FC2ブログ

日本料理 京橋 婆娑羅

日本料理 京橋 婆娑羅(ばさら)
とんかつ・日向×料亭・青柳 コラボメニュー

IMG_3503.jpg
 近ごろの風潮として、寿司、とんかつ、なんでも予約しないと食べられない店が幅を利かせ、ろくでもない店が大行列したりして、食べたいときに食べたいと思いつつも、なかなか自由気ままに、というわけにはいかない、どうにもこうにも世知辛い時代になったものです。

 京橋駅直結となる駅ビル=東京スクエアガーデン、2013年にオープした、日本料理 婆娑羅(ばさら)。メニューを眺めれば、それとわかるように、徳島・料亭・青柳の小山さんがプロデュースを手掛けるカジュアルな創作・日本料理店です。アフターコロナ以降、新展開がありまして、7月から、とんかつメニューが導入されました。あの銀座・かつかみ料理長=日向準一さんが参画し、プロデュースしているみたいです。

 日向さんと言えば、料理長として関わった”高田馬場ひなた”を皮切りに、ぎんざ・かつかみ、そして現在は、新店、広尾・とんかつ・ひとみを立ち上げて奮闘中とのことです。婆娑羅は施設内の他所に比べて平均単価は高めですが、ゆったりしたスペースで落ち着いて食べれますし、ちょっと凝った懐石風の昼食も予約なしに頂けます。トマトすき焼きが定番ですが、昼は、牛しぐれ煮として、その片鱗だけでも味わえます。

* 京橋・東京スクエアガーデン1階 日曜定休
11:30~14:00
17:30~22:00
IMG_3497.jpg
 南の島豚とんかつ定食・特選・ヒレ : 2860円(税込)
☆☆☆☆ 

 ヒレカツ(110g)、ご飯、キャベツ、赤だし、お代わりはプラス100円、お新香、デザート(ミント風味ゼリー)。最近はもっぱら柔らかい赤身肉にも目が届くようになったので、こういう程よいクラスが良い感じ。揚げ方も軽いし、お腹に持たれません。塩だれ、自家製・甘口の中濃ソース、からし。


CP=90 味=85
IMG_3500.jpg
スポンサーサイト



テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

つつじヶ丘 とんかつ牧

つつじヶ丘 とんかつ牧
IMG_3202.jpg
個人経営、まちのとんかつ屋さんというスタンスが好きです。つつじヶ丘駅から至近、飲み屋街である=西つつじヶ丘 富士見街の中ほどにある、とんかつ牧。半年ぶりで伺いました。

* 調布市西つつじヶ丘3-25-4 水曜定休
11:30~14:30(ランチサービスあり)
17:30~21:00
IMG_3201.jpg
 黒豚ロースかつ定食 : 2500円(税込)
☆☆☆☆★ やっぱり旨い!コスパ最高。

 こちらでは、やはり、黒豚推しなので、鹿児島県産・黒豚、200gぐらいの分厚いやつ、じっくりと熱を通して揚げてます。揚げ油には胡麻油含有なし。衣は適度に薄め、衣が剥がれることもなく丁寧な仕上がり方。肩ロースに近い部位ながら、柔らかく、筋も気にならない、脂身も適度に多く、かなりの甘み!肉身はふんわり、衣はサクッと、実に明快。

 定食は、ご飯、お新香、味噌汁付き。レモンを絞って、ヒマラヤ岩塩と練りたての和芥子で喰う。巷で流行る=林SPF豚が安っぽい質感のため個人的には大嫌い、その点、このような黒豚はウマミ十分、安心して喰えるし、とにかく旨い。


CP=100 味=90
IMG_3199.jpg

テーマ : 豚肉料理
ジャンル : グルメ

東高円寺 とんかつ とんき

東高円寺 とんかつ とんき
IMG_3102.jpg
 目黒駅から坂を少しだけ下ったところにある、とんかつ とんき目黒本店へと会社の先輩に連れられて、はじめて暖簾をくぐった若き日のことが今更に思い出される。その劇場型とも言えそうな、広々とした圧倒的な空間性と、テキパキ、こまめに動く職人たちの立ち振る舞いに感動しつつ、すっかりノックアウトされたのだった。まさに、おとなのとんかつ専門店への入り口を垣間見た気すらした。

 その後、2011年惜しまれつつ閉店した、とんき自由ヶ丘店には、よく通ったものだ。とんきについて、これまで語ってはこなかったものの、決して嫌いではない。雰囲気含め、その個性的なスタイル踏襲は無敵にして素敵、でも、"とんかつ単体"として美味しいのか否か?好きかどうかは、まさに大方にとっては嫌いの範疇に属すであろうし、これは各人の中で別問題なのでありましょう(笑)。

 自由ヶ丘店が、はじめての暖簾分けだと思うので、その後、高円寺店、駒込、国分寺、三軒茶屋へと続いている。とんかつ 目黒とんき 東高円寺支店、もとは高円寺駅北口純情商店街にあって高円寺店と称したが、その後、こちら東高円寺駅近く、青梅街道沿い、環七手前へと移転してきた。店内は広く、白木カウンターから店の内観、さらしの厨房、つくりは本店と大して変わらない。老夫婦が商う、昭和な雰囲気。

* 杉並区高円寺南1-10-3 水曜定休
12:00~13:40(ランチサービスあり)
17:00~20:40
IMG_3094.jpg
 ヒレかつ定食 : 2000円(税込)
☆☆☆★

 繰り返しになりますが、とんき、嫌いではありません。そして、これはトンカツではなく、独特なピカタのような調理法で、モサモサして食べにくい、衣がはがれ易い、でも、それがまぎれもなく、とんきの魅力であり、落ち度でもあるのです。

 コスパは悪い、イマドキのとんかつ屋からすれば、むしろウリがなく、アウトでしょう。でも、とんきは、いつまでも、自分のなかではロールモデル=とんきであって欲しい。値段からすると、お得な=ランチ(1350円)>小食用・定食(1800円)>フル定食、3段活用であって、肉質は同じなれど、肉のボリュームに換算すれば、安いランチはショボいから、食べるなら、ぜひとも定食のフルスケールにて衣がはがれた姿での、とんきを体感でしてほしい。
IMG_3098.jpg
 とんかつ、きゃべつ(お代わり自由)、豚汁(あっさりタイプ、薄目)、ポテトサラダ(ウマイ!絶品。さらし玉ねぎが効いた、酸味が弱め、ジャガイモ主体タイプ。家庭では作れない味)なお小鉢は、ひじき煮物も選べます。ごはん(お代わり自由)、お新香(塩っぱいが、鮮度良し)。

 付け合わせのトマト、キャベツには鮮度の良い大き目のパセリが乗る。和がらしが皿の手前に、たっぷり目に乗っかって、食べにくい。からしが効き目が強く、多めに付けるとむせます。自家製ソースは1種類、なかなか美味しい。こちらのとんかつは、個人的には、醤油が合うと思う。

* 定食 :
CP=85 味=80
IMG_3095.jpg

テーマ : 豚肉料理
ジャンル : グルメ

名代とんかつ かつくら 新宿高島屋店

名代とんかつ かつくら 新宿高島屋店
IMG_3006.jpg
 コロナ渦のおかげでインバウンド需要が主力だった高島屋・飲食部門は未だ閑古鳥が鳴く状態。どちらかといえば、立地条件に勝ったニュウマンのエキソトにあるレストランフロアは人気が戻ってきて混雑しています。そんななかでも、いつも満席状態が続く人気店が、名代とんかつ かつくら京都三条。その名が語るように、京都発祥で都内へと乗り込んでチェーン展開を果たした、高級を謳った、大型とんかつ店。

 コスパは相変わらず悪い方ですが、とんかつ自体に非があるわけでもなく、ファミリー層からアジア系観光客まで自由自在に取り込める汎用性に充ちた懐の広さがウリのようです。アイテムを減らしながら、なんとかかんとかやり繰りして、独自路線で生きながらえています。 
IMG_3015.jpg
金華豚ヒレかつ : 120g=2800円(税込)
☆☆☆★ 山形県産

 コレといった特徴こそ見当たらない凡庸さだけれど、悪くはない、むしろ美味しいと思えるとんかつ一式。ただ欠点は、ソースも醤油も甘いこと。塩も、こだわっていないし、いまどき流行りもしない、ゴマを擦るスタイルもなんだか、うっとおしいだけ。キャベツ(青シソではなく水菜が混入タイプ)、麦ごはん(とろろに向いています)、お味噌汁はお代わり自由。

  味噌汁は、こってりした豚汁というよりも万人向け、上品なけんちん汁で、白みそ含め、味はかなり美味しい!そしてなぜか、山椒を入れてもいいですか?の文言が煩い。たぶん、京都人の矜持として黒山椒を推したいゆえと思う。夏場故、ワサビ醤油も付いていた。肉質は中の上ぐらい、油質もよく、揚げ方は丁寧です。


CP=90 味=85
とんかつ=◎ ソース=× きゃべつ=× 味噌汁=◎ ご飯=△ お新香=△(むしろマズイ) 接客=〇 お茶=〇
IMG_3014.jpg
IMG_3008.jpg

テーマ : 豚肉料理
ジャンル : グルメ

やきとんまるじ 下高井戸店

やきとんまるじ 下高井戸店
IMG_2783.jpg
 テイクアウトシリーズ : 選択肢が多く、いろんな食を試せて嬉しい街=下高井戸駅前、三井住友銀行前にある、やきとんまるじ。芦花公園が本店で、こちらは2号店(2017年オープン)、つつじヶ丘にも姉妹店があって、なかなか活気ある居酒屋さん。これまでの夜営業から一転、かなり早くから店先でテイクアウトを手掛けてきました。やきそば、唐揚げ、手羽先揚げ、カルビ弁当など庶民派価格、作り立て、手軽で美味しいと評判。

* 世田谷区赤堤4-46-4 不定休
11:00~(昼営業テイクアウトは5月いっぱい実施予定)
IMG_2786.jpg
豚しゃぶ温玉のせ丼 : 540円(税込)
☆☆☆★

 しっかりとした味付け、肉質もほどよく美味しい!味噌汁代わりに、白もつ煮込み(320円)も購入。白モツがクセなく、豆腐も入ってウマし。


CP=100 味=85

テーマ : テイクアウト・お持ち帰り
ジャンル : グルメ

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR