FC2ブログ

トリアノン洋菓子店 高円寺本店

トリアノン洋菓子店 高円寺本店

 昔ながらのケーキ屋さん。なにがあるわけでもない、しかし昭和生まれにとって、ある種の郷愁、ここに来てショーケースを眺めれば、すべては事足りる気がする、そんな、ケーキと喫茶 トリアノン。大久保、三鷹にも支店はあるが、こちら高円寺駅南口駅前ロータリー脇に、堂々たる姿を見せる、本店は店奥に控えた半分以上のスペースが喫茶室になっています。1960年オープン。



* 杉並区高円寺南4-26-12 無休

10:00~21:00

 ナポリタン : 720円(税込)

☆☆☆★



 残念ながら、麺は太くなく、作業効率考えた、ゆで時間が短い細いタイプ。これでは昭和ナポリタンではないものの、ソース含めた味付けは王道に近いテイストで安全パイ。玉ねぎの甘さが光るトマトソースがなかなか旨い、ベーコンハムとピーマンが加わって、それにチーズが加われば無敵だ。値段は、少々高い。

サバラン : 390円(税込)

☆☆☆★



 やっぱり、これこれ、これですよ、これ!ショートケーキやらモンブランを超える定番中の定番。ラム酒が、かなり効いており、あんずジャムもアクセントになっています。子供のころ憧れだった、おとなの味。

続きを読む

スポンサーサイト



経堂 洋食バル・ウルトラ

経堂 洋食バル・ウルトラ

 農大通りから花坊さんの斜め前ぐらい、もう言うまでもないだろうが、あの下北沢にあった洋食マック、そのマスターだった方の次男夫婦が開いた正統派継承店である、バー・ウルトラ。昼は洋食屋さんだが、夜は、常連客が思い思いの単品を頼みながら呑む、2012年オープン以来、着実に地元定着し、経堂でも知れた呑み屋となった。



* 世田谷区経堂1-19-2 日&第1月曜定休

11:00~15:00(ランチメニューのみ)

18:00~22:30(ディナーメニュー&黒板メニューあり)

 ナポリタン : 1058円(税込)単品

☆☆☆☆



 ナポリタンはディナーだけのメニューで、いわゆる、昔ながらのダルンダルンなナポ。ニンニク利かせ、玉ねぎとピーマン、マッシュルームとベーコンをソテーしておき、そこへ茹で置きな白スパを投入、トマトソースを加えながら、何度も強く炒め、炒めて完成の一品。





CP=80 味=85

続きを読む

新宿西口 ル・クープ・シュー

新宿西口 ル・クープ・シュー

 まちの新陳代謝、移り変わりが早い西新宿界隈で大資本系でなくとも長らく生き残るのは容易ではない。新宿駅西口界隈、ヨドバシカメラビル群の裏手にあたり、甲州街道側に広がる飲食店街の一角にある、ビストロ、ル・クープ・シュー。1977年開業という知られざる老舗店のひとつに数えられる。なお小田急ハルク裏手にあった人気の姉妹店(ギャラリー・クープシュー)も2016年春、ついに閉店となった。



* 新宿区西新宿1-15-7 一階と地階 

第3月曜定休日

11:30~14:00(日・祭関係なくランチ)

17:30~22:00

メモ : 入り口は店正面ではなく右手通路奥から入る。

 クイックランチ : 1260円(税込)

☆☆☆★



 フルランチは、前菜、スープにメイン(魚か肉)、パン、デザートにコーヒ付き(1700円)。クイックはスープは除かれる。サーモンを使ったブランダード風とサラダ。スズキのソテー、アンチョビソース。ココナッツミルク風味、フロマージュブラン。ランチメニューは、ほぼ固定。





CP=90 味=80

メモ : 家庭的なサービス、座席やスペースが激セマ



続きを読む

十条銀座商店街 大衆食堂 天将

十条銀座商店街 せんべろ 大衆食堂 天将

 埼京線十条駅北口からすぐ、十条銀座商店街に入ったばかりのところにある、ご存じ、せんべろ"大衆食堂 天将"さん。創業は昭和22年、戦後すぐに始まった人情味溢れた食堂。大衆酒場的なオープンスタンスで昼間っから常連さんたちが呑みでたむろってます。相席用テーブル席のほか座敷スペースもありますが思ったより狭い店内。年末年始にかけて貸し切りの飲み会仕様も多いです。



* 北区上十条2-24-12 火曜定休

10:30~14:00(ランチ)

16:00~19:30

 ナポリタン : 400円(税込)

☆☆☆★  名物、ゆるゆるナポ



 こういうタイプは絶滅危惧種、きょうび、なかなかお目に掛かれません。フニャンとしたピロピロ太麺をケチャップで炒めただけ、かろうじてピーマンと赤いソーセージが入ってます。洋食メニュー注文時の付け合わせ素ナポリタンとは、またちょっと違うタイプです。両方食べ比べないとあきまへん。

 ポークソテー(単品) : 750円(税込)

☆☆☆★



 これまたナイス!な価格。極めるべきは庶民の腹ごなし。デミグラスっぽい薄めのソース、ほんのりとチーズがけ、そして上に鎮座するパプリカの大きな輪切りがトレードマーク。サラダとレモン、パセリ、そして単品ナポリタンより細麺で別バージョンの素ナポが付け合わせされてます。ライスは並で170円プラス。肉は厚みもあって、強めにソテーされ、なかなか旨い。





CP=100 味=80

続きを読む

ファミリースナック ロッキー@佐竹商店街

ファミリースナック ロッキー@佐竹商店街

 新御徒町駅前から清洲橋通りの脇道として伸びる、昭和の匂いがプンプンする歴史ある商店街=佐竹商店街の中程にある、御存じ”ファミリースナック ロッキー”さん。名前が自ら語るように、近所のオバちゃんやオジサンが集う憩いの場でもあり喫煙タイムの確保場所であります。浅草にかつて2軒ほどあった同じく”ロッキー”と名の付く喫茶店も、こちらのように活気ある佳店だったのですが、いまではこちらのみ現存。1978年創業。



* 台東区台東4-1-4 水曜定休

10:00~21:00(モーニング、ランチ有)

 ナポリタン(単品) : 620円(税込)

☆☆☆☆



 昔ながらの正統派ナポリタンは今や絶滅危惧種ですね。そんななかで、こちらは各種ランチメニューをきちんと作って出す稀有なお店、ナポリタンでも見事なまでの丁寧な手作り。ベーコン、スモーキーなウィンナー、ピーマン、玉ねぎ、マッシュルームがどっさり入って、やや太めの麺にたっぷりめのトマトソースがべっとり絡む。フライパンでの煽りもイイ感じ。鮮度よいサラダと柔らかめのポテサラが付く。細めのパスタを茹で上げて作るようなナポリタンが多いのも実情だが、このような昔ながらのテイストに一票投じたい。





CP=100 味=85

佐竹商店街のお店は、どちらもレイドバックした定連さんばかりなので

外部から立ち寄ると、かなりアウェーな眼差しを向けられる。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR