FC2ブログ

奥日光湯元温泉 湯元板屋

奥日光湯元温泉 湯元板屋
IMG_3672.jpg
 奥日光湯元温泉エリアでは120号線を真裏して建ち、温泉神社隣りとなる、同地区で最も古くからの歴史を有した、湯元板屋さん。同じく老舗である湯守・釜屋が正面にあります。とはいうものの、現在、経営は創業者筋から外部へ譲渡しているみたいで、堅苦しさのない庶民派、内装はホテルっぽく随所をリフォームしていますが、やや古びた感じが拭えない、こじんまりとした旅館です。エレベーター完備。

* 栃木県日光市湯元2530
IMG_3662.jpg
 源泉 : 奥日光開発源泉3・4・7号&森林管理署源泉混合泉 ☆☆☆☆★
 含硫黄・カルシウム・ナトリウム・硫酸塩・炭酸水素塩温泉

 湯元温泉では近くに源泉地があって、そこから引き湯されたものを供給してもらっています。従って、どの旅館も泉質そのほか大差なく、加水はあるものの、かけ流しです。かなりくたびれた感がある浴室に男女別の内湯と、ぬるめになった露天があるのみ。天候等で色合いは変化するそうですが、内湯は淡いグリーン(ほぼ透明)で鮮度感あり、屋外の露天は水色っぽい色合いです。

 内湯 : 湯の香りは揮発性の匂いが強く、口に含むと酸味は感じられません。硫化水素臭は感じられます。湯温は42度ぐらいに留まって適温、刺激が少なく肌合いがよく美肌湯と思います。湯は粉っぽくない、まったりとして重い、まとわりつく感覚。温まり感が適度でよい。
IMG_3667.jpg
食事 : ☆☆☆☆ かなりレベルが高い、観光地の夕食としては良いです。

 夕食・昼食ともに食堂。板前がいる宿らしく、料理の質感がよく、美味しい。品数は多いものの、総じて、ボリュームも多からず好感が持てます。夕食は懐石っぽい仕立て。食前酒・山ぶどう酒から始まって、前菜は炙りサーモン、山菜みずこぶ胡麻よごし、煎り銀杏など。生湯葉と豆腐はさすがのご当地とみえて、かなり旨い。鴨鍋も上等。
IMG_3668.jpg
 松茸土瓶蒸し、黒豚角煮に里芋あんあけ、キス磯辺揚げ、焼き物として白アマダイのあんかけ、ご飯は赤だしに山菜ちりめん御飯、せいろ蒸しでした。朝食にはお粥さんも出ます。
IMG_3669.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

やすらぎの宿 郡山三穂田温泉

やすらぎの宿 郡山三穂田温泉

 郡山は行政範囲も広いけれど、沿線に近い市街地にも、突然に温泉施設が結構あったりしてビックリします。東北本線だと安積永盛駅(あさかながもり)、車なら郡山南インターが近い、やすらぎの宿、郡山三穂田温泉(みほた)。門構えは、まるで大きな邸宅。



 最初の温泉掘削は昭和60年、地下900メートル、開業したのが昭和63年と比較的新しい施設です。その後、新源泉掘削し、露天風呂も増設してリニューアルされました。現在の運営会社になったのが平成18年、日帰り入浴施設でもあり宿泊も可能な旅館機能も備えています。地域住民の憩いの場所と言った感じのゆるい施設、忘年会や法事などの宴会場としても人気みたいです。



* 福島県郡山市三穂田町駒屋字四十担原16

6:00~22:00 550円

 源泉名 : 郡山三穂田温泉2号源泉

☆☆☆★  ナトリウムー硫酸塩-塩化物泉



 泉温=55.8℃ 湧出量=毎分86.8リットル(揚湯) PH=9.1

 フッ素=6.5 サルフェート=552.7 溶存物質=1449mg



 内湯と外には露天風呂があり、採光もよく明るい感じです。内湯は、やや熱め、フッ素が効いて、肌合いがツルすべした気持ちの良い浴感。湯口では、かすかに硫化水素の香り、口に含んだ感じで焦げっぽい渋みを感じる。浮遊物・湯華等は湯口下に装着されたネットにて上手くキャッチされていて、この方式もなかなか優れものと思う。 カランやシャワーのお湯も源泉、その使用感は、スベスベっぽく、とてもよい。



* メモ : 現在の運営会社は平成18年より、ホテル事業を含め飲食事業など幅広く手掛け、ほかに富田温泉デイサービス、三穂田デイサービスなども運営。

続きを読む

矢板 赤滝鉱泉

矢板 赤滝鉱泉

 矢板インターチェンジから県道65号線を経て八方ヶ原南麓、山の林道へと入って行きます。やがて林道はダートの様相を呈し、違った川筋に沿ってある一軒宿=赤滝鉱泉と小滝鉱泉との分岐点に出ます。そこから右手の急峻な山道を、ずんずんと下っていきますと木々の間から谷底に見えてくる赤い屋根の家屋が赤滝鉱泉。建物の裏手にある最終的な駐車場まで降りられる車は4WD車のみです。

 

 見た目は旅館云々というより、まんま農家の住居という感じ。建物は明治期に建てられた箇所もあるとか、板張りの長い廊下を進むと最奥部にあるのが、ひとつある浴室。鉱泉の沸かし湯なので、もわもわ~っと薪炊きの煙と湯気双方が相俟って、このような幻想的風景に和みます。まさに秘湯の宿というのはこういうものでしょう。



* 栃木県矢板市平野1628-1

立ち寄り湯=500円 10:00~16:00

 赤滝鉱泉 : ☆☆★



 濁って赤茶けた沸かし湯です。思ったより、あっさり目な印象で微酸味も金気臭も皆無です。昔はどこもそうだったであろう薪炊きのお湯に浸かることができる貴重な体感、その鄙びた風情を味わえるのも価値あると思います。



 見た目では分かりませんが、浴槽の深さはかなりあります。腰かける段もこしらえてあり、でも1人分しか浸かれない狭さです。いまどき他では味わえない鄙びの極致(境地)です。

 



続きを読む

郡山 月光温泉大浴場

郡山 月光温泉大浴場

 郡山駅から安積永盛駅方向へと、あさか野バイパスを走り、ほぼ沿道沿いという好立地、少々小高い丘のような場所にあるのが月光温泉クアハイム、、、、昭和の時代によくあるヘルスセンター系の割とデカめな施設で、駐車場には多くの車が止まり、人気の程が伺われます。一方、その目の前にある見過しそうなのが、”大浴場と掲げられた看板”があるだけの実に寂れた感じの建物。向かいのクアハイムと同じ経営ですが、こちらは公衆浴場扱いです。



 ふつうの銭湯なんで番台(受付)があってオバちゃんが居ます。広告用紙をちぎったであろう紙に手書きで自ら名前を書き、貴重品を箱に入れて預かってもらいます。会社のロッカールームという感じの、脱衣場というには激セマな空間、そして浴室には、カランが5つぐらい、湯舟には熱めの源泉がドカドカと掛け流され、少し斜めになったタイルの床にサブサブとオーバーフローしています。すごい熱気と湯気。お客さんも多数。気を付けないと床が滑ります。寂れたC級雰囲気のお好きな方は要チェックです。



* 福島県郡山市安積町笹川字四角坦62-1

無休 5:00~24:00 350円

 源泉 : 月光温泉あさか野泉

☆☆☆☆  ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉 



 泉温=48.0℃ pH9.0 成分総計1381mg/kg

 サルフェート=530.3



 向いのクアハウスとこちらは同じように思えて実は別源泉(あるいは別天地)なんですね。クアハウスでは同じ掛け流しであっても換気が良かったり、湯舟が大きすぎたりしたら鮮度感が足りない気がします。当然、源泉それ自体が持つスジの良さに加え、大浴場の湯使いの良さ、こちらは換気扇の効かない狭い空間に、無味無臭透明な源泉が、ただただ流し込まれているため、ある意味理想的ですが、夏場などは、おそらく熱気が籠ってさらに。アツいでしょう。



 湯舟の温度は計ってみますと45℃で、加えて成分からなのか、かなり身体にパワフルに効きます。長湯要注意。フッ素値が7.0と高く、そのために肌合いはリキッド系といいましょうか、にゅるにゅるに近い感覚。番台のオバちゃん曰く、湯上りはサッパリしてスベスベ感が増すのよ、、という隠れた名湯なのです。ちなみに向かいは月光温泉クアハイム源泉で名称はアルカリ単純泉(42.4℃、PH=8.8、サルフェート=155.8、成分総計は0.843g)という素性。なんで、、似て非なるパワフルさと寂れた感を求めるなら、迷わず大浴場でしょう。

続きを読む

会津西山温泉 旅館 中の湯

会津西山温泉 旅館 中の湯

 会津西山温泉は、川筋に湧く、静かな温泉地で、5軒ほどの温泉旅館と公共の日帰り温泉施設=せいざん荘があり、各旅館ごとに自家源泉を有し、町営自家源泉である荒湯源泉も併用して使っているケースが多い。



 こちらは滝の湯さんと川を隔ててある、中の湯さん。先代の時分には、あの漫画家・つげ義春が泊ったことでも知られるが、その古い建物は現在建て直され本宅となって、往時の面影はどこにもない。ただ、当時浸かったであろう当館のもとになっている中の湯源泉は、開業時から別館の檜の湯の場所にあったという。2つの自家源泉は中の湯が滝谷川の川底から自然湧出したもので、内湯の杉の湯は対岸から引き湯している、まさに出自の違うお湯だという。



* 福島県河沼郡柳津町大字砂子原字長窪884

 源泉名 : 杉の湯(本館・内湯)

☆☆☆★ 加水なし、単独使用。 含硫黄ーナトリウムー塩化物温泉



 泉温=61.9℃ 湧出量=毎分12.8リットル(動力揚湯) PH=6.4

 Na=1163 メタケイ酸=141.2

 臭素=3.1 サルフェート=208.1 成分総計=4.025g



 かつて地震等で泉温が下がった時分は荒湯を混ぜた給湯状態だったが現在は回復し、杉の湯本来の源泉1本分で賄っています。視覚的には、ほぼ透明、白く細かな湯華(白色沈積物)が多い。かなり塩っぱくって硫化水素臭は弱いものの、臭素やヨウ素が混ざたような潮臭あり。なかなか良いお湯です。いまは加水加温なし。

 源泉名 : 中の湯(別館・檜風呂)

☆☆☆☆★ 含硫黄ーナトリウムー塩化物温泉 



* 別館の檜風呂のみ、湯張時と常時少量の加水(地下水)あり。加水で温度が下がり、薄っすら青白い白濁気味になるのだと推測。湯口からは源泉と地下水の加水2本が注湯されていました。



 泉温=98.9℃ 湧出量=毎分7リットル(掘削自噴) PH=8.2

 Na=2161 サルフェート=331.7 メタケイ酸=208.5

 成分総計=6.822g

 

 西山温泉のなかで名湯の誉れ高いお湯と湯小屋です。塩味、かすかに硫化水素臭がする。白い羽根のような湯華(正確にいうと硫黄芝の塊=バイオマットがちぎれたもので粉っぽい湯華とは違う)が舞う、とろみのある、にゅるっとした美肌湯。視覚的には、グレーがかって青白っぽく見える。温まり感も強いです。湯小屋自体は建ててから、それほど経っていませんが宮大工に作らせたそうで大層立派なものです。見る価値、入る価値双方在ります。露天岩風呂は、このあたりでは平凡な荒湯仕様なので特筆すべきはありません。



* メモ : 離れにある湯小屋は男女別ではないため、内湯と露天風呂ともに、そのつど貸切タイプ。あらかじめ先客が居ないかフロントに確認が必要。なお、別館露天岩風呂には町営共有源泉である荒湯を使用し、荒湯源泉は、どこの旅館でも入れるが、もっとも個性無く、案外と優しいお湯だ。ひとつの旅館で3つの異なったお湯が楽しめる。日帰り入浴の場合は内湯か別館どちらか一方のみ選択制。

 ▽ 夕餉 : 山菜はゼンマイ、ワラビとヨブスマソウのお浸し。椀は舞茸と山ウド、里芋の頭芋(かしらいも=親芋)などの黒胡麻よごし。そしてメインは江戸時代の会津藩から会津では鯉の養殖が奨励され、現在に至るという名物料理。大きな鯉の甘煮(うまに)で自家製。大ぶりな鯉を砂糖、酒と醤油で煮込んだもの。海のない会津にとって、鯉は格上の素材、滋養に富んだ、すばらしい郷土食です。これを出してくれる宿は、甘煮を食べるだけでも泊まる価値あります。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR