FC2ブログ

ジャコの命日に捧ぐ! NYC

ジャコの命日に捧ぐ!NYC

 ジャコが居なくなって、もう何年が経つのだろう?町なかからレコード店がなくなり、それと相反するようにジャコの参加したと思しき音源は生前より数を増して発売されている。



 没後、来秋で30年!なのか。ジャコサウンドの生音を知らない若者が増えてきたと聞く。その間に、ベースという楽器がえらく進化してしまい、音的にも、バンドのポジション的にもウエイトが高まったように思えるが、どうであろうか?



 9月21日、ジャコの命日である。へヴィー・ウエザーのアルバムを学生時代に友人から聞くように勧められ、それからジャコのトリコとなってしまった日々。ジャコの勇姿を目に焼き付けたのは、彼のビックバンドでの来日。



 それから何十年も経った今、彼のベストプレイは、どれか?と問われれば、間違いなく、彼が最後にウェザーに残したアルバム、つまりは1982年発売、同名タイトルのウエザー・リポートを挙げるしかない。ジョニ・ミッチェルやフローラ・プリムのバッキングをしていたころは伸びやかだった。たしかにハービー・ハンコックとのミスター・ハンズでの共演は、もちろんマスターピースではあり得る。しかし発売当初、疑問符で迎えられた、この問題作は、実は最高傑作だったと言ってもいい。そう断言する、今頃になって(笑)。



 わけても、鳥肌が立つのは、NYCである。組曲さながらに長い曲ではあるが、彼のベースの集大成が此処には納められている。しかも、彼にとっては不本意ながら、サンプリングに近い扱い。それはヘビー・ウェザーのときのような主役からは引きずりおろされた、哀れな、ひとりの演者に過ぎない。



 その断片的とも言えそうなランニングベースライン、早いパッセージ、ホーンのように響くフレットレストーン、そのすべてがつぎはぎのように組み合わさり、ザビヌルひとりにゆだねられてアッサンブラージュされている。WR=イコール、ザビヌルである。ザビヌルが天才であり音の魔術師たる真価は発揮されている。ジャコのフレーズはザビヌルが獲得した希少な音源のひとつには過ぎないけれど、彼の人生の中での千載一遇のチャンスでもあり、災難でさえあったろうが、その音ですぐに彼と分かるものだ。



 この時期、もう既に、バンドを構成するメンバーとしてジャコはお払い箱的なものになっていた。曲のボトムラインはザビヌルの独特なベースシンセで厚みを持たせて見事に埋まっていたし、メロディーラインはショーターが十二分に奏でていた。それでも、ジャコのベースはサウンドのかなめとして、その個性を垣間見せているだけ、しかし、その閃光は何万光年先から届くパルサーのように鋭い。

続きを読む

スポンサーサイト



ワード・オブ・マウス ジャコ・パストリアス魂の言葉(松下佳男編)

ワード・オブ・マウス 

~ジャコ・パストリアス 魂の言葉 松下佳男編




 そして、またコンティニュームがひとしきり、頭の中でループし始めるのであった。連続帯、、どこまでも拡がる宇宙の普遍性。コンティニュームを聞くと、きっと世界中のどこかで、ジャコはツアーに出てるような気がしてくる。 



 かつて”アドリブ”と言う音楽雑誌があった、私個人も、何回か、ファンページに投稿させて掲載いただいた懐かしい思い出がある。その名物編集長だった松下さんが、2000年生誕60周年に編纂した、不世出のべーシスト、ジャコ・パストリアスのインタビュー・語録。ジャコへのトリビュート&アンソロジーである。



 思い起こせば学生時代、はじめて、友人から渡されたのが、ウェザー・リポートのヘビー・ウェザーだった。どうやって弾いてるのかすら謎だったベースのモヤモヤした響きに早速、私の魂は打ち抜かれた。それ以来、わたしは、ジャコがすべてであったように思う。そして、突然の死。あまりの悲しさと、喪失感から、彼のレコードを葬り去ることとし、しばらくの間、いっさいジャコのサウンドから離れたままで居ようと、決心したのだった。いまだに、ワードオブマウスのレコードはCDですら買い戻してはいない。



 そんなこんなで、ようやく、この年になって、ジャコについて読み返してみる気になった。サウンドではなく活字で、もう一度読み返して感慨に浸ってみたかったのだ。当時からアドリブやスウイングジャーナルの記事には目を通しており、多くのデキゴトやらエピソードは諳んじてるつもりでも、なにか、また時間が経ってみるといろいろ想い浮かべる余韻があるかもしれぬから。ジャコの魂は永遠に生き続けるだろうが、サウンドは枯れてしまっている、あの日、ステージで胸をときめかせて全身で聴いたフレットレスの響きと共に。



  ワード・オブ・マウス、、、期せずして、口コミという意味合いのラストアルバム。ひとは未来から来たひとりのわかものをベースの救世主、新時代の寵児、ヒーローとまで口コミが広まった。



**



ジャコは、アルフォンソ・ジョンソンが去りつつあったWRに編入し一躍脚光を浴びて世界的なべーシストとなった、それから幾歳月か過ぎ、ジャコは酒に入り浸り精神状態を悪化させていた。ある日、サンタナバンドが演奏中、ギグに無利失理入ろうとしてガードマンに詰め寄られ、ひと悶着あって帰らぬ人となった。そのときのべ―シストも何が因果かアルフォンソ・ジョンソンであった(と思う)。ずぶのシロウトとしてジョ―・サヴィヌルに詰め寄った売り言葉も、最晩年、浮浪者同然のままの姿でガードマンに詰め寄った命取りの言葉も、おそらくは同じ、俺は世界一のべーシストなんだ、おまえ知らねぇ~のか?だったろう。悲しい響きでループする、コンティニューム、連続帯。合掌。

続きを読む

ネ申 ジミー・へリング・ソロ第2作リリース(サブジェクト・トゥ・チェンジ・ウィズアウト・ノティス)

ネ申 ジミー・へリング ソロ・第2作リリース

~サブジェクト・トゥ・チェンジ・ウィズアウト・ノティス




 2011年、フジロックで、ワイドスプレッド・パニックの主要メンバーとして来日も果たした、ギターレジェンド、もしくはネ申、ギターが一番巧い男=ジミー・へリングが、2008年ソロアルバム=”LIFEBOAT” 発売から、3年、満を持してソロ2作目となる、”サブジェクト・トゥ・チェンジ・ウィズアウト・ノティス”をリリースした。



 ジミ・ヘリは、ギターが上手に完璧に弾きこなせると、実際こうなる的な器用貧乏、玄人受けするミュージシャンズミュ―ジシャンの筆頭です。端的に言うとジェリー・ガルシアが長尺で弾けて、しかも随所で短いパッセ―ジ・ソロをホールズワースとスティーブ・モーズ合わせて、難無くこなせてしまう技量・力量の持ち主です。



 で、どうなのか?と言われれば、思ったほど弾き倒してはいない、どちらかといえば、垢抜けてきた面もあり、ギターサウンドは、多彩を極めている。今作は、大人しく、オトナなアルバムで、どちらかといえば、JAZZのカテゴリーなんですが、どういうわけか、タワーレコードではROCKの棚に売ってます。

1. Red Wing Special

 初っ端は、アップテンポな4ビートJAZZからはじまって、フィドル、ドラム、エレキべースと短いソロを回す。ジャジ―とはいえ、イディオムはフュージョンタッチ。

2. Kaleidoscope Carousel

 これは、キモックにも通じるレイドバックした、ゆったりJAMチューン。



3. Aberdeen

ゆっくりとはじまり、ゆっくりとフェイドアウト。伸びやかなサザンロック。聞きごたえあり。ハモンドオルガンも加えて、大きなうねりとともに、少しづつ盛り上がっていく、ガルシアっぽい。



4. Within You Without You

  スローで緩かやに盛りあがるイマジネ―ティブな曲、曲調はインドっぽい、ジョ―・サトリアーニ風から、細かな揺れは、アーミングだろうか、音色的にジェフ・ベックを意識させ、やがて、ホールズワースバリにクロマチカルなフレーズと泣き、そして速弾きはスティーブ・モ―ズでもあり、、、こういう彼には世界も新しい。



5. Miss Poopie

 こういう曲調が、彼の自分らしさを発揮できる真骨頂。ハモンド・オルガンが入って、ブルースっぽいフレーズ、フランク・ギャンバレーっぽいレガートと多彩にギターを弾き分ける。



6. Emerald Garden

  唯一のアコースティックなスローバラード。流れるように、ひたすら綺麗な曲、歌心溢れた小品。



7. 12 Keys

  ハモンド・オルガン、小粋なジャズ。彼にしては、整い過ぎてるかも。これは、このアルバム全編通してそんな傾向。もしかして、ガツガツし過ぎないのは、売れてきた証拠?



8. Hope

  マハヴィシュヌ・オーケストラの収録曲、カヴァーですね、マイルスバンドのビル・エヴァンスのテナーソロ、その後、かなりのホールズワースばりの難しいフレーズを畳みこむようにを咬ませてます。ジェフ・サイプのドラムも相変わらずのすごさ。



9. Curfew

 べラ・フレックのバンジョ―をフューチャーした、明るいデキシ―・ドレックスみたいな。カントリー風のピッキングも聞けます。



10. Bilgewalter Blues

 シャッフルビートがゴキゲンなナンバ―。 粘ったフレーズを繰り返して、そのままホールドに持ち込む力技の曲調、こういうのが、へリング節としてはふつうかもしれません。



11. Utensil Oceans

 日本盤のボーナス・トラック、ソプラノにビル・エヴァンスをフューチャーして、かつてのエレメンツばりのキレイ系フュージョンの再現。このアルバム全般通して顕著なのが、ホールズワースっぽいソロ。

続きを読む

『 JUST DO IT ナイキ物語 』

JUST DO IT

~NIKE物語(早川書房刊)




  『 スポーツ界は、さまざまな変化を体験しました。しかしナイキの姿勢は不変です。困難に立ち向かい、体制と戦う選手たちのことを、われわれは理解しています。最後のトラック周回を、最後のイニングを、シーズン最後の数秒間を、それぞれ心待ちにする選手の事を、、、、そして、こうした試合での感動を共有できる人たちとともに働いています。 』 (フィル・ナイト)



** フィル・ナイト(ナイキの創業者のひとり)が、行きつく先にあるのは、金ばかりと思われがちだが、彼は孤独なひとりのランナーであり、運動選手が好きで、スポーツを誰よりも愛している。



JUST DO IT!

勇気を持って、一歩踏み出すこと。



ジャスト・ドゥ・イットの美学。  ジャスト・ドゥ・一途(いちず)。

”それ”は、単なる掛け声ではない、社是に近く、企業精神または起業スピリットとしても響くだろう。



 根本敬(特殊漫画家)が吐く言葉のなかに、『でも、やるんだよ!』があるが、まぁ、根本的(ねもとてき)には退廃的でもあり、無駄なことと知っていてもやらざるを得ないカオスのエネルギーに駆られた衝動ではあるものの、それにも相通じる情動(つべこべ言わず、ともかく、やれ!)がある。



 ナイキにとって、スポーツ団体~連盟や協会と言う名のもとにある権力機構(つまりは道徳的と言う冠を抱いたステークホルダー)に対峙しての反体制的な気炎であり、反骨精神であり、選手の熱き魂をも鼓舞すべき情熱への叫びである。ジャスト・ドゥ・イット、、、イットの”それ”が示す含意が肝要である。



 ”それ”とは、スポーツマンとして、選手は勝つことへの執念、あるいはスポーツのこととなるとプレイするにも見るにも、極端に真剣かつ負けず嫌いにもなる、、、そうとも言い換えられよう。あくまでも、フェアに。



続きを読む

マズローの完全なる経営(ユーサイキアン・マネジメント)

マズローの完全なる経営

~ユーサイキアン・マネジメント




 自己実現が目指すもの : アブラハム・マズローは、言わずと知れた、心理学者であるが、生前、会社経営についての本を書き起こしている。余り知られていないものの、それが、”ユーサイキアン・マネジメント(人間として、より完全に近づく方法)”である。ユーサイキアとは、聞き慣れない単語で、もちろん彼の造語、即ちマネジメントとして彼なりの考え方の核心を示す重要なキーワードとなった。



 ”健全経営(または進歩的経営管理原則)”というありきたりな意味合いよりも、概念または指向的枠組として理想的な社会を指し示す=ユートピアに、心理的な意味合いで、精神の健全なるもの、善き心の反映としての民主化などのニュアンスを組み入れて押し出された(考えだされた)経営方針となる。



 1965年本書の原型となる初版が発刊された折には、その不可思議な本題同様、もちろん評判はパッとせず、すぐさま書店からは消され、そのままお蔵入りするかのように思えたらしいが、その後、復刊され、マネジメントの経典というか、現代でも通用するエッセンスが散りばめられた本として再三迎い入れられた。



 実際に真意を汲み取ろうとする程に、マズローの著作は、かなり難解である。そのユニークな文体、スタイルは、あたかも、同じく天才肌のバッキーこと=”バックミンスター・フラ―”に似通っている。ある意味、ふたりは21世紀への預言者であり、当時にして、多くのことを悟っていたと思われる。凡人には、50年遅れで、それらを慌ただしく追っかけているのに過ぎぬかもしれない。シナジ―効果という概念は、現代的にアップデートされて今後、もっとも琢磨されなければいけないもののひとつである。



** マズローがもたらしたもの、その思考と実践は、あまたの大企業が経営の危機を乗り越えて、自らが立ちあわされ、また歩みを強いものとして踏み出して行った軌跡の中に散見される。それを身近に体感させてくれる企業集団として、ZAPPOS(ザッポス)などから、マズローを振り返ってみることが面白い。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR