FC2ブログ

宮本常一短編集 見聞巷談 (八坂書房刊)

宮本常一短編集 見聞巷談 (八坂書房刊)

 『 風景はいちどこわすと、もうもとには容易に戻ってこない。同様に人の心もまたもとには戻らない。人が人を信ぜず、未来を信じなくなったときほどみじめなことはない。物質的にゆたかになることだけが決して幸福ではない。 』



 『 民衆はいつも平和をもとめ、また相手と仲良くし、相手から学ぶ心を持っている。 』



 宮本常一ものでは、その著作は、ほぼ目を通しているので、巷に溢れたアンソロジーに関して手を取ることはない。しかし、八坂書房から出ている、旅の手帖4巻と、こちら見聞巷談は、なかなか読み応えがある。



 昭和という名の経済成長期に、新聞、雑誌、会報誌、地方紙などにバラバラに掲載された宮本節のエッセンスを余すところなく汲み取って、上手に再編集・再構成されている。先の次代を予言したものもあり、また今となっては時代遅れの観すらあるような文言もなかには含まれるが、おおむね良好な知見が簡潔なタッチにて描かれており、まことに平易で分かり易い。



 『 人はどんなところにも生きている。ただ働きつづけているように見えるけれども、自分の生活をたのしくゆたかにする工夫だけは、みなしているのである。話をきいていると、話題の一つ一つに張りがある。



  歩くことによって学び知識を得ている私のような人間は、いつまでたっても歩く以外に問題を見つけ発展させて行く(より)方法がない。 』



 宮本は言う、耳学問というものは、だんだん消えていっていますと。宮本の真骨頂は、よどみない話術にあり、全国津々浦々に渉った聞き書きの集大成である。思えば、インターネットの時代と呼ばれて久しいが、ドローンが世界中の僻地を映し出し、グーグルで地図は拾い読み、その情報量は多く、良質、悪質問わず氾濫していても、ネット上で読まれ、書かれたもののなかに果たして、心に留め置くような言葉があるのか疑わしい。そういう時代にこそ聞き書きを通して語られる、日本人のかつての生活史、世相または精神史があることの次の世代へと継がれる重要性が見えてくる。



 『 新聞も雑誌もテレビもラジオもすべて事件を追うている。事件だけが話題になる。そしてそこにあらわれたものが世相だと思っているが、実は新聞記事やテレビのニュースにならないところに本当の生活があり、文化があるのではないだろうか。その平凡だが英知にみちた生活のたて方がもっと堀りおこされてよいように思う。当節はすべてに演出が多く、芝居がかって居すぎる。 』

続きを読む

スポンサーサイト



七朝の帝師、夢窓疎石を思ふ

七朝の帝師、夢窓疎石を思ふ

 2冊の本を別のタイミングで偶然手にする。ふとしたきっかけで、その人物との歩みを近うすること、夢窓疎石を、ことあるごとに想うこと、それは自分にとっての、おそらくは、ひとつの法縁であろう。



夢窓国師の名は、塩山の恵林寺、鎌倉五山、あるいは京都五山などの禅刹を訪れる際、庭のけしきを見るにつけ、そのつど強く思い起こされる名前ではあった。元来、個人的には”庭自体そのもの”が好きで禅とも出会うわけであるから、その存在も庭師(山水奉行)というぐらいのイメージでしか捉えていないと言えば、全くのウソになろうが、文章になって、まとめられた書物に接することで、その掴みにくい人物像が明らかに、うっすらとではあるが浮かび上がってくる。



 正直、これまでは白隠を推すことはあっても、なかなか夢窓疎石までは到達していなかった、というのが事実。今更ながら、いくつかのことが解説を通し、腑に落ちました。夢窓国師は、鎌倉~南北朝と室町時代という激動のなかで生きながらえるなか、自らもって随処快活に漂泊の僧であったことが、全国津々浦々にその名を留める理由となっていること。



 そして、天龍寺、西芳寺苔寺、金閣寺・銀閣寺、あるいは十牛図であるとか、横浜の三渓園、相国寺復興のため伊藤若冲の絵画が皇室へと献上されることとも密接につながっています。それらこそは未来を観るためのウィンドウ、、、夢窓からの謂わば法灯であります。

続きを読む

中国の庭園 ー山水の錬金術 (木津雅代著)

中国の庭園 ~山水の錬金術



 中国の庭園は、日本の庭園とはおおよそ違った考えのもとにつくられている。木津雅代さんが1994年に発刊された、『中国の庭園』(東京堂出版)は、それに関して、シロウト目線でも、なかなか解り易く解説してくれている。



 これに先立って、1982年アール・ヴィヴァン叢書のなかに、『蘇州園林』と題した、豫園の修復工事を監修している=陳 従周さんの専門的書物が日本語版で上梓されているが、その陳老師に留学時、師事して居たのが、著者の木津さんである。中国の庭園は、日本人にとって、とっつきにくいものだ。解説書が少ないだけではなく、もとからそれを理解できるに、それ相応の中国的な素養、教養を求められるからである。



 そうはいうものの、前提として、心得があればいいのだ、晋代の詩人=謝霊運が説く様に、『山水それ自体には美であるかないか評価判断される要素を特別に含んでいるものではない。そこでの味わい方によって美という評価が生じるのである。』



 ひとつの楽しみ方として、逆に庭園を通して、そこに中国文化や風習、文人足るものの見方などを垣間見るための教材になるのではないだろうか、、、という眼差しが木津さんから提案される。陳老師の語るに拠れば、、、、『日本の庭園は、自然のなかに人工物を見るが、中国園林は人工のなかに自然を見る』



 中国園林には、仮山(築山)、奇怪なる太湖石、唐突に顕れる石峰、小中見大という視点からの仕掛け、塀などで塞がれて容易に覗けない向こう側を広く思わせる工夫、園中の園とよばれる入れ子式の空間作り等々、人工的に作為されたなかに迷路的な空間を作り出していく。木津さんは言う、中国園林は、主人あるいは文人の(ひとひねりされた、好事家としての)おもちゃ箱である。隠遁の場としての園林、それを造園するさいに知的に遊ばせる空間でありつつ、完成後は、人々を招き入れるための癒しの場処にも成り得るのだという。住宅部分は実世界であり、園林は虚構の世界であるとも。

  雖由人作、宛自天開、、、、、、あくまで人の手によって造られたものであるが、あたかも自然の力によって開かれたかのようである。ただ単に、自然を真似て造り込むというなかには、その山水の景色を頭の中に採り込んで抽象化し、リファインされて美としてアートへと変換されていく作業。つまりは、自然そのものへの人間の挑戦であると同時に、それは山水画などを通して2次元に表現されたものを三次元化させ反転させる芸当でもある。なんとも難しい、中国人の表現法。

続きを読む

月刊 しにか 特集・園林空間(1994)

月刊 しにか 特集・園林空間(1994年)



 大修館書店から、かつて(1990年~)東アジア文化圏をテーマにした月刊情報誌が発刊されていた。いつのまにか見かけないと思いきや、2004年以後休刊している。東洋史、わけても中国をテーマにしたマニアックな題材も多かったので、自ずと手に取ることもあった。



 1994年2月号は、中国の庭園=つまり園林空間(~地上の楽園の設計図)をテーマにした小特集号である。日本における禅寺の庭は、もとは中国から素型が渡来してきたものであるが、その作られ方、見方、まったく概念が違っている。中国人が抱く園林思想は、そこに壮大なる物語が付加された、見立てであり、自然そのままではなく抽象化され再構成されたのち異質の空間を創り上げた。しばしば、それは山水画の味わい方の美のなかにも垣間見え、正中求変とは、曲がった構図の中に書道の曲がった字からインスパイアされたものもある。



 中国文学者、武田雅哉によると : 『 こちらの世界にとっては、かなたの空間は、異界となる。したがって、地穴=洞門は、かの桃源郷に通ずる洞窟とも同じ意味を持つものとなる。園林の中での門をくぐり抜けるという行為は、常にひとつの空間からべつの空間へ、異常な方法によって転送されるとう快楽をもたらす機能を持っている。 』つまり園林をひとしきり巡るという行為の中には、園内にさまざまに配された人工物を通じて、ある種異空間への移動装置としての意味付けが大きいと論じる。△ タイトル=”しにか”とは、ラテン語で中国の意。

続きを読む

食味の真髄を探る 波多野承五郎著

食味の真髄を探る 波多野承五郎著



  かつて北大路魯山人が、こう述べている。



 『 美味談も考えてみるとなかなか容易ではない。前に木下謙次郎の『美味求真』、大谷光瑞の『食』、村井弦斎の『食道楽』、波多野承五郎の『食味の真髄を探る』、大河内正敏の『味覚』など、それぞれ一家の言を表わしてはいるものの、実際、美味問題になると、いずれも表わし得たりと学ぶに足るほどのものではない。



 おのおの美味道楽の体験に貧困が窺うかがえて敬読に価しない恨みがある。というのは、料理を作る力の経験を欠くところから、ものの見方、考え方が、皮相に終わってしまって物足りないのである。また一面、先天的素質にものいうものがないため、という理由もあろう。それに第一、美に感心がうすい。 



 いずれにしても、食いもの話はあまりにも広く深いので、軽々に論じ切れるものではないようだ。だから多くのひとの食物談というものが、いつの場合もでたらめである。極言するなら、食物を楽しみきる術すべを知らないし、また意欲も足りない。』



わたしとて、ただ漫然と食べ物を味わってるわけではない、おそらくは多少とも批評的な文言も持ち合わせていたいう願いもあって、食通たちの意見を読んだりもする。昭和の時代とすれば、小島政二郎の食いしん坊、、そして大阪での冊子=『あまから』などが読まれる範囲内と思う。そんななかにあってもっとも初期の頃に属したグルメ本なら、『食味の真髄を探る』が面白い。



 作者である=波多野承五郎は犬養智子さんの祖父にあたり、江戸時代の生れ、福沢諭吉の弟子で、代議士や新聞社を歴任。昭和4年に発刊された本書は、いわゆるグルメ本、食通のための書物として、もっとも早い存在であったといえそうな名著である。



 江戸ッ児贔屓、露骨な関西料理批判もあって、当初、『あまから』に転載された際に、ひと悶着あったようだ。魯山人と同じく、食通は、スパッとした物言いが好まれ、己の審美眼に迷いがあってはならない。古来、料理本は数あれど、このように実際に取材して、食べ物の素材・材料に関しても、事細かく論拠などから、スパッと斬り捨てて書きつづっているものは、少ないと思われる。



 今にして思えば独断と思しき見解も(大いに)あるのだが、比較的、素材に忠実であった当時の食べ物に寄り沿った観点から、いろいろと項目別に述べられているので、今日、全部ではないにせよ、学ぶべきことも多い。個人的には、うなぎのことについて調理法など書かれているので参考にさせていただいている。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR