FC2ブログ

浅草・雷門通り 尾張屋本店

浅草・雷門通り 尾張屋本店
~夏のおわりや、走りの松茸そば

IMG_3333.jpg
 説明は要らないでしょう、どんぶりからはみ出た天丼でお馴染み、浅草・雷門通りに面してある、老舗 蕎麦店 尾張屋さん。雷門に向かって左手にあるのが本店で、銀座線・浅草駅寄りにあるのは支店。それぞれ定休日が金曜と水曜日なので曜日によっても使い分けできます。創業は古く幕末ごろまで遡れるらしいのですが、いちおう表向きは明治3年となっています。現在は5代目が踏襲。

 尾張屋の屋号は名古屋とは全く関連なく、単に尾が張ったということが御目出度いゆえに、縁起担ぎとしてネーミングされたそうです。なお、神田・尾張屋本店は、こちらから暖簾分けされ、その神田から飯田橋の尾張屋さんへと系統がつながります。

* 台東区浅草1-7-1 金曜定休
11:30~20:30(通し営業)
IMG_3341.jpg
松茸そば(季節もの) : 2200円(税込)
☆☆☆★  良い松茸が入荷する期間のみ提供、9月いっぱいぐらい目安。

 尾張屋の蕎麦は別段、どうということもないのですが、なかには押えておきたい季節ものとして、冬は、あられそば(小柱)、貝柱おろし和え、そばずしがあって、秋口の声を聴くころともなれば、中国産マツタケをふんだんにちりばめた、松茸そば、松茸せいろ、松茸丼、土瓶蒸しなどのメニューが数週間だけ提供されます。

 松茸といっても、マッシュルームっぽい食感だけで香りこそ、ほぼありませんが(笑)、それでも夏の日差しがまだ強い残暑厳しき折、この時季にありつける秋の予感を下町で味わうには贅沢この上なく、走りの松茸を供せるという季節感があって、タイミングを図る、これは毎年の愉しみであります。シンプルイズベスト。
IMG_3339.jpg
玉子どうふ(単品) : 600円(税込)
☆☆☆  季節限定品につき8月末日まで

 なんのことはない、夏季限定の冷麦の真ん中に鎮座しています、アレです。涼味満点!みょうが、青シソ、生姜、ジュンサイで頂きます。
IMG_3340.jpg
△ なにがあるわけでもなし、なにが美味しいわけでもなし、ただ、この店にフラッと立ち寄るべき理由はひとつ。浅草でさえ、所縁ある場所も、今や少なくなった、我が敬愛する永井荷風が、毎日のように通って、毎日のように食べたであろう、かしわ南蛮。店内の一角には、その面影が偲ばれる写真が飾られています。
IMG_3342.jpg
スポンサーサイト



テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

巣鴨とげぬき地蔵通り 蕎麦処 栃の木や

巣鴨とげぬき地蔵通り 蕎麦処 栃の木や
夏の新そば(埼玉・三芳町)を味わう!

IMG_3238.jpg
 ご存じ、とげぬき地蔵がある巣鴨界隈、コロナ渦で縁日以外の平日は以前と打って変わって、人も疎らな、お昼時。旧中山道沿いに高岩寺超えて、地蔵通り商店街中ほど、JR巣鴨駅よりも、むしろ庚申塚駅から近い場所にあるのが、石臼挽手打ち蕎麦を標掲げし蕎麦処 栃の木や。

 2014年、栃木の名産なども販売する小さなアンテナショップとしてオープンし、当初から蕎麦もあるにはありましたが、むしろ湯葉などの食事をメインとして思うように振るわず。3年前、店主が奮起して、手打ちそばを全面に打ち出したスタイルへと舵を切りました。こちらの立地条件は言わば門前町ゆえ、参道には数軒のお蕎麦屋さんが並ぶ、そんな光景のなかでも、ガラス張りの蕎麦打ちスペースを店内に構えた、気合のこもったスタイルは物珍しい。

* 豊島区巣鴨3-14-17 水曜定休
11:00~14:30
17:00~20:30
IMG_3222.jpg 
九条ネギと鶏団子せいろう : 1230円(税込)粗挽蕎麦で注文。
☆☆☆★ 夏の新そば!美味しい。

 蕎麦は3タイプ打ち分けていました。変わり更科蕎麦(夏は大葉切り)があったので、一茶庵系統(店主は足利・蕎遊庵にて修業)だと見当が付く。あとは、産地が違った2種類で、メインは二八蕎麦(栃木県都賀町)、店内の石臼で手挽きした粗挽蕎麦(夏の新そば・埼玉県・三芳)=100円増し。

 なるほど新そばだけあって風合いや風味よく、蕎麦単体だけなら、近隣にある菊谷とそう変わらないレベルで満足。つけ汁は辛いだけでなんとも改善の余地あり。まだまだ穴場スポットなので、ジジババ連中は難なく、ときわ食堂へと吸い込まれていきますが、蕎麦好きなら試す価値は十分にある、そんな栃木愛に溢れたご夫婦のアットホームな良い店で、今後も頑張っていただきたいです。


CP=100 味=85
IMG_3223.jpg

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

蕎麦・天麩羅 吉祥寺 砂場

蕎麦・天麩羅 吉祥寺 砂場
IMG_3073.jpg
 美味しい店には恵まれないけれど、蕎麦屋の選択肢だけには長けた吉祥寺界隈。室町砂場で修業した店主が平成4年に独立開業させた、吉祥寺・砂場。大正通りから移転して6年が過ぎた、今は北口・サンロード商店街入ってすぐにあるシュープラザビルの地下一階、まち中華でお馴染み=さくらいさんを見越した先にある。

* 武蔵野市吉祥寺本町1-9-10 火曜定休
11:00~15:00(水~月曜)
17:00~21:00(水~日曜)
IMG_3082.jpg
鳥南ばんもりそば : 1200円(税別)
☆☆☆★

 室町・砂場や赤坂・砂場で求むる粋(いき)とは無縁、あくまで庶民派、昭和場末の食堂風、期待すべきものはなにもない。しかし、天ぷら好きにこそ、薦めたい穴場である。砂場の流儀に則って、ざる表記は更科タイプ、もりそばといえば、二八。ただ、蕎麦の風味もなく、小麦粉感が強い、機械打ちの平凡なもの。

 そこで一考、種物を頼むべし。旨み優れし鶏肉と鶏つくねが入った、鳥なんばんが好み。江戸辛味大根おろしをサイドメニューとして(100円)付けるのも一興かと思う。この用意周到なるラインアップで天ぷらを一式頼む。温かい蕎麦つけ汁、天つゆ、そして塩が揃いぶみで、好みによって、この3種を使い分けて、それぞれ天ぷらに付けて大いに味わうものとしよう。
IMG_3080.jpg
穴子天、きす天(2尾)、芝海老天=それぞれ、単品注文で、500円(税抜)
☆☆☆☆  すばらしきかな蕎麦屋で憩う、江戸前風。

 野菜天もあるが精進揚げぢゃあるまいし、そんな野暮なものには目をくれずに、天麩羅の神髄=魚たねで勝負する、こちらの心意気。今では河岸で希少品となりつつある、本物の芝海老に拘った(さすがに江戸前・芝浜では採れなくなってきたので愛知や佐賀県産を使用)。かき揚げも可能だが、こちらでは、いかだ揚げされた芝海老の揚げっぷりに惹かれる。

 かつて築地市場にあった天房などではお馴染みスタイルでありましょうが、海老は天ぷら専門店では1本だけの棒揚げ、もとから蕎麦屋では、こうした、筏揚げもしくは、つまみ揚げが往時では一般的だったときもあるようです。
IMG_3084.jpg

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

町田 そば切り 萬両

町田 そば切り 萬両
IMG_2298.jpg
 小田急線・町田駅東口から中央通り、二番街抜けて、原町田わかば公園へと向かって、手前の通りを左折した先に、ポツンとあるのが、そば切り 萬両。オープンして、たぶん10余年ぐらい、数年前通りかかった際には、あいにくと臨休だった、ようやくリベンジ叶いました。生活感漂わせた小料理屋っぽい、古びた内観でテーブル席数卓とカウンター。

* 町田市原町田6-17-18 月曜定休&不定休
12:00~14:30
17:30~19:30
IMG_2290.jpg
きのこと鶏つくね、つけ汁そば : 1420円(税込)
☆☆☆☆

 蕎麦は、ひたち秋そば、外一で打っている石臼手挽きそば、事前に一枚半盛りをコールすると、プラス430円で、ご覧の通り、山盛りの手打ち蕎麦が味わえます。蕎麦は、氷水にて〆られ、やや細め、ふわっとして柔らかな食感、粗挽き蕎麦らしく、蕎麦臭い雑味を含む滋味豊かな味わいで、なかなか美味しい蕎麦です。

 典型的な、脱サラっぽい、趣味蕎麦稼業、ご夫婦にて営業の家庭的スタンス。超ゆっくりモードにて、ひとつづつ調理をこなすため、提供が遅く、接客は苦手なご様子。それさえ気にならないのなら、かなり美味しい蕎麦が喰えます。エビと三つ葉、ホタテの搔き揚げ、具だくさんのつけ汁そば、鴨ローストなど値が張りますが、満足度合い高いです。

 蕎麦茶が濃くて旨い。舞茸も混ざっていますが、おそらくは生冷凍もの天然きのこ、落葉(ハナイグチ)、ひらたけ、、などタップリ入って、これにフライパンで熱した自家製鶏つくね(柔らかい)が数個入っています。つゆも甘辛くてウマイ。コスパは悪いですが料理の質は思うより良い感じです。蕎麦としてはイケています。


CP=85 味=85
IMG_2294.jpg

テーマ : 蕎麦
ジャンル : グルメ

森下~高橋 ふかがわ翁

森下~高橋 ふかがわ翁
IMG_2177.jpg
 森下駅から高橋(たかばし)方面へと歩いて橋の手前、高橋夜店通り(のらくろーど)見越したあたり、二ツ目通り(清澄通り)沿いにあるのが、2020年1月末にオープンしたばかりだという、ふかがわ翁。翁(おきな)と名が付く暖簾を潜ったのは、北品川にある翁以来だろうか、忘れかけていた、自分のなかで蕎麦探求の原点でもある”長坂 翁”での高橋さんへの思い出が蘇った。カウンター1列のみ、うなぎの寝床のような奥に長く狭い店内。

* 江東区常盤ー12-12 火曜定休
11:30~15:00
17:00~20:00
IMG_2173.jpg
鴨ざる : 1600円(税込)
☆☆☆☆

 これはなかなか旨い。質の良い鴨肉も4枚ほど、しかも分厚くて、柔らかい。ツユは甘口、キノコに三つ葉、ゆず片。蕎麦は二八と思われ、滋味深く、細身で打ちは巧い。蕎麦自体が確かに美味かったので、追加(半分=350円で十分)した。せいろは、1枚追加すると多めだが、目安として半盛りだと総量が大盛り見当ということになろうか、これがおススメである。天ぷらは穴子1本揚げを食したが大したことはなかった。酒とツマミ含め、近隣の熟年層に合わせたシブい感じの内容。


CP=90 味=90
IMG_2175.jpg

テーマ : 蕎麦
ジャンル : グルメ

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR