FC2ブログ

中井駅前商店街 中東料理&アラビアンスイーツ シュクラン中井

中東料理&アラビアンスイーツ シュクラン中井
2020年オープン、レバノン人シェフの店

IMG_3586.jpg
 大江戸線中井駅から西武新宿線中井駅へと歩く小道の途中、商店街の一角、神田川手前に、2020年7月にオープンしたばかりなのが、東地中海・中東料理&アラビアンスイーツ専門店を掲げた、シュクラン中井。20年キャリアだというレバノン人シェフはオマーン大使館などアラブ各国の駐日大使館等で腕を振るってきたプロの料理人です。レバノン人スタッフともに日本語もOK.です。アラブ菓子を多数店先で販売していたり、時節柄、テイクアウトも可能みたいですが、1階&2階ではイートインで本場仕様と思しきレバノン料理やアラブ料理が気軽に食べれます。店名となっているシュクランとはアラビア語で、ありがとう。

* 新宿区上落合2-18-10 水曜定休
11:00~17:00(ランチサービスあり)
17:00~23:00
IMG_3603.jpg
 クフタコース(ディナー) : 4000円(税込)
☆☆☆☆ さすがに料理人の味、美味しい!

 ランチ時ではメインとなる定番料理を手軽にセットで味わえますし、ディナー時にも品数増やした各食が味わえます。いかんせん、この手のジャンルに有り勝ちなのは日本人にとって、どの料理も同じような味付けに感じると思います。前菜、、メゼ、、中東料理ではお馴染み、ホンモス(ひよこ豆とタヒー二ペースト、レモンとオリーブオイルの配合が絶妙でかなり美味しい。)ホンモスはピタパン(これはポケットがないタイプだったけれど)とファラフェルなど挟んで食べたりもします。

 3種盛りは、ラグビーボールみたいなクッペ、アラブ風春巻きみたいなサンブーサ、そしてファラフェル。揚げ過ぎな感もありますが、スナック感覚の揚げ物。
IMG_3599.jpg
 スープ : リサーン・アルクウスフール、トマト味、リゾーニ(小さな米みたいなショートパスタ)入り。
 サラダ : タブーレ、、キュウリ、トマト、オリーブなどにザクロソースが絡んで美味しい。
IMG_3607.jpg
 メイン : シシクフタはラム挽き肉を串に刺して焼いたもので、肉塊ならシシカバブ。本物のサフランで炊いたバスマティライス!美味い!こうやって羊肉を食べながら味わうとマトンプロフみたいなテイスト。
 デザート : アラブコーヒー、バクラーク(パイ)。

* 
CP=90 味=90
IMG_3611.jpg
IMG_3604.jpg
スポンサーサイト



テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

ロシア料理レストラン ゴドノフ東京 丸の内店

ロシア料理レストラン ゴドノフ東京 丸の内店
IMG_1249.jpg
モスクワでは有名だという老舗レストラン、ゴドノフ、その名を冠した初上陸店が、東京駅・丸ビルに昨年、館内リニューアルと同時にオープンしました。運営はビアホールなどをいくつも手掛ける飲食大手、ザートグループで現地モスクワから手ほどきを受けた日本人シェフがゴドノフの伝統に沿うべく調理を監修しています。席数は多めですが、事前予約組も多く、一見さんの扱いは少々冷たいあしらい(笑)。

* 丸ビル5階 無休
11:00~14:30(ランチ)
15:00~17:00(ティータイム)
~22:30(ディナータイム)
IMG_1225.jpg
クラシカル・ストロガノフ(平日ランチ仕様) : 1450円(税別)
☆☆☆☆

 オープン早々、正午前なら、平日ランチは狙い目です。ガルプツィ(焼きロールキャベツ)もあるなか、やはり王道のビーフストロガノフを所望。セットには、スープとパン(ライス)に飲み物が付きます。スープは追加料金、300円で、定番のボルシチが味わえます。

 ボルシチ : ☆☆☆☆
このハッとさせられるぐらいに鮮やかな深紅の色合いこそがスビョークラ(ベトラーブ/ビーツ)の真骨頂。店ごとにビミョーに味が違うので家庭料理だと思っても侮れません。もちろんビーツが主役ですが、スープの決め手は、スメタナなんです。サワークリームで代用している場合も多々ありますが、確実に風味が別種のもので生クリームを乳酸発酵させたもの、こちらは酸味も程よいアクセントとなる自家製。味変用として別容器に容れられてきます。 
IMG_1228.jpg
クラシカル・ビーフストロガノフ : ☆☆☆☆
洋食屋さんのビーフなんちゃら、、とは違う繊細な味わいです。ストロガノフ伯爵がゲームに興じている間、敢えてナイフを使わずとも、そのまま食べれるようにあらかじめ細切りした牛肉が入っている、そんな伝説のもとに育まれたクラシカルなストロガノフ。肉も薄いやつではなく、もちろん厚みあります。濃厚なしつこさとは無縁のクリーミーさ、なかなか絶品ではないでしょうか?ロシア料理は勘所を押えているといないのとでは、かなり違ってくるものなので、こちらの一品は攻めています。黒パンは指定したものの、ミスチョイスで、少々、加熱しすぎてパリパリになってご愛敬でした。このゴドノフは、なかなかイケています。


CP=100 味=85
IMG_1229.jpg
IMG_1223.jpg

テーマ : おいしいお店
ジャンル : グルメ

銀座 ロシア料理 ロゴスキー

銀座 ロシア料理 ロゴスキー
IMG_0373.jpg
 露西亜料理紹介の功労者、渋谷ロゴスキー、昔を知る者にとっては、なんともなつかしい響きです。かつて渋谷東急プラザでビル開業当初から閉館まで長いこと愛された、日本で最初のロシア料理レストラン。創業者は長尾さんと言う満州からの引揚げ日本人夫妻、とくに奥様が初代料理長として尽力され、戦後まもなく渋谷南口の闇市あとにできたであろう大和田・駅前マーケットで、昭和26年に創業。其の後、再開発と同時に東急プラザへと招聘され、平成時の渋谷再開発で閉館したのち、今度は2015年銀座・イグジットメルサ新装に伴って移転再開を果たすこととなります。
* 銀座イグジットメルサ 7階 無休
11:00~15:00(ランチ・平日メニュー限定もあり)
~22:30
IMG_0352.jpg
 カチューシャ・ランチコース : 2800円(税抜)
☆☆☆☆

ランチ&ディナーともに出される内容の違いによって、細かく数パターンあり、とくに単品だけ所望する場合なら、ランチはお得です。こちらは基本ラインで、前菜とサラダ盛り合わせ、ピロシキ、ボルシチ、メイン(魚か肉を選択)、デザート、飲み物(ロシア紅茶か珈琲)。ロゴスカヤコース(3500円)では、これにキノコのつぼ焼きが加わります。

 ザクースカ(前菜盛り合わせ&サラダ) : とくに食材以外、ロシアらしさは感じられませんが、値段が高ければ、ニシンの酢漬け、キャビアなども混ざってワインやウォッカをあおるという構図になりそうです。茄子を使ったコーカサス風サラダ=パ・カフカスキー、ビーツのサラダ、ケタ―と呼ばれるスモークサーモンや自家製ライ麦パン(黒パン)が美味しい。 
IMG_0353.jpg
ピロシキ : 世田谷・上町・松ヶ丘交番前にはロゴスキー・セントラルキッチンがあって、昨年まではピロシキを直売・小売りしておりました。3種類あって、シンプルな挽き肉、野菜、玉子と挽き肉があり好みのタイプが選べます。具材含め、あっさり系。
IMG_0355.jpg
ウクライナ 風ボルシチ : 大き目の野菜と肉がゴロッと入った=ロゴスキーオリジナルのいなか風と題されたボルシチ(100円プラス)と細切り野菜という本来的なロシア本場のボルシチが選べます。肉のウマミ、ハーブ使い、抜けのよさ、含め、かなりの良品。美味しいです。
IMG_0359.jpg
 メイン : ラムチョップ、専用熟成庫にて熟成させた仔羊の骨付きステーキ。肉質はやわらかく、脂分が多め。肉よりも特筆すべきは、付け合わせであるピクルスが美味い事。これは家庭的な味わいながら、かなり上質なもので、味の基本は長らく変えずに守られている風で嬉しい。ロゴスキーのよさを再確認する。

 デザート : キセーリ、洋ナシのゼリー、ヨーグルト、自家製イチゴジャム、フローズンベリー含めたカクテル風パフェ仕立て。ロシア風紅茶は、こちらの創業者のネーミング、創案になるものらしく、現地でもしばしばジャムを入れて飲んでいる風習はあるそうです。
* ランチコース :
CP=100 味=85
メモ : 浅草辺りのなんちゃってロシア料理屋とくらべて質が高いし、一品が美味しい。ちなみに同じくハルピンからの引き揚げで1957年に開業したスンガリーは、加藤登紀子の両親が経営し現在も西新宿で営業しています。
IMG_0364.jpg

テーマ : 東京のグルメ
ジャンル : グルメ

代々木八幡 スペイン料理 アルドアック

代々木八幡 スペイン料理 アルドアック
IMG_0243.jpg
代々木八幡駅から山手通りのアンダーパスを潜り抜けて、上原水道通り商店街沿い、富ヶ谷図書館前にあるビルの2階、隠れ家的スタンスの予約制、スペインレストラン アルドアック。カウンター8席のみ、かつて渋谷・サン・イシドロにて長年シェフとして勤めた、酒井さんの独立店です。
* 渋谷区上原1-1-20 2階 水曜定休
12:00~13:00(ランチは土日のみ)
18:00~21:30(ディナー)昼夜ともに完全予約制です。
IMG_0244.jpg
ランチコース : 3880円(税込)
☆☆☆☆★

 ワインも豊富に揃っていますが、スタンスはスペインバルとしてではなく、昼夜共にスペイン料理をきちんとコースのみで食べさせてくれる料理人が作る専門店です。夜は、郷土料理っぽい伝統的なものを踏まえたなかで3か月ごと内容が変化する5000円コースと、モダンな創作的要素も取り混ぜた=7500円2コース。ランチは、その都度、伝統とモダン双方兼ね合わせた、タパス3品、メインが米料理(パエリア)、甘いデザートもしくはチーズと飲み物となっています。
前菜その1 : アホブランコ!暑い夏の定番、アンダルシアの白いガスパチョ、冷製スープで、ニンニク(アホ)とマルコナ(スペイン産アーモンド)で作ります。ブランコは白いという意味で、トマトが入らないガスパチョ。茗荷、フェンネル、いわしも乗っています。
IMG_0248.jpg
前菜その2 : スペインではお馴染みのイカ墨ソースを使った一品。白イカと凍らせたイチジク果実を薄くスライス、 スモークオリーブオイルとイカ墨、生ミント葉っぱを混ぜて頂きます。美味この上なし!

前菜その3 : これはメインと呼んでもイイぐらいのボリューム。山形県産(平田牧場)金華豚・肩ロースを葡萄の葉っぱで薫焙しながら直火でローストし、オーブンに入れても加熱。仕上げは、スペイン産ブルーチーズのソース!
IMG_0250.jpg
メイン(米料理) : シーフードパエリア、海老、イカ等、サフランとトマト、米は国産あきたこまち仕様。なお、イカ墨パエリアでスペイン産米を使用する以外は国産米だそうです。傍らに盛られ添えられた白いのはアリオリソース、マヨネーズみたいなものでスペインでは端っから混ぜた状態で提供されて来ることが多いそうで、コクが増してシツコイ味となります。味変用ディップです。
デザート(甘味) : ベイクドチーズケーキ、シナモン風味。飲み物はエスプレッソ・ダブル。
* ランチ :
CP=100 味=90
IMG_0256.jpg
IMG_0257.jpg

テーマ : 東京のグルメ
ジャンル : グルメ

スペイン料理 びいどろ 銀座三越店

スペイン料理 びいどろ 銀座三越店

 銀座三越新館11階、今年6月に新規出店したばかり、老舗・スペイン料理 VIDRIO(びいどろ)さん。スペイン坂の謂れともなった渋谷本店には学生時代に、よく通った思い出の集大成(笑)があります。その創業が1977年で、経営母体は聚楽グループで、あの万座温泉ホテル聚楽開業と同じ頃です。



* 11:00~14:00(ランチ)

~23:00 年中無休

 平日パエリアランチセット : 2000円(税別)

☆☆☆★



 タパス5点盛り合わせ(定番ボケロネス!スペイン産イワシ酢漬け、ポテトサラダ、獅子唐フリット、スペインサラミとチョリソー2種、人参と干しブドウ・キャロットラぺ。)、パエリア(魚介、イカ墨、バレンシア、おすすめから選べます)、ドリンク、デザート(チュロス、シャーベット、本日のデザートから選べます。)

 フィデワ・デ・ガンディア : プラス800円

☆☆☆★



 個人的にはイタリアンモードなのでパエリアよりはパスタ(フィデオ)を魚介で炊いたフィデワが好物なのです。こちらの店、2018&2019年フィデワ・インターナショナルコンクール優勝と掲げられていましたので、その受賞作と謳った、こちらを注文。1人前なのでボリュームは貧相ですが、海老、手長海老、アンコウが入っています。魚介の鮮度もウマミもバツグンでした。ランチならお値打ちですね。



*  粋なサービス : フランス製カトラリーメイカーであるライヨールのカラフルなスプーン、パエリア注文した方には、この好きなカラーリングのスプーンを選べるというサービス付きです。





現在は銀座5丁目店、吉祥寺、西武池袋にも支店があります。姉妹店はスペインバル・エルチャテオ。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR