FC2ブログ

神田まつや 吉祥寺店

神田まつや 吉祥寺店
IMG_1651.jpg
 吉祥寺界隈には多くの蕎麦店がありますが、こちらは東急百貨店レストラン街にある、神田まつやの支店。まつやは中野にも支店があって、大筋では本店流を踏襲し、それぞれ独自メニューも個別に在ったりします。わけても使い勝手の良い、デパート内店。席数はそれなりに多いのですが、お昼時は行列、通し営業なので午後は空いてきます。

* 吉祥寺東急百貨店 9階 無休
10:30~20:30
IMG_1648.jpg
鍋焼きうどん : 1485円(税込)
☆☆☆★

 通年メニューではありますが、やはり寒さ厳しい折、冬の花形、定番といえば、鍋焼きうどんですね。本店とは違って、土鍋ではなく鉄鍋。具材は青菜、麩、煮しいたけ、かまぼこ、なると、小海老天2尾、たけのこ、長ネギ、ほぼ同じですが、お餅が入るのが特徴です。うどんは手打ちで、不揃いの細麺。煮込んであるためなのか、ふにゃふにゃっとして柔らかですが、腰は、ややあります。

* 
CP=90 味=80
IMG_1644.jpg
スポンサーサイト



テーマ : うどん
ジャンル : グルメ

日比谷 炉端焼き&関西おうどん ナダバン バイ ハルヤマシタ

薪炉端焼き&関西おうどん ナダバン
ハルヤマシタ、東京ミッドタウン日比谷に新業態

IMG_1089.jpg
 六本木ミッドタウンに引き続き、こちら東京ミッドタウン日比谷にも、ハルヤマシタ。2018年オープンした新業態は、薪炉端焼きと関西おうどん、薪和風ステーキなどを提供する、関西おうどん居酒屋 ナダバン。これだけの情報量だと、少しも経営者の想いまで伝わらない。調べてみると、オーナーである山下さんは、かつて神戸元町でNADABANというダイニングを当てたひとだ、そのルーツは神戸・御影に続く、老舗・居酒屋・なだ番(灘の番長)が実家ということ。神戸を閉めて、六本木ミッドタウンへ旗揚げ、さらに業務拡大して和風ダイニングとか居酒屋への想いをかたちにしたものが、このナダバン・バイ・ハルヤマシタということになろうか、ここまで見えて、なるほど、と合点がいく。

* 千代田区有楽町1-1-2 2階 無休
11:00~15:00
17:30~22:30
IMG_1088.jpg
大阪船場きつねおうどん : 960円(税込)単品
☆☆☆

 やわうどんで、なかなか美味しい。きつねうどん発祥の船場、そのスタイルを再現となっています。説明書きに拠りますと、香川讃岐製法、讃岐の夢2009と北海道地粉をブレンドした模様。製麺所に発注して作らせていますが、冷凍うどんっぽい、かなり太目で、むにゅむにゅ~っとした食感、表面からモチ~ッとして、柔らかな、まさに、おうどんさん。

 関西でうどんといえば、うどんはどうあれ、ダシ命です。出汁は、羅臼昆布と焼津産。各種節、灘清酒等で調整し、こちらで取っているらしく、旨みが十分すぎるぐらいに出ております。つるとんたん方式?見せかけ豪華に、ドンブリだけがデカすぎて、逆に貧相なスペックですが、具は薄めのお揚げ1枚と三つ葉に柚子片だけ、シンプル過ぎて、いささかの失望感すら漂わし、麺量も少ない。出汁味は良いのですが、これだけ求めるには、いささか値段に難あり。でも、居酒屋で〆にうどんというスタンスなら分からないことはない。

* うどん単品として :
CP=70 味=80
店自体の居心地は抜群です。肉吸いおうどんなどもあります。

テーマ : うどん
ジャンル : グルメ

千歳船橋 喫茶パオーンで、なごやめし

千歳船橋 喫茶パオーンでなごやめし
11月オープンした西尾・ぞうめし屋4店舗目

IMG_0965.jpg
 11月、千歳船橋駅北口商店街のはずれに、突如、喫茶パオーンがオープンした。なんでも、愛知県・西尾市にある味噌やさん=今井醸造が経営する、なごやめしと昭和の香りがする喫茶店、ぞうめし屋さん、名古屋には、喫茶ゾウメシ、京都には喫茶ゾウがあって、その4店舗目であり、都内初進出となるようだ。松陰神社でもなく、シモキタとかではなくチトフナというあたりがなんともチャレンジャーである。

 十数年営業したフレンチが撤退したのち、急遽、こちらの名古屋系飲食店が入ってビックリした。店内は、バースツールになったカウンター数席と、かなり低めソファー席が数卓という、狭い店内、トイレは広い、そんな内観。事前に席確保などの予約はできません。3人ぐらいで来店の場合は満席だと店先で、けっこう待ちます。オープンして間もないので、週末の昼時は混んで行列状態ですが通し営業につき、1時過ぎから空いてきます。食事はランチタイム等ないので、素材切れさえなければ、いつでも可能とのこと。

* 世田谷区船橋1-1-12 不定休
朝9:00~17:00(月~木曜日)名古屋だけに朝はモーニングから始まります。
朝9:00~20:00(金土日)
IMG_0957.jpg
みそ煮込みうどん(赤) : 1045円(税込)
☆☆☆☆☆  素晴らしく美味!

 ご飯類(食事)は思うより意外と充実しておりましたが、看板商品は、やはり味噌屋なので、名古屋本場仕込みな、みそ煮込みうどん!赤味噌と白みそバージョンに加えて、カレーみそ煮込み、トマトみそ煮込み(トマトピューレ入り)なんていう変わり種もありました。麺は名古屋から直送、愛知県産小麦・きぬあかりを打ったもので、名古屋式に、生うどんから鍋焼きで煮込んで調理。

 芯が残っていて実に美味しい!味噌は赤みそと白みそブレンド。九州の鰹節と北海道の昆布だし、優しくも塩分少な目な味付けで美味しい。具材は、鶏肉ではなく豚バラ肉、スライサーで切ったニンジン、油揚げ、ねぎ。それに、生卵がほどよく半熟になるよう火が入っています。名古屋コーチンとかではないのが残念ですが、豚バラを使うメリットはありそうです。蒲鉾にゾウさんのかわいらしい刻印ありました。
IMG_0962.jpg
 みそ屋のたまごサンド : 842円(テイクアウトにつき軽減税率)
☆☆☆☆

 もうひとつの主力商品は、玉子サンド!焼き立てで、ほわほわ~んとした厚焼き玉子が大部分を占め、パンとのフィリングに味噌ベースのタレ(たぶん味噌そぼろ煮)が塗りこめられて見事な隠し味となって、これは美味いし、個性的。ビジュアル的には、店内でのお召し上がりのほうが三角形して美しい、でも税率は10%也。もちろん、喫茶として、サイドメニュー的に、あんバタートースト、デザートにプリンアラモードなんていうプチ贅沢も可能です。昭和カフェまたは、なごやめし食堂という両刀使いが可能。
IMG_0968.jpg
* ランチ :
CP=85 味=90
IMG_0956.jpg

テーマ : 名古屋のおいしいお店
ジャンル : グルメ

東久留米市役所内 カフェ・てん、、、柳久保うどん

東久留米市役所内 カフェ・てん
~柳久保うどん、あの不動さんが打った肉汁うどん

IMG_0762.jpg
東久留米駅西口降りて、まろにえ富士見通りを進むとあるのが、東久留米市役所で、正面玄関に向かって右奥、窓際にあるのが、Cafeてん。2018年オープン、社会福祉法人イリアンソスが運営する、障がい者雇用の場となる喫茶店です。

* 東久留米市本町3-3-1 1階 土日祝定休
10:00~17:00(カフェとしての営業時間)
11:00~15:00(ランチタイム)
注意 : 11:00~12:00ごろ(柳久保うどん提供時間・売り切れ仕舞)
IMG_0757.jpg
柳久保うどん(ランチ・単品) : 700円(税込)
☆☆☆★  数量限定につき売り切れ仕舞なので要注意。

 柳久保小麦を使って手打ちされた、うどんは、ほぼ白っぽい色、太さは、やや細めながらも不揃いで撚れあり、かなり剛直でゴリゴリ硬めに仕上がった武蔵野うどん。ちゃんと、うどんの耳(切れ端)まで付いてきます。つゆは、やや辛口、豚バラ肉入り。糧として青菜(ほうれん草)、薬味はネギとショウガ。
IMG_0760.jpg 
不動とは : ローカルな話なのですが、今からザッとさかのぼること10数年前、東久留米市前沢で、プレハブ小屋ながら、そこでご夫婦が貴重な地粉である柳久保小麦を使って打つうどんを提供してくれていた、超ローカルな武蔵野うどんやさんがあったのです。その店名は、不動、閉店したとは聞いていたのですが、そんな不動のおやっさんが、こちらへ、手打ちうどんを打って提供してくれているらしいのです。有難いですね。
IMG_0761.jpg

テーマ : ご当地名物
ジャンル : グルメ

ひばりヶ丘 武蔵野肉汁うどん 金豚雲

ひばりヶ丘 武蔵野肉汁うどん 金豚雲

~サニーや二郎でもなく、栄屋でもない。


 ひばりヶ丘駅、北口は再開発中で、ロータリー含め新設中です。そんな北口からすぐの商店街通り沿いに、武蔵野肉汁うどんと掲げられた大きな暖簾が目印、金豚雲(きんとううん)さんは、2013年オープン。もとは、”和風つけ麺・泉屋”さんだったらしいのですが、一念発起して武蔵野うどん店として業態変換し開業となった模様。本店筋は、居酒屋・泉屋さん。



* 西東京市ひばりが丘4-3-30 無休

11:30~15:00

18:00~23:00

 カレー肉汁うどん : 中もり 850円(税込)

☆☆☆☆☆ パーフェクト!



 すばらしいデキバエ!麺は国産小麦仕様(ひばり)、見紛うことなき武蔵野うどん!少しだけ飴色した外見、塩分少な目で小麦の甘さも秀でた、素敵なうどん、ゆで立てで頂きます。カレーつけ汁は粘性強め、コダワリの千寿ねぎ、国産豚バラ肉、お揚げも入って、塩気は強いものの、ウマミは適度に抑え、理想形の完成度合い。



 食べる側としたらスープが冷めぬように、うどんは、熱いほうが似合っているので、あつもりを推奨。加えて、カレーは辛さはないので、1辛より2辛を推奨。麺量は少ないので、中盛が並、大盛りでもちょうどいいぐらい。ねぎもデフォーでは少ないので、ぜひ、ネギ増し(追加100円)が推奨です。とにかく、稀に見る麺の旨さとカレー汁とのマッチングが素晴らしく、激うまです!





CP=100 味=100 久々の満点満足です。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR