FC2ブログ

新宿タカシマヤ サロン・ド・テ・ミュゼ イマダミナコ

新宿タカシマヤ サロン・ド・テ・ミュゼ イマダミナコ
IMG_3764.jpg
 毎秋恒例となりました、モンブラン巡礼。この季節になれば、食べたくなりますのが栗!わけてもモンブランは大好物であります。こちらは、新宿タカシマヤ4階、高級な婦人服売り場を抜けた奥に構える、2009年オープンした新宿タカシマヤ サロン・ド・テ・ミュゼ イマダミナコ。洋菓子系統は臆面もなくフルネーム使いが多いとはいえ、なんとまぁ長ったらしい、今田美奈子さんの格式高きティーサロンでありまして、この新宿の喧噪からしたら、まさに別天地の隠れ家なのです。

* 10:00~20:00
IMG_3767.jpg
 モンブラン&紅茶セット : 1870円(税込)
☆☆☆☆★ 素晴らしい!魅惑のメレンゲ。

 灯台下暗しといいましょうか、身近なところにありながら、マダム御用達&お姫様系なので、これまでノーマークでした。しかしまことに麗しきモンブランがありました。モンブランとしては素材の栗ばかりに眼差しが注がれるものですが、実は生クリーム&マロンペーストたちと三位一体となったメレンゲの気持ちこそ感じて欲しいものなのです。

 こちらは上に鎮座します棒状メレンゲもさることながら、ベースとなって下支えする台座自体も超絶なほど柔らかく繊細です。よく、台座の硬いメレンゲにナイフが巧く入らずに皿をガチャガチャさせちゃうみたいな、そんな心配させぬほどにエアリーなのです。いやぁ~もう素敵です。伺えば、今回、熊本県産の栗を使っているそうで、オーダーが入ってから、そのつど絞ってくれます。ちなみにモンブランは通年メニューです。


CP=90 味=95
IMG_3765.jpg
スポンサーサイト



テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

新宿タカノフルーツパーラー 新宿地下鉄ビル店 

新宿タカノフルーツパーラー 新宿地下鉄ビル店
IMG_3112.jpg
コロナ自粛が解けてから、一時的に人が戻りつつあったように見えた新宿界隈ですが、このところのエピセンター=新宿という風評被害もあってか、地下道含め、往来する人の波も途絶えて閑散としています。新宿駅の東西をつなぐ地下通路が完成となったものの、行きかう人も疎らだというのは寂しいかぎりです。

桃のポンチ : 1540円(税込)
☆☆☆ 7~8月期間限定

 いよいよ始まりました桃フェアー。山梨県産の柔らかな桃を使ったフルーツポンチです。中華の食後に出される杏仁豆腐を豪華にした雰囲気。桃の果肉、アイス、杏仁豆腐、ゼリーなど。暑いこの時季、見た目の涼しさ加減もGOODです。 
IMG_3107.jpg

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

経堂すずらん通り フルーツパーラー ICHIMAN

経堂すずらん通り フルーツパーラー ICHIMAN
IMG_2967.jpg
  ご存じ、経堂すずらん通り中ほどにある、ロールケーキが評判のフルーツパーラー ICHIMAN。店名の由来は、いち・ご、マン・ゴーに特化した品揃えから。残念ながら好物の桃は、まだ季節に届かず、従って、今頃の梅雨時からは主力となるマンゴーと王道メロンの誘惑を、どう押えて、タイミングに沿った季節限定品にトライすべきか悩みどころです。

* 世田谷区宮坂3-18-2 月曜定休
11:00~19:30
IMG_2971.jpg
さくらんぼパフェ : 1276円(税込)
☆☆☆★ 季節限定(6~7月)

 出回る期間が短い、旬の山形県産さくらんぼを使ったパフェです。さくらんぼばっかしでないところがセンス好いです。全体のバランスが整っています。

テーマ : くだもの大好き♪
ジャンル : グルメ

芦花公園駅北口前 アリマ洋菓子店

芦花公園駅北口前 アリマ洋菓子店
IMG_2578.jpg
 世田谷区内には、ケーキ店や洋菓子屋が、殊のほか多く存在しているのですが、だからといって安泰であるはずもなく、先日、明大前・リモージュが閉店してしまい、家族経営の店であれば、いつ無くなるのか分からないというのが令和という時代。

 一方で、こちらは、若き3代目が嬉々としてケーキ作りを継承する、地元で愛された、創業50年超え、愛すべき老舗洋菓子店、手作りケーキと喫茶室 アリマ。芦花公園駅北口改札を降りた先、駅前商店街への入口角地に位置した店でテイクアウトのほか、喫茶室も併設され、イートインも可能。旧甲州街道へと出た先には、オサレな、ルラシオンもあるなか、此処はひとつ、昭和な気分に浸ってみるのもイイだろう。

* 世田谷区南烏山3-3-1-16 水曜定休&臨時休業あり
10:00~18:00(喫茶)~19:00(販売)
IMG_2577.jpg
サバラン : 380円(税込)
☆☆☆★

 美味しいサバランを食べるシリーズ :  シブースト、モンブラン、ショートケーキ、、、ショーケースには昭和のラインナップが並ぶなか、こちらは、サバランも素敵だ。全体的オレンジ風味が強く、中身も詰まった感じ。値段からすれば、強力に豪華。そして、定番は、テレビでも紹介される、焼きたてをモットーにしてクリームをその場で詰めてくれる、芦花シュー!(1個160円)。クリームが濃厚で皮はサクッとしていて美味しい。

* メモ :
通常年は、4月下旬から9月まで、イートインでは、かき氷も数種あります。 
IMG_2574.jpg
IMG_2579.jpg

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : グルメ

松陰神社前 カステラ専門店 デ・カルネロ・カステ東京店

松陰神社前 カステラ専門店 デ・カルネロ・カステ東京店
三重県・津市に本店がある都内唯一の販売店

IMG_2265.jpg
 松陰神社前、駅前商店街にあって長年親しまれた、おでん種・さつま揚げ・惣菜や=おがわ屋さんが昨年春、突然閉店してしまい、非常にガッカリしたものです。やがて、その跡地に見慣れぬ新顔が登場、なぜか、三重県津市に本店を構え、大阪にしか支店がないという、カステラ専門店 デ・カルネロ・カステ東京店。美術系書店・ノストスブックスの真ん前という好位置。

* 世田谷区若林3-17-10 火水定休
11:00~18:00
IMG_2268.jpg
カステラ(個包装) : プレーン=240円、チョコ=280円(税抜)
☆☆☆  ばら売り、絵柄が選べます。

 (長崎)カステラしか食べたことがないので、その味と比べて、ふつうのかすてらを和風とするならば、こちらは完全なる洋風。プレーンは味に特徴があるわけでもなく、ある意味、ふつうに甘い(名古屋圏の味付け?)ふわっとしたカステラ。強いて言えば、ウリは、焼印デザインが可愛くって数パターンあるということ。パッケージなど外見にデザイン性があるため、子どもがいる家庭への手土産には喜ばれるでしょう。

 カステラになった消しゴムはんこみたいと思えば正解。プレーンは、ごくごくふつうだが、チョコは個性があって美味い。購入するなら迷わず、チョコをおススメ。ほかにスパイシーカステラとか、三重県の和紅茶なども販売されています。区民はパンやケーキ類に詳しく、味にうるさいので、あまり喰い付きがない模様。
IMG_2262.jpg
IMG_2263.jpg

テーマ : おやつ
ジャンル : グルメ

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR