FC2ブログ

中国名菜 銀座アスター 新宿店

中国名菜 銀座アスター 新宿店
IMG_3696.jpg
 とうきょうで、まずは身近な中華ときたら、間違いなく銀座アスターでしょう。私的には渋谷・東急東横レストラン街にあったアスターが行きつけでしたが、残念ながら、今年4月、デパート自体が再開発の波で消滅しました。よって、今は、もっぱら新宿伊勢丹にある銀座アスターへ通うこととなります。アスターは、どこにでもあるように思えて、実は店舗によって、その味から受ける満足度合にもビミョーな格差があります。
IMG_3700.jpg
 広東炒面(牛肉とセロリの焼きそば) : 1980円(税込)
☆☆☆☆ 

 アスターでいつも頼んでしまう的なものは、ひとぞれぞれ違うハズ。自分なら、決まって焼きそばです。わけても、このスペックはヤバい。セロリ好きにはおススメで、タケノコ、椎茸、この3種のみというシンプルさがウリです。五目焼きそばにありがちな具材が多種多様、どれもが主張するあまり、あんかけ特有の、もたもたした、まごつき感が生じるものなんですが、セロリ焼きそばには渋滞なく、スルッとした仕上がり。オイスターソースと醤油でしつこくない程度に日本人好みに仕上がってきます。

 主役となる細い中華麺は調理前に、揚げたもの、焼いたもの2タイプが事前に指定できます。もちろん好みは、よく焼き上げたタイプでお願いします。全部揚げるほどにはバリバリ成り過ぎず、パリッとした焦げ目と、ゆるゆるでシナシナになった分とが、ちょうど仲良くハーフ&ハーフみたいな食感になって、それはもう絶品であります。お試しあれ。

  什錦小拌盆 (一口前菜4種盛り合わせ) : 1430円(税込)
☆☆☆☆

 サイドメニューだと値は少々張りますが、セントラルキッチンではなく、ちゃんと狭い調理場で愛情込めて調理している(であろう)感が伝わってきます。質的には万全で手抜きなしです。焼き物(叉焼)も旨いし、くらげ、有頭海老マヨ、白切鶏、すべて味付けが繊細で美味しいです。催事時などの、長い行列待ちさえ回避できたら、伊勢丹アスターは優良店です。

* セロリ焼きそば :
CP=90 味=90
IMG_3702.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

三軒茶屋 湖南菜 香辣里(シャンラーリー)

三軒茶屋 湖南菜 香辣里(シャンラーリー)
IMG_3069.jpg
中華を身体が欲している際に、決まって訪れるのが、三軒茶屋GEMSにある、湖南菜 香辣里(シャンラーリー)。此処でしか味わえないガチの中華・郷土料理のテイストがあります。こちらではランチだけでも、かなりの種類を食べ進んでいますが、まだまだアプローチできていない未知数な組み合わせもあって、出会うたびに、ワクワクさせてくれます。

* 三軒茶屋GEMS 7階
11:30~14:30(平日ランチ)土日祝=12:00~
18:00~23:00
IMG_3066.jpg
金湯牛杂 :  :1500円(税抜)単品
☆☆☆☆★

 定番ランチはアイテムが固定化されてきているようで、今回は冒険して、グランドメニューから単品注文。たぶん好評な逸品、金湯牛杂(牛ハチノスの金湯スープレモングラス風味)です。細かく切った牛ハチノスを青唐辛子と鶏出汁に溶いたカボチャスープを加えて、豆もやし、エノキなどで軽く煮込んだもの。

 木姜子(ムージャンズ)と呼ばれるアオモジ(山蒼子・クスノキ科)の実から抽出した木姜油(オイル=精油)を風味付けとして使っており、これがレモングラス同様の独特な芳香成分があるため、青唐辛子の激烈な辛さと相俟って、今まで味わったことのない不思議な香味となっています。これを蒸香米飯(蒸し上げた白米)(300円)に、ぶっかけながら喰います。レモンやレモングラス好きにはタマラナイ刺激です。


CP=90 味=95
IMG_3068.jpg

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

六本木樓外樓飯店 新宿店

六本木樓外樓飯店 新宿店
IMG_2986.jpg
かつて赤坂にあった樓外樓飯店が閉店してしまってから、資本系列こそ違いますが、もっぱら、こちら 新宿小田急ハルクにあります六本木樓外樓飯店 新宿店にて食べることが多い。いつ行っても適度に空いているのが狙い目な店。
IMG_2984.jpg
海老雲吞麺(塩味) :  1430円(税込)
☆☆☆★

 ランチ時は麺セットという料金体系で、デザートにココナッツ風味で美味しい杏仁豆腐が付く。巷に跋扈する広州市場とかいう化調と塩分過多に侵されたような惨めなワンタンメンではなく、香港式でもなく、限りなく無味に近い清湯スープに、多めの青菜、多めで絡まった柔らかな中華細麺が、あっさり味で物足りなくも思うが、これがいいのである。海老だけの餡で調整された本格派の海老雲吞も数多く投入されていて、ことのほか満足度合は高め。

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

松原  広東料理 世田谷火龍園

松原 広東料理 世田谷火龍園
IMG_2548.jpg
 世田谷線沿いで松原駅と山下駅のちょうど中間ぐらい、梅ヶ丘駅から伸びた赤堤通りが踏切でクロスするところにある、2001年オープンした広東料理・世田谷・火龍園。赤坂・離宮で周富徳の片腕だった唐シェフの独立店で、2007年、六本木東京ミッドタウン開業とともに姉妹店SILIN火龍園を出店し、主力が移ったのか、こちらはかつてのような精彩に欠け、広々しては居るものの内装共にくたびれ感が否めない。

 主力メニューから察するに限りなく、まち中華に近いけれど、お値段は高級路線、モダンな粤菜(廣東菜)にしては物足りない内容。家族ベースの会食や敬老会など使い勝手が限られる。現在はテイクアウトのほかウーバーイーツも可動、嬉しいことに近隣への配達は時間制限無しで自前(つまり出前)でも行っています。(2020年5月6日まで予定)。

* 世田谷区赤堤2-11-14 火曜定休
11:30~14:30(ランチ)
17:00~21:00 
IMG_2533.jpg
 プリフィクスメニュー : 4279円(税込)
☆☆☆★

 こちらはランチとしたら、かなりガッツリなコース仕立て。内容はともかくもボリュームはあります。前菜、スープ、主菜料理=3品、麺または広東粥、デザートとなっており、それぞれから選択可能です。

 前菜 : 火龍三併盆、、広東前菜といえば焼味。自家製窯焼き(明炉)叉焼(大豆煮豆添え)、くらげの冷菜、美味白切鶏(冷製・蒸し鶏ネギソース)。これらはボリュームもあって質も高め。同發なんぞ行かなくとも美味しい焼味が喰えます。
IMG_2535.jpg
スープ : 蛋花湯、、トマト入り卵スープ。あっさり味、ふつう。総じて値段が高めで、あっさりした後味なのは、無化調だから。

主菜1(炒め物) : XO時菜双鮮、、海鮮2種(ホタテとイカ)のXO醤炒め、サラダ添え。(プラス540円)
IMG_2538.jpg
主菜2(蒸しもの) : 清蒸魚球、、、香港スタイル、スズキのあっさり蒸し、醤油味。(プラス340円)、ランチ仕様・切り身ではありますが、鮮魚の白身魚が醤油ベースで味わえます。
IMG_2541.jpg
酢豚 : 鎮江古老肉、黒酢風味。甘酢も指定できますが、やはり黒酢で。ヤマトイモ、パプリカ、ズッキーニ。
IMG_2542.jpg
本日のつゆそば : 紫菜湯麺、、、醤油ベースの香港麺、あおさ入りつゆそば。
IMG_2545.jpg
デザート&中国茶 : 芒果布丁、、マンゴープリン、ティーバックのお茶は粉茶でマズイ。

* ランチコース :
CP=85((悪い) 味=85
前菜=◎ スープ=▼ 主菜1=△ 主菜2=◎ 主菜3=△ 麺=〇 デザート=△ 中国茶=×
IMG_2547.jpg

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

広東名菜 赤坂璃宮 赤坂本店

広東名菜 赤坂璃宮 赤坂本店
IMG_2410.jpg
かつて盟友・周富徳ともに浅草橋ヤング洋品店のテレビ出演など、お茶の間をにぎわせた譚彦彬さんが、放棄されたままの銘店・璃宮を引き継いで赤坂璃宮として1996年独立オープンした。現在は赤坂BIZタワー内に収まってあるのが、こちらの本店、そして、むしろ本店格である交詢ビルにあるのが銀座店2店舗体制です。

* 年末年始休
11:30~14:30(ランチ)
17:00~21:00
IMG_2398.jpg
 平日ランチ・桂林 : 3500円(税別)
☆☆☆☆

  高級中華というイメージが先行してあるものの、平日ランチや単品の注文も可能で、その質的なレベルを考えるとなかなか使い勝手が良いとさえ思える。麺・ご飯セット、もしくは平日の桂林コース、平日飲茶セットがコスパでは、的を得た部類。

① 焼き物入り前菜3種盛り合わせ、一口サイズですが味的には良好。
② シラウオと季節野菜のトウチー炒め、、、、春の季節に相応しい、白魚のフリット、細かく刻まれた野菜とトウチ―の炒め。あっさり味。
IMG_2400.jpg
③ ホタテ乗せ蒸し餃子 : 単品注文=300円。
点心類は美味しいので、そのつど目ぼしいものを頼むと味の好みと相性が知れる。
IMG_2402.jpg
④  アボカドと海鮮入りスープ : グリーンなのがアボカドを使ったすり流し、それに白身魚が入る。
IMG_2404.jpg
⑤ 豆腐と豚肉の海老味噌蒸し、、ボリュームこそ少な目ながら味付けは美味い、辛み効いてます。
IMG_2406.jpg
⑥ アサリ入りオイスターソースチャーハン : 鳳城韮菜炒飯=譚さん自慢の定番料理のひとつ、美味しい!のひと言。チャーハンは、しっとり系だか何だか知らぬが、それは単に火力が弱くて技術が足りないだけの町中華だから、パラパラ系も米質が悪かったり、作り置きを炒め直しただけだから、これはそんなのとは少々違います。米質がよい(富山県産・花キラリ使用)、ふっくらとして、あっさり系、しっとりして、しかもサラッとべたつかない、鉄鍋の中で上手に米が蒸されるような状態で仕上がっていると思われます。だから、さらっとして、ふわっとしっとり、すべて兼ね備えています。
IMG_2408.jpg
⑦ デザート : マンゴープリン、美味い!
提供されたのは、水仙と思しき烏龍茶、なかなか質高い。

* ランチ :
CP=90 味=90
IMG_2409.jpg

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR