FC2ブログ

(休業)滝野川 御代の台仲通り うなぎ うな和 

滝野川 御代の台仲通り うなぎ うな和

* 2020年休業中、おそらくは店仕舞かと思われます。
 滝野川と言えば、皆さんは何を思い浮かべますか?テルマエロマエで脚光を浴び、昔ながらの銭湯として代表格となった稲荷湯、あるいは亀の子たわしを世に送り出した元祖=亀の子束子西尾商店でしょうか?そんなか昭和の残照をもとめ、滝野川の細い商店街を歩きます。17号線沿いで都営三田線・西巣鴨駅と新板橋駅のちょうど中程に、御代の台仲通りと掲げられた、小さな商店街が旧中山道まで続いております。



 戦後まもなく、中山道(新道)には路面電車が通っており、その頃の電停が御代ノ台(みよのだい)だったそうで、その名残が、こうして賑やかなりし頃の商店街に残っておりました。その後、滝野川五丁目と電停は名を変え、市電廃止と共に賑やかさは衰退し、今や櫛の歯が欠けたように仕舞屋ばかりに成り変っていくこととなります。



 そんな御代の台仲通りに店を構えるのが、昭和44年オープンで、来年には50周年を迎える、うなぎ うな和さん。これまで夫唱婦随での営業でしたが初春に奥様を亡くされて、今はオヤジさん、おひとりで店を守り頑張って営業されています、シブい鰻専門店です。メニューは鰻重のみ。



* 北区滝野川6-53-1 水曜定休

11:30~18:00

 鰻重(松) : 3500円(税込)

☆☆☆★  店の雰囲気共にイイ味出してます。



 注文が入ると蒸し器に入れ、その後、ガス台にて焼き上げます。鰻は原価高騰の折、値上げされました。それでも、この九州・鹿児島県産、250g超強、4Pクラスで、この値段にはビックリ。1尾が松重、半身が竹重(2000円)、梅重(1800円)という3段階、肝吸い付。今年食べてきたなかで、いちばん目方が大きいビックなやつでした。身厚めで、ぷりっつぷりな食感。タレは辛口、シャバシャバ系。やっぱり鰻本体は目方が重く、蒲焼にしても分厚く収まってなけりゃ駄目ですものね。素晴らしい!





CP=100 味=85

 肝吸 :あまりにもビジュアルがキマっていて素敵だったので、思わず、個別に接写してしまったほどの美しさにしばし見とれました。見事に大ぶりの肝、肉厚な生椎茸、みつば、柚子の欠片、吸い地は化調っぽかったけれど、イイ趣きで満足。

続きを読む

スポンサーサイト



新宿 うなぎ 双葉@西口京王モール店

新宿 うなぎ 双葉@西口京王モール

* 2018年で小田急店ともに閉店です。


 おそらく多分、子どもの頃から馴れ親しんできた、うなぎの味と言えば、地下街のここでしょう、京王線新宿駅地下に拡がった京王モール、飲食店が並ぶ中に昔っから変わらずあるのが共に開業50年余りになろうかという、カレーのイレブンイマサと隣にある=うなぎ双葉さん。新宿・小田急百貨店内にも支店があります。年中無休の有り難いスタンス。まわりのせせこましい喧噪や雑踏の中にあって席に付けば、ホッと落ち着ける和空間。



* 無休

10:30~21:20

 鰻丼(竹) : 3300円(税込) 1尾付け

☆☆☆★ 侮れないこの品質。



 鰻丼も持ち帰りもランチも夜もグレードと値段は同じ。国産鰻使用で、基本は半身カウント=お手軽丼(2060円)、半身1枚半=鰻丼(梅=2580円)、半身2枚=1尾付け=竹(3300円)、半身2枚半=松(3910円)、半身3枚=双葉(4700円)となってます。駅ナカのような環境なれど、落ち着いた店内、丁寧な仕事、オガ炭ではなく紀州備長井炭使用で焼き上げ、要所要所押えて基本に忠実できちんとした内容。



 肝吸はプラス165円で、かつお出汁効いたあっさりした吸い地、吸い口は毬麩、うどに木の芽添えた感じ。お新香も沢庵と刻みの生姜入りで口直し。小鉢にシラスときゅうりの酢の物。鰻は値段からすると薄ペラくて貧相(小ぶり仕様)で、1本付けでは満足度合いに乏しい。ご飯自体はウマい。





CP=80 味=80

ボリューム等考えれば、

必ずしもCPは良くもないが駅地下で利便性あり。

メモ : 町田うなぎ双葉は別経営。

大坂・阿倍野筋にある双葉との関連性は不明であるが情報求む。

続きを読む

(閉店)鳥越 蒲焼 伊豆菊

台東・鳥越 蒲焼 伊豆菊

* 2017年閉店しています。

同地は別店舗=備長うな昌に改装開店されております。


(以下 : 閉店前の記事です) :  どの駅からも程なく遠い、だからと言って不便というわけでもない、そんな場所にあるのが"蒲焼 伊豆菊"さん。もっとも近い最寄りの駅が新御徒町駅で清洲橋通りをしばらく南下して蔵前橋通りとクロスした鳥越1丁目交差点近くに建つ、イトーピア清洲橋通ビル一階に面して店があります。



 かつて、この地には戦災すら免れた洋風六軒長屋(~1987年まで)があって、その左端っこに位置したのが、こちらの鰻屋さんでした。今は建て替えられて立派なビルに成り収まっています。こちらで生まれ育った家付き娘である大女将は今もご健在で、ちゃきちゃきの江戸っ子ぶりを発揮しています。屋号から察せられるように上野・伊豆榮から初代が独立して、現在は3代目健在で4代目も、その歴史は、優に百年は超えるという老舗稼業。



* 台東区台東1-38-9 土日祝休

 鰻重(特) : 3150円(税込)

☆☆☆☆



 お昼時には親子丼など廉価のランチメニューなどありますが鰻を食べに来たのだから、王道は定番=上鰻重(2630円)で充分な1本付けとなります。もちろんおススメは、もっとも重い目方1本付けで、しかも、もう半身入った特上に迷うことなくロックオンしましょう。焼きは炭でなく電気仕様。ご飯は、やや柔らか目、大盛り自由。



 タレはやや辛めながら上品で丁寧な仕上がり。ぷりっぷりな肉厚でとても食べ応えある一品。肝吸はあっさり、小さな肝入り、お麩、ネギとシンプル。下町の鰻屋さんといった風情で、店先にはアジア系店員さんだけなので心もとない感じですが、焼き場を覗けば、ご家族と、奥に鎮座した=とりわけ生き字引な大女将との会話は楽しいものです。

* 鰻重特の評価 :

CP=100  味=85

肝吸=×(冷めていた) ご飯=×

蒲焼=◎  お新香=△



* 肝焼き(2串)=750円(税込)=イマイチ。

続きを読む

(閉店) 用賀東口 うな茂

用賀東口 うな茂(うなも)

* 2015年末にて閉店しました。


 東急田園都市線・用賀駅東口出てすぐ、旧大山街道沿いに伸びた用賀商店街の入り口付近にある、オープンして10年ぐらい、地元で愛される庶民派のうなぎ屋さん、うな茂(うなも)。浅草や日本橋界隈には老舗の暖簾に胡坐をかく店は多々あれど、こういう良心的なお店の存在は、ほんとうに有り難い。



* 世田谷区用賀4-11-5 月曜休

11:00~21:00(ランチメニューもあり)

 うな重(松) : 3000円(税込)

☆☆☆★



 国産ウナギ使用。この日は、愛知県三河一色。その日の入荷した鰻によって見かけの大きさなどは推移します。ガス焼きですが、辛めのタレを何度も付け、表面をパリッと焼き入れて、ふっくらと仕上がった鰻身は、お重いっぱいに広がります。



 イマドキ真面目なお店で、分厚い国産鰻身が、1尾入って、このお値段には、しびれる。きゅうりの香の物と、妙に薄味の肝吸い(お麩、かまぼこ&三つ葉入り)が付く。うな丼ダブル=2300円、うな重(竹)=2500円でも、かなりCP良い。

 肝焼き : 1串=300円

☆☆☆★



 美味しい!ぎっしりと旨味が詰まった1本。蒸し器でよく蒸されたのちに焼きを入れる。

**

CP=100 味=80

メモ : 以前、こちらで店主だった方が2008年当時、独立されたのが五反田よね山です。

続きを読む

(閉店)うなぎ 天ぷら 割烹 ます田@吉祥寺末広通り

うなぎ 天ぷら 割烹 ます田@吉祥寺

末広通りにあって創業29年になる専門店

* 2016年9月で閉店。


 吉祥寺の重鎮的風格 : 吉祥寺近辺には、これといった鰻屋さんがない土地柄の中、唯一、古くからの贔屓筋を持ってるのが、ます田さん。前進座劇場も今年で閉館したなか、末広通りの外れというか井ノ頭通りへと近づくところに重厚に構えて会食やらで使われる小料理屋・割烹風。こちらの親類筋が、その昔、吉祥寺駅前、末広通りの入口で、”しまむら”という屋号の鰻屋さんを営んでおり、当時、吉祥寺南町2丁目に住んでいた文学者・埴谷雄高さんが御贔屓だったそうです。当ご主人も、その、”しまむら”で修行した後、現在、こちらで独立されて長いのです。



* 武蔵野市吉祥寺南町2-25-10 水・木・定休

12:00~14:00

17:00~20:00

 うな重 : 松=4100円

☆☆☆ (2013年4月改訂)



 う~んビミョーに高くなってます。ちなみに、特=3600円、上=3000、うな丼=2500円。値段によって鰻自体の目方が重くなります。備長炭仕様、この日は九州産鰻。職人肌というべきか、オヤジさんは昔ながらの仕事をきっちりと、そつなくこなし、端正な姿に仕上がった上品な蒲焼が食べれます。串打ち5本仕様です。



 ご主人は一見するとコワモテですが、現在は御夫婦だけでのんびり営業されていて、出前配達もなく、とってもアットホームな寛げるお店です。なお、こちらの御子息(息子)さんは盲目のシンガ=&バイオリニストの”増田太郎”さんです。



 重箱が、けっこう大きめなので、ご飯含めてたっぷり目です。お新香の量が種類ともに多いです。肝吸いはエノキと椎茸が入った豪華版で、三つ葉、ユズも入ってなかなか美味しい。



**

CP=80 味=80

肝吸い=◎ お新香=◎ お店広々。家庭的接客。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR