FC2ブログ

神田スクエア 魚と酒 氷見 つりや

神田スクエア 魚と酒 氷見 つりや
9月にオープン氷見漁港からの東京初進出!

IMG_3462.jpg
 神田錦町に竣工となった複合型オフィスビル=神田スクエア1階飲食フロアが9月オープンしました。位置的には神保町駅寄りとなるテラススクエアのほぼ近接、神田警察通りと靖国通りに挟まれた小川町駅の後背にあたります。こちらは、富山県・氷見から東京初進出だという日本海の魚と酒を謳った、つりや。経営母体は氷見漁港で古くから鮮魚仲卸問屋を営む釣屋魚問屋のグループということになりましょうか。地元では鮮魚仲卸、鮮魚委託販売、水産物加工品製造販売、寿司店、農場・ワイナリーなど幅広く展開しています。

* 千代田区神田錦町2-2-1 神田スクエア1階 日曜定休
11:00~15:00(ランチサービスあり)
17:00~23:00
IMG_3458.jpg
 氷見浜刺身定食 : 2123円(税込)
☆☆☆☆ 都内で食べれるキトキトな魚たち!

 豊洲に頼らずとも、富山湾~氷見漁港からキトキトな魚たちが直送され振舞われます!こちらは日本海のさかなたち満載の刺身盛り合わせ定食です。7点盛り、なかなか豪華じゃないでしょうか。小鉢(茄子煮浸し)、お新香、ご飯。ランチ時には土鍋漁師汁と称して、個別に土鍋でアラ汁&すり身が用意され卓上コンロで炊かれる味噌汁サービスがあります。

 昼食としたら割高に思えますが、ありきたりの魚ではありません。まず富山を代表します、ブリ。魚編に秋と書いて、鰍(イナダ)、富山ではブリの若魚として人気あり、フクラギと呼ぶそうです。ウマヅラハギ、アオリイカ、本サワラ、王道の〆サバ、甘エビ。そして富山の郷土料理として有名な、スズキの昆布〆です!北前船の時代から昆布の消費量も多い富山県ならでは、分厚い昆布に張り付けるようにして作られ、昆布ごと食べて噛み締めると旨みが口中に広がり美味です。このラインナップなら良い内容で、都内の割烹で出されるお造りとは被りません。生真面目に仕事するなら都内での営業は大変でしょうが、なんとか定着して欲しいと思える、好印象の店でした。

* ランチ :
CP=90 味=85
IMG_3461.jpg
IMG_3457.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 鮮魚
ジャンル : グルメ

下高井戸 居酒屋 たつみ本店

下高井戸 居酒屋 たつみ本店
IMG_2699.jpg
 下高井戸駅から日大通りをしばらく進み、松沢小学校先にあるのが、たい焼きで行列ができる、たいやき・たつみやさん。その隣に大きく店を構えた、居酒屋たつみ本店。もう1店舗、駅前市場を甲州街道へと抜ける途中にあるのが、たつみ駅前店です。居酒屋として体(たい)を成したのは、つい最近のことで、もとは創業1968年となる老舗のたい焼き&甘味処として地元では、むしろ顔馴染で、やがて、、、隣にあった小鳥&金魚屋さんが閉店したのち、80年代に立派な自社ビルに建て替えられて現在の外観となりました。

* 世田谷区赤堤5-31-1 火曜定休
11:00~18:00(コロナ自粛期間中・店先でのテイクアウトのみ)
IMG_2702.jpg
 テイクアウト : こちらの2品(酢豚&唐揚げ5個)と白飯で千円
☆☆☆★ 美味しい!

 コロナ自粛を受け、店内での居酒屋稼業は休業中で、5月いっぱいは、お昼時のテイクアウトで頑張っています。定番である唐揚げのほかオムレツやら居酒屋定番メニューとして数種類のおかずが単品で並び、内容は日替わり、これに、ご飯&漬物(100円)とおかずを組み合わせて購入することで、お弁当としても、あるいは総菜の一品としても重宝します。料理の質は高め、味は良いです。

*メモ : 変わったところで、たい焼きを揚げた=たいやき姿揚げなる珍品(180円)も好評(不評?)です。

テーマ : テイクアウト・お持ち帰り
ジャンル : グルメ

新宿京王ダイニング とうふ料理 吉座

新宿京王ダイニング とうふ料理 吉座
IMG_1496.jpg 
新宿京王百貨店内、8階にある地味なレストラン街=京王ダイニング。つな八、南国酒家、美濃吉、資生堂など有名どころに混ざってある、無銘の日本料理処、、とうふ料理 吉座(きちざ)。もとは銀座にある高級しゃぶしゃぶ店・吉祥の支店だったものが、2012年倒産に因って解体、大手飲食グループ・クリエイトダイニングに拾われて、吉座と生まれ変わった模様。姉妹店は紀尾井町・吉座となる。
IMG_1493.jpg
ふぐの唐揚げ吉座弁当 : 2200円(税込)
☆☆☆ 冬季メニュー

 有名どころに比べて価格帯は抑え目だけれども、若干高めながら料理の質としては過不足ない、佳店です。豆腐は佐野市・ヨシコシ食品より直送。豆腐自体は、さほど旨くもないけれど、主力として湯豆腐、生ゆばなどを取り混ぜ、それに小鉢をいろいろ足して懐石風に仕立てており、ステーキやすき焼きでグレードアップも可能で多彩なメニュー内容となっています。
IMG_1490.jpg
日光豆富の湯豆富、くみ上げゆば(煮えて湯葉の膜が張ったら自分で取り分けるタイプ、当然ながら出来立てのアツアツはウマイ)、ひじきの白和え、練り胡麻豆富、豆富田楽2種(柚子味噌&桜味噌)=これも美味しい、日光生ゆばと鮪のお刺身、里芋の煮おろし、ふぐの唐揚げ(小骨が多かった)、キノコご飯(お代わり自由)、豆富の味噌汁、抹茶わらび餅。 
IMG_1494.jpg
* ランチとして :
CP=90 味=80
IMG_1491.jpg

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

西新宿・小田急ハルク 大志満 すし勘六

西新宿・小田急ハルク 大志満 すし勘六

 小田急ハルクにも、地味ではあるものの最上階に年輩客層向けの安全牌的な飲食店が並びます。そのなかのひとつが、大志満 新宿店と同経営となる、すし勘六。1971年品川・ホテルパシフィック内に和食店をオープンし、寿司カウンターと天ぷらカウンターを設けることからスタートした大志満さん。こちらは2号店となって1980年オープン。現在では銀座、丸ノ内、有楽町、お台場、汐留、二子玉川、横浜に店を構えるまで成長。すし勘六・新宿店としては2002年出店。



* 新宿小田急ハルク8階、無休

 お小昼寿し・独楽 : 1900円(税込)

☆☆☆★



 ばらちらし同様に平日ランチ時限定。おこびるすし、、、その名の通り、小腹を充たす、マダム向けのボリューム少な目、見た目は豪華そうなセット。しかし、味、内容共に、なかなかのデキバエ。小鉢(鯛の煮凝り)、握り3貫、煮物(生麩、筑前煮)、かまぼこ、玉子焼き。ゴマダレ付き、鯛のミニ海鮮丼、味噌汁、デザートはレモンシャーベット。



* ランチ :

CP=90 味=80

なにより、ゆっくり、ゆったりできる。

小田急百貨店本店には、なだ万賓館があるが、それのカジュアル版として会食等に使える。

続きを読む

新江古田 海鮮丼専門 福貫(ふくぬき)

新江古田 海鮮丼専門 福貫(ふくぬき)

 大江戸線・新江古田駅上、西武線・江古田駅へと向かう道沿いにある、海鮮丼しかない専業店 福貫(ふくぬき)さん。大将と女将さんらしき方で営業、カウンター10席。2017年夏にオープンした。豊洲で朝仕入れた魚の切り身を、どんぶり飯に並べただけ、後半は、出汁茶漬けにて味わう2ウェイ方式。



* 練馬区豊玉北1-6-13 月曜定休

11:30~14:00

17:00~22:00

 日替わり目利き丼 : 1500円(税込)

☆☆☆☆  これが、なかなかの満足度合い!



 昼夜とも同じ、海鮮丼のみで勝負に出る珍しい店。ご飯は酢飯ではなく白飯仕様、よって、刺身と御飯をまずは刺身醤油で喰って半分ぐらい残しつつ、後半戦は、特製出し汁をかけてもらって、〆は出し茶漬け風に味わって、都合2度楽しめる仕様で、築地っぽい商売。どんぶりは大き目ながら、茶漬け対応に、追加料金はかかるが大盛りご飯が吉。



 寿司屋のランチサービスで有り勝ちな、決まりきった面々が並んだ=ちらし寿司と違って、タネ選びの主導権がこちらにあって、バリエーションも多彩、加えて好きなものを追加でトッピングで増やしていくことが可能。日替わりは、その日、豊洲で仕入れたネタで組み立てられた大将おススメ、産地まで細かに提示されていて実に明快で親切。



 愛媛県産・シマアジ(切り身が大き目)、メバチマグロ漬け(トロっぽくって、すごくウマい)、鴨川港・天然ひらめ&肝、ネギトロ(美味い)、いくら、愛知県産・釜揚げしらす、自家製玉子焼き。これに淡路島産・クロダイを2切れトッピングで追加(プラス300円)。出汁茶漬けも、卓上でかつおぶしを味変で入れられるので、非常に満足いく内容となる。ばらちらし風に組まれた贅沢丼は茶漬けにも最適解とみた。





CP=90 味=85

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR