への起因。

  『 砂は、無限の可能性を秘めた表現手段であり、瞑想にふけるための道具として、地理的、文化的、時間的な違いを超えて利用されてきた。過去の物語を語るにも、未来を占うにも、そして目まぐるしく変化する現在を表現するにも使われてきた。やがて消え去る模様は、芸術そのものといえるだろう。 』

続きを読む

スポンサーサイト



ピンクファイヤークォーツ原石

ピンクファイヤークォーツ原石



 

それは、モノリスのような、フォセットには、大小さまざまな形状の刻印=レコードキーパーが拡がる。ロシアンレムリアを手放すようにして、来るべき波は、やがてピンクファイヤークォーツの登場に変わった。

続きを読む

神奈川県立・生命の星・地球博物館@小田原・入生田

神奈川県立・生命の星・地球博物館@小田原・入生田

 箱根登山鉄道で、箱根湯本駅へと向かう、一歩手前の駅、入生田駅(いりうだ)から、線路のガードを潜り国道1号線(東海道)を渡って、すぐ目の前にある大きく目立った建物が、"神奈川県立・生命の星・地球博物館”です。横浜・馬車道にある神奈川県県立・歴史博物館から自然史部門が独立したかたちで、平成7年にオープン。前から気になっていて、一度は行ってみたかった博物館、それは、石好きにとっても、気になる場所。そして、隣接して近くには、温泉好きには気になる”神奈川県温泉地学研究所”もあります。



 上野・国立科学博物館にあるような展示が、この地方都市にある博物館で見れるとは、なんともオドロキなのです。とくに圧巻なのは、地層やら鉱物の展示。さわってはいけませんなどの細かな注意書きが少なく、わりとオープンなスタンスと閑散として広い館内は、とても好感が持てます。



 入口に敷設された、ミュージアムショップも充実、自然史関連の書籍コーナーにも見るべきものがあります。一階は、どちらかといえば、地球や宇宙単位のスケールの大きな総合展示、常設展示となっており。ニ階部分は、吹き抜けで天井は高く、三階は、一変して、神奈川郷土の自然などを考える常設展示コーナーとなっていました。



 公立からなのか、閉館時間が近くなってくると、館内点検がソワソワしてきて、4時半前には、正面玄関がロックされてしまうという、、、せっかちな施設。でも、お近くに立ち寄りの際には、是非、見て欲しいところですね。

 * 小田原市入生田499 月曜日休館日ほか臨時休業あり

大人=500円 朝9:00~16:30

続きを読む

第19回東京ミネラルショー開幕@池袋サンシャインシティー文化会館

第19回東京ミネラルショ―開幕

12月10日~13日月曜日まで

@池袋サンシャイン文化会館


 年末恒例、日本最大級、鉱物の祭典=東京ミネラルショーが、池袋サンシャインシティー、文化会館2~3階をフルに使って、開催されています。初日の今日は、年々増え続ける、顧客と石を売る業者の出店でたいへんな活況を呈して、スゴイ賑わいでした。



 今年の目玉は、とくに、コレと言ったものもなく、鉱物自体のウエイトからすると、やや目新しさに大きく欠けますが、会場と市場が成熟してきたので、新顔のディラ―さんやさまざなな分野からの参入もあって、なかなか目移りしそうな位、バリエーションが豊富になっています。 前から、みかけていたのだけけれども、あまりに鮮やかなブルーだったので、思わず手にとってしまった、ペルーの銅系鉱物、セルレアイト。



 ニセトルコ石とも呼ばれるそうで、結晶構造も似てるものの、ヒ素がセルレアイトには、入っています。セルリアンブルーから、セルレアイトの名が付いたように思えるほど、青い空のような青色が、目を惹きます。ターコイズと同じく、スタビライズしたうえで、磨かれることが多いようです。

続きを読む

西オーストラリア産 ゼブラロック(ZEBRA ROCK)

西オーストラリア産 ゼブラロック

(ZEBRA ROCK)


 おおよそ、5年越しぐらいで、目を付けていた、”ゼブラロックの丸球(スフィア)”をゲットしました。可愛いですよねぇ~、チョコレート色の縞しま模様。コレって、ペイントではなくって、まるっきり天然のままの模様なんですよ、だから、通称ゼブラロック。オーストラリアの古い地層で、先カンブリア時代後期、約6億7000年も前のものだとか、泥岩のなかに、赤色酸化地層が縞状になっているので、このような斑状になって見えます。



 ミネラルショーには、オーストラリアの石を持った業者の出店が、少ししかありません。しかも、日本人の好みと合わない造形品は、しだいに淘汰されてしまうきらいもあって、なかなか、この手の細工品が手に入り辛いのです。ゼブラロックといえば、大概は、見た目ではチョコレートの御菓子っぽい板状になったものが多いのですが、きっとボール状にカットしたら綺麗だなぁ~と思ってたのですが、こんなに可愛く仕上がったものがあるなんて、とっても嬉しいです。おそらく、こんなに手頃なサイズで売られていたのは、最初ですネ。大きなものは見かけましたが、あまりに大きすぎて、無用そのものでした。

 ゼブラロック(ZEBRA ROCK) : 1924年発見、西オーストラリア州のイーストキンバリー地方(地方自治体)のカナナラ(Kununurra)に産する。カナナラとは、この地域で、三分の1を占めている原住民であるアボリジニの言葉で、大きな川を意味する=グナヌランからの転訛された名称。こちらには、希少なピンクダイヤモンドが産出する世界最大級のダイヤモンド鉱床を有するアーガイルダイヤモンド鉱山が近くにあります。



 オード川を堰き止めて作られた人造湖のアーガイル湖の底の方にあたる地層から、もとは見出されたとあります。石質は、珪質粘板岩もしくは、カオリナイト系の粘土に近いものとされ、きわめて微小な雲母、石英が集合しており、また、鉄分もしくはへマタイトの成分から褐色の色合いを生じています。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR