FC2ブログ

下高井戸 やきとり 鳥たけ

下高井戸 やきとり 鳥たけ
鳥たけ弁当はパワーランチ!

IMG_2657.jpg
 下高井戸駅上りホームの真裏あたり、昭和信用金庫へと向かう小路沿いにあるのが、やきとり 鳥たけ。その名が示すように、渋谷南口にある鳥竹総本店と同じく、大串仕様で、たっぷり目の串焼き、首肉、とり肝、ハツに加えて鮮度感ある刺身など、地元では人気ある居酒屋さんです。

* 世田谷区松原3-29-22 日&祝休業
12:00~売り切れ仕舞(現時点では金土テイクアウトのみ)
IMG_2659.jpg
鳥たけ弁当 : 880円(税込)
☆☆☆★  限定数

 最強ランチの呼び声高い、鳥たけ弁当。なにせ、1本ごとの、やきとりがデカい。やきとり(ネギま)2串、串かつ、唐揚げ(手羽先揚げ)、御飯。ボリュームが少なめな、やきとり弁当(780円・やきとり2本、レバー1本)もあります。
IMG_2662.jpg
串焼き各種 : 180~200円

 皮、手羽先、団子(なんこつ入り)、とり肝(レバー)。好き嫌いもあるだろうが、首肉、なんこつ、つくね、ぼんじり、すな肝から、ささみまで豊富に取り揃えてあって店先でのテイクアウト可能。お惣菜の相場としては少々高めですが素材の鮮度感と大きさから値段相応となっています。鶏肉は、全般的に、やわらかい。手羽先、レバーがお勧め!
IMG_2663.jpg
スポンサーサイト



テーマ : テイクアウト・お持ち帰り
ジャンル : グルメ

名古屋コーチン 鳥しげ ルミネ荻窪店

名古屋コーチン 鳥しげ ルミネ荻窪店
IMG_2157.jpg
名古屋に本社をおく鶏肉卸会社=鳥重が直営する、純系・名古屋コーチンをウリにした鶏料理の居酒屋、鳥しげさん。どういう経緯か知りませんが、こちら荻窪駅ビルであるルミネ5階にあって、都内では唯一の出店となります。我が街、愛知を心ゆくまでご堪能くださいと謳った、愛知愛に溢れ、愛知県産へのこだわりをコンセプトにした荻窪にあっては奇特なテナントです。荻窪駅から雨に濡れずに行ける、ランチ時間が長い、並ばずに空いているなどの利点があり使い勝手は良いです。

* ルミネ荻窪5階
11:00~17:00(ランチ)
~22:00
IMG_2154.jpg
ハーフ&ハーフ きしめんと親子丼セット : 1300円(税込)
☆☆☆★

 3月からメニュー改訂があって、客層の大半を占めるジジババ仕様に合わせ、無くなったものもあれば、理にかなったものもあってなかなかの使い勝手。スタンスは、あくまで小食志向、ガッツリ系の用途ではありません。これまでは三河鶏の親子丼=並、名古屋コーチン=グレード高めバージョンみたいなアピールだったのが、平準化されて、親子丼はすべて名古屋コーチンとなりました!

 個人的には名古屋コーチンが素材として親子丼に特別向いているとも思えず、その原材料としてコストの高さと仕上がった味とのバランスが極めて不釣り合いなケースが世間的には多々見受けられるので、このような廉価で真っ当な勝負に出られたことは大歓迎です。ハーフサイズとはいえ、名古屋コーチン使用で旨み充分、もも肉と胸肉=両タイプが入って、それに生海苔みたいなのも加え、かなり甘く塩ッぱい味が名古屋テイストを感じさせます。GOOD!
IMG_2151.jpg
 きしめん : こちらは、鶏ダシ、ツユ甘めで、麺は正直、きしめんそのものというよりは、都内立ち食いスタンドでも供給されている、ふつうの柔らかな=ひもかわうどんタイプでした。ハーフとはいえ、多めの花ガツオ、太い蒲鉾、玉子焼きが入って、なかなかの満足感。これにお新香(すぐきみたい)、ミニサラダが付きます。一方でサイドメニューで、ニンニク生姜醤油味付きだという男前唐揚げ(2ケ=380円)を注文しましたが、これは揚げたてであったものの、全くの期待外れでした。ランチ需要は親子丼ありきの店みたいです。

* ランチ :
CP=95 味=80
IMG_2155.jpg

テーマ : 名古屋のおいしいお店
ジャンル : グルメ

水たき 玄海 新宿高島屋店

水たき 玄海 新宿高島屋店
IMG_1351.jpg 
新宿御苑前から程近い大通り沿いにある、水炊き専門店 玄海本店(創業89年)を訪れた際には一階に併設された、げんかい食堂にて、親子丼を食べ、たいへん満足度合いが高かったので今回は新宿タカシマヤタイムズスクエア14階にある支店で昼食。お座敷もありますが、テーブル席でも気軽に、福島県・伊達鶏を使った、水炊きが食せます。かつては東京でも珍しかった博多水炊き鍋も、鶏白湯ラーメンなどの普及によって、メジャーになってきました。

* ランチ : 11:00~16:00
~22:00
IMG_1344.jpg
水炊きセット : 3630円(税込)
☆☆☆★

 小鉢(自家製シュウマイ、きんぴらごぼう)、メインは、水炊き鍋、ご飯は、ミニ親子丼、土鍋雑炊、そぼろ丼のなかから選べます。鍋に関しては、追加料金にて温野菜が投入されますが、今回は青ネギのみ。甘味、お新香付き。値段からしますと、少々高すぎますが、スープの味はバツグンです。〆の玉子雑炊、これは格別です。

* ランチとして :
CP=70 味=85
IMG_1348.jpg
IMG_1350.jpg

テーマ : 季節の味わい
ジャンル : グルメ

ローストチキン専門店 六本木 ルコック

ローストチキン専門店 六本木 ルコック

 日比谷線六本木駅と大江戸線六本木駅との間に挟まれた六本木7丁目界隈は未だ手付かず、再開発されていない、ごちゃっとした下町っぽい住宅街が、クランクや行き止まり、細い路地、坂道などに囲まれてひっそりと残っております。



 そんな大都会の休耕地のなか、目印は六本木西公園前にある、ローストチキン専門店 ルコック。3軒長屋の中央に収まった狭い店。初老のマスターおひとりで営業されていますが、常連さんがピックアップするローストチキンのテイクアウトと地方発送が主な業務で、カウンター数席とテーブル1席で、かろうじてイートインも可能となっています。



* 港区六本木7-12-15 不定休

11:00~23:00

 ローストチキン四分の一ランチ : 1100円(税込)

☆☆☆



 戦後の東京に於ける、ローストチキン拡散の源流となる店 : 専用ロースターで焼いた国産(岩手)雛鳥のローストチキンは、ランチだと四分の一羽から食べられますがスモールサイズ故、ハーフサイズが推奨。サラダ、鶏スープ(これが絶品)にライス、珈琲が付きます。大将が語るところに因れば(あくまで個人談)、かつては六本木ロアビルの隣り(現在は鳥勝ビル)で、戦後から続いた鶏肉卸し=鳥勝さんが出自だったそうで、六本木という場所柄、外人さんへのジビエなどの仕入れで一役買ったらしいですが、20数年前から、こちらでローストチキンを売ることに専念。ひと昔前までは事前予約でパスタなども振る舞っていたそうですが、いまは、ローストチキンのみ。小ぶりですが、ロースターに合った素材で調理するため、特別に柔らかく優しい味わい。美味しいです。

続きを読む

甘酒横丁 甲州焼鳥 とり火山 人形町店

甘酒横丁 甲州焼鳥 とり火山 人形町店

人形町の甘酒横丁沿いの外れ、もとは直久があった跡地に、2017年末オープンした、甲州焼鳥を掲げた、とり火山・人形町店。店名の言われ、いっときは山梨県・国母駅近くで開業するも閉店し、銘柄鶏である甲斐信玄鶏を使用、風林火山ならぬ、とり火山として、なぜか縁あって、焼鳥激戦区・日本橋へ乗り込んできました。



 焼き鳥を試すには格好の場所、日本橋界隈であるものの、現実的には商売敵が特別多い土地柄、飛んで火にいる何とやらではないが、物好きにもほどがあるチャレンジャーです。王者・丈参、街を牛耳る玉ひで、江戸路、ぼんぼりは言わずもがな、おが和、久助、そして鶏割烹・大金まである、そんな立地条件のなか、焼鳥居酒屋としてのスタンスで頑張りが期待されるニューカマーです。



* 中央区日本橋人形町2-20-7 無休

11:30~13:30(ランチ)

17:00~22:30(土日祝は通し営業)

 本日の焼鳥盛り合わせ5本 : 780円(税別)

☆☆☆☆



 ところがどっこい、備長炭で焼かれた甲斐信玄鶏は旨かった!ランチは、焼鳥重や親子丼、土日にはセットものもあるが、それらはビミョーな内容。むしろ昼間っから、焼鳥が1本から頼めるというのが魅力的。はつ、もも、ねぎま、ささみ、とりにんにく、すべてトリュフ塩で注文、そして追加で串2本、限定・白きも、皮を頼む。焼きも下処理も丁寧、炭香も良い移りで、身も大き目で、肉質は柔らかでジューシー。塩で満足、嫌いなタレ付けを回避できて、これは嬉しい。





CP=100 味=85

 純鶏たたき : 480円

☆☆☆

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR