FC2ブログ

南信州 昼神温泉 足湯

南信州 昼神温泉 足湯
IMG_0738.jpg
 信州の最南端にあたる、南信エリアで、大きな温泉地が、こちらの昼神温泉(ひるがみ)。飯田市からはすぐのところ、恵那山トンネルを抜けると中津川、そこは岐阜県です。阿智川に沿って小綺麗な旅館やホテルが並び、いわゆる歓楽街的な要素を排除したまちづくりを是としたおかげで、趣ある景観がなんとも情緒的で、山あいの静かなという謳い文句が、しっくりくる良い温泉郷です。

 しかし、いいのか悪いのか、源泉は一括管理されて、どこも同じ、どこも循環という個性のないものです。唯一?と思われる源泉かけ流しは、川沿いにある2箇所の足湯のうち、あひるの湯、と名付けられた場所のみで体感可能です。

① 足湯 ふれあいの湯 : まず、大きな駐車場のとなりにあって、朝市が開かれる、ふれあい広場の端っこに細長くあるのが、ふれあいの湯です。こちらは湯口が外側に出ておらず、はっきりと確認ができませんが、源泉はかけ流しでは無いようです。硫黄臭は若干あります。10人ぐらいは座れそうです。
865e4b6a7d83323ae4a866efdfd77ccb-995x560.jpg(雪景色はHPより転載)
②  足湯 あひるの湯 : こちらは、ふれあいの湯から恩出橋渡って、川の対岸にある小路を歩いた先に赤色した湯の瀬橋袂にある、唯一源泉かけ流し あひるの湯です。足湯とはゆえ、スペースが狭く、4人浸かればいっぱいというキャパ。全景が引き屋台みたいな感じ。しかし、傍らには竹筒から源泉がかけ流しされていて、飲泉所みたいなつくりになって、味見が可能。口に含めば、ぷ~んと硫黄、味わって玉子水です。するスベな肌合いの美肌湯。足元には、溶き卵みたいな湯華も観察できます。周囲が桜並木なので花が咲く春はよさげです。あひるの湯は平成19年に、新源泉・5号源泉掘削記念として作られた足湯です。

* 昼神温泉新混合泉(2~5号井混合) アルカリ性単純硫黄泉 : PH9.6、泉温=47.4℃
IMG_0740.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

信州高山温泉郷 七味温泉 紅葉館

信州高山温泉郷 七味温泉 紅葉館

~エメラルドグリーンの湯、紅葉とタヌキに会える宿


 信州・高山温泉郷のなかで最奥部に位置するのが七味温泉。かつては5軒ほどの旅館があったそうだが現在、宿泊できるのは2つだけになってしまい、そのうちのひとつが、その名も紅葉館。標高1300メートル、ブナやカエデ類に囲まれた、松川渓谷沿いにある静かな温泉地です。



 なんといっても、七味温泉では宿付近まで野生のタヌキたちが遊びに来ることで有名です。とくに紅葉館は玄関からお勝手口の辺りで、いつでもその姿を見ることが可能で、ちょうど裏山の小径から下ってくるタヌキ一家の一部始終が2階部屋から見えたり、子狸を叱る母タヌキとのじゃれあい等、愛情睦ましい野生家族の姿をまじかに見ることが叶います。タヌキの表情は愛らしいです。

 源泉 : 新七味温泉(紅葉館・山王荘共有源泉)

含硫黄ーカルシウムー硫酸塩温泉(硫化水素型) ☆☆☆☆★



 泉温=65.4℃ 成分総計=1.617g カルシウム=281.1 サルフェート=656.4 メタケイ酸=71.6



 七味温泉でも、渓山亭が有する源泉が青っぽい灰白濁に見えるのとは違って、こちらはエメラルドグリーンとまではいかないものの緑がかった色合いで惹かれます。お湯自体にかなりパワーがあって強いものです。立ち寄り含め客数が多いため、お湯が撹拌され適温のように思えますが、湯張時には熱いものです。



 内湯と付随した露天岩風呂が男女別にあって、浴室は夜8時に男女が入れ替わります。立ち寄り湯は、女性が洞窟風呂仕様の浴室、男性は、墨湯とよばれる硫化鉄が舞う壺湯のような小さな浴槽が付いています。

 食事 : 夕食6時・朝食8時ともに1階に設けられた食事スペースにていただきます。川魚の生簀があって鮮度よい、イワナ刺身、アユ塩焼きが食べられるほか、長野県ですから焼き栗、紅玉を使った焼きリンゴにグラタンが入ったもの、地物の牛肉しゃぶしゃぶ、山採りだというキノコ=ジコボウ(ハナイグチ)も食卓に並びます。食後のデザートは、ながのパープルとシャインマスカットです。



* 料理=◎ 美味しい! 部屋=◎ きれい! お湯=◎

ご主人は大人しそうですが、女将さん(オバちゃん)は元気で面白いキャラです。





続きを読む

布引温泉 御牧の湯

信州布引温泉 御牧の湯

 東信である東御市内は、東部湯の丸SAと小諸ICとの中間ぐらいにあたり、千曲川からも近い場所で、浅間山が見渡せる、道の駅みまき、は信州布引温泉・御牧の湯、温泉アクティブセンター(プール)、郷土料理・御牧苑を併設した道の駅。このあたりの温泉は、いわゆる加温、加水を施してあるようですが、近くには布引観音温泉、スーパー銭湯・あぐりの湯こもろ、信州八重原温泉・アートヴィレッジ明神館など小さな施設があります。



* 長野県東御市布引35-4 

10:00~21:00 第3木曜休館

 布引温泉・御牧の湯 : 500円

源泉名 : 北御牧村1号、森田2号泉混合

☆☆  ナトリウムー塩化物温泉(弱アルカリ性)



 泉温=35.6℃ 使用位置=41.5℃(加温) PH=7.5 溶存物質=1.752g メタケイ酸=66.2



 内湯と屋外に露天風呂があります。無味無臭、無色透明、むしろカルキが香る。表示には、わずかに油臭と書き込まれていたが、露天注湯口で、かすかにスモーキーな香りはあるが温泉起因とは確認できず。なんの個性もない沸かし湯っぽい感触。近隣の高齢者の常連も多く日参。

続きを読む

信州高山温泉郷 七味温泉 渓山亭 惠の湯

信州高山温泉郷 七味温泉 渓山亭 惠の湯

2009年オープンした日帰り施設は県下でもピカイチの硫黄泉
 千曲川にも近い小布施は観光地としても有名ですが、そこからグッと山道を競り上がって、なおも、ずんずんと行くとあるのが信州高山村。やがて松川渓谷沿いに、小さな宿が点在する、山奥の秘湯探索ルートです。さらに、その先は白根山へとつながって群馬県・万座温泉方面へも抜けられます。



 山田温泉の集落を過ぎて、五色温泉・五色の湯旅館(日帰り入浴不可)を超えた先が、七味温泉で、かつては5軒の宿泊施設があったものの、現在は2軒だけとなってしまい、最奥部には日帰り専門となった山王荘、宿泊可能な宿として紅葉館、渓山亭があります。



 秘湯というに相応しい標高1300メートルぐらいの静かな渓谷沿いの七味温泉、七つもの異なった源泉があったからだといういわれ通りに、今でも豊富な白濁する硫黄泉が見事な温泉地です。わけても10月中頃からは、このあたり松川渓谷のカエデやブナをはじめとした紅葉の名所として名高く、多くの観光客が大型バスを引き連れて訪れます。その日帰り客の受け皿として七味温泉には、上記の旅館2軒と、3箇所の日帰り温泉施設が存在しています。



 惠の湯 : 転売繰り返される渓山亭、そんな同系列で運営しているのが、日帰り入浴施設。もとは本館の館外にある野天風呂という位置づけから始め、現在では、むしろ外来専門の入浴施設としての意味合いが濃そうです。2009年オープン。場所は渓山亭から、かつての牧泉亭方向にあります。



 メイン湯小屋は、男女別に敷地が分かれて小屋掛けされた、入浴施設で、それぞれに内湯と露天風呂が設置され、そのほか食事処、貸し切り風呂が周辺にいくつか別個に配置されています。





10:00~17:30 600円(貸切風呂は入浴料に別途追加料金有)

 七味温泉源泉 : 大きく分けて、2タイプです。紅葉館と山王荘が所有しています共有源泉は、両旅館のみで使用し、見た目が、うぐいすきな粉っぽい、白濁しつつも緑っぽい硫黄泉で、サルフェートも多く、かなり強めに身体にビンビン来る良いお湯です。元湯・牧泉館でも緑がかった白濁湯が本来からの七味温泉の湯とされていました。



 掘削を推し進める渓山亭グループは、9本もの源泉を所有し、その自家源泉は、見た目で、水色っぽくも見える白濁硫黄泉で、硫化鉄が多いため、季節やタイミングによっては、ときに灰っぽい黒に見えるお湯です。なお、墨湯とも思しき硫化鉄が浮遊する湯はと山王荘・壺湯と紅葉館・露天にもあって、双方ともに小ぶりの専用浴槽があります。



 惠の湯 : 七味温泉8号井(泉温60℃動力揚湯・牧泉館でも使われていたものと同じ名称)、七味温泉第2ボーリング(泉温90℃自然湧出)の混合泉

☆☆☆☆☆    カルシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物泉



 成分総計=1010mg、サルフェート=317.5mg、カルシウム=108.1



 お湯のコンディションはもちろん気候によって違いますが源泉ミックスさせた、こちらのお湯は、泉質的に長野県下でもピカイチの硫黄泉で、バツグンな浸かり心地のお湯です。天候に恵まれ、紅葉の時季ならさらにその価値は高まるはずです。源泉注湯の源泉使用位置は、42.5℃。ともかくもお湯は素晴らしい、景色を含めた存在価値もバツグンです。受付のオジサンも人懐っこいです。

 

続きを読む

信州真田 地蔵温泉 十福の湯

信州真田 地蔵温泉 十福の湯

~コンサル会社が運営手掛ける信州最大の露天岩風呂


 この温泉、いわゆる日帰入浴施設ではあるものの、現代版に相応しく、至れり尽くせりな内容、駅ナカのような景色で、店内には、土産売り場やカフェテリアはもとより、ジェラート専用コーナー、自家製パン屋さんコーナー、石窯ピザブース、手打ち蕎麦スペースなども含めて実に多種多彩だ。そして、こちらは上田市内とはいえ、地蔵峠、標高975メートルとなる山の中なのである。運営する委託会社は須坂・関谷温泉・湯っ蔵んど、千曲市・白鳥園などを切り盛りしているコンサルグループ=日本レクシーである。



* 長野県上田市真田町傍陽9097番70 不定休

10:00~22:00 700円

 アルカリ性単純泉 : ☆☆★ PH=9.4



 入り口には掛け流しと思しき、源泉が竹筒より注がれた岩風呂がある。こちらは湯口で鮮度よく、微硫黄臭、甘い香りがして、浴槽内の肌合いでは、ツルすべな、まったり感が味わえてなかなか筋のよいお湯となっています。加熱有。ウリは信州最大規模を謳った庭園風岩風呂ですが、いささか凝り過ぎた岩組ばかりで風呂施設としての便利性に欠けた施設となっています。



 温浴施設以外のアトラクションだけが充実で浴槽等の設計はイマイチ考えられていません。成分総計は、0.2765gで、その大半がサルフェートなので意外と身体にずっしりと来ます。源泉としての良さが少しもフューチャされていない、しかしアトラクションに特化された稀有な日帰り施設。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR