FC2ブログ

築地場外 そば処 長生庵

築地場外 そば処 長生庵
IMG_3409.jpg
 ひと昔前なら築地市場場外という一括りだったエリア、魚河岸フードコートを見越した先、晴海通り沿いに建つマンション=モンテベルデ1階奥に収まった、まちばのお蕎麦屋さん&居酒屋、そば処・長生庵。築地川の暗渠となった緑道脇、門跡橋信号の横丁から入っていく、分かりづらい立地で、隠れ家的な存在ながら、観光地色に染まらず稀に見る誠実営業なスタンスでファンが多い。もとは築地・長寿庵(現在は無い)から初代が独立して昭和47年に開業、現在は2代目が鋭意継承中で、築地はしご酒などにも関わっています。

* 中央区築地4-14-1 日・祝休(不定休)
朝7:00~14:30
17:30~20:30(事前予約制)
IMG_3404.jpg
 朝〆穴子とメゴチの天もり : 1800円(税込)
☆☆☆☆ 美味すぎる!

 小生、江戸前天ぷらジャンキーなので、野菜天とかではなく、それ風の魚介天ぷらが食せる店しか足を運ばない。蕎麦屋としてだけではなく、酒飲みの店としても若き店主の創作料理やアテの数々に惹かれる呑兵衛も多いことだろう。また、その日ごと、河岸から入荷する鮮度抜群な天タネを使った天ぷらが実に好ましい!市場は豊洲へと去っていったものの、こういう律儀に誠実営業する店が令和になおも残っているだけ有難い。

 この日は、対馬産・穴子(朝〆)1本まるごと!と愛知県産・めごち2尾!をフリッターよろしく江戸前天ぷらに揚げた一式を塩で頂き、ざるそばも付いて、このお値打ち価格は素晴らしい!蕎麦自体は別段褒められたものではなく、ごくごくふつうなれど、主役が天ぷらと思えば、それはそれで大満足です。酒が飲めれば更に上等でしょうが、朝から通って誰もが自然に笑顔になれる、そんな温かな雰囲気溢れる、庶民派の隠れ家の一つ。
IMG_3407.jpg
スポンサーサイト



テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

日本橋三越前 むろまち小路 利休庵

日本橋三越前 むろまち小路 利休庵
IMG_3310.jpg
三越前から、むろまち小路へと進んで、すぐのところにある、室町・利休庵。開業が戦後昭和27年と、質に乏しき名ばかりの老舗ひしめく、この界隈では比較的新しい(誠実営業ではある)が、それはそれとしても、物腰柔和な4代目が帳場に座った光景にはホッとひと息つける、白暖簾が眩しい人気店。特徴といえば、1階は入れ込み式で地階とともに、丼ぶりもの&お蕎麦メニューのみ、2階から上は割烹然とした和定食を提供するスペースに使い分けられている点だろうか。

* 中央区日本橋室町1-12-16 日・祝定休
11:00~15:00
17:00~21:00(月~金のみ)
IMG_3306.jpg
かしわ南蛮そば : 1050円(税込)
☆☆☆★

 かけそばの旨い店として挙げよう。わけても拙者、かしわ南蛮が好き。鴨南蛮に似せる向きもあってなのか適度に薄ぺラな鶏ささ身と鶏皮にネギ、青柚とシンプルなうえ、北海道産・蕎麦粉で打った更科そばが、のど越しよく決まるのが、食味として絶妙であって、ざるやもりでは無く、温なかけ蕎麦がマストである。加えて、無粋な納豆そばなど気にも留めずに、かつ丼、親子煮もウマイと推しておこう。

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

牛込天神町交差点下る 蕎楽亭 もがみ

牛込天神町交差点下る 蕎楽亭 もがみ
IMG_2718.jpg
 蕎麦屋へ赴く理由たるやさまざまで、ご近所さんの付き合いで出前を頼む店、老舗の風格含め味わう店、地方へと旅した際に訪れる旅情溢れた店、ある人にとっては呑みの場であったり、カツ丼を腹に収めるために駆け込んだ店であったり、ときにそれは次の列車を待つ時間にすするホームの立ち食いソバであったりもするだろうし、ともかくも、蕎麦屋巡りの愉しみは尽きない。

 さて前置きが長くなった、神楽坂・蕎楽亭(きょうらくてい)といえば、言わずと知れた銘店でありまして、その名を敢えて冠した暖簾分け、長谷川さんの愛弟子=最上さんが2012年に独立した、蕎楽亭 もがみ。場所は東西線・神楽坂駅から早稲田通りを地蔵坂クランク下って、江戸川橋通りにある渡邊坂から中程を小路へと入ったところ。

* 新宿区中里町3 日&月曜定休
11:45~14:30(ランチサービスあり) * コロナ自粛モードの時間割です。今後変更あり。
17:00~20:00(土曜日は昼営業のみ)
IMG_2707.jpg
 ランチセット : 950円(蕎麦大盛り=1250円)税込
☆☆☆★

 店主は若き女性蕎麦職人です。店構えも営業スタンスも、創業時以来、小料理屋の若女将といった風情で夜営業のみでしたが、この時節、コロナ自粛月間に入ってから、昼営業を模索し、嬉しいことにランチサービスメニューも出来上がっておりました。通常の夜メニューも、ほぼ注文可能ですが、仕入れや準備等々でバラツキがあります。

 ランチは、そば(冷&温)に、おかず(3種盛り)、汁もの(牛スジカレーか、けんちん汁)です。 なかなか優れもんですね。蕎麦は、ほぼ十割、ややエッジある麺線、男っぷりな食感です。単品なら150g、ランチ品(並盛り)は少な目な130gで、こちらは大盛り=180gでたっぷり目でした。手打ち蕎麦専門店も近隣に多く存在し、レベルも高く、加えて安くて旨い、まち蕎麦も多くひしめく=神楽坂界隈の蕎麦激戦区ならでは、いかんせん、蕎麦&汁ともにふつうレベルですが、むろん松翁ファンならマストな店、きっと惹かれる店でありましょう。
IMG_2715.jpg
けんちん汁 : ☆☆☆☆
 猿楽町・松翁伝来とでも言いましょうか、志な乃含め松翁ファミリーは、やはり行きつくところは、けんちんですよね。このけんちん汁は、素朴を飛び越え、非常に美味です。ただし残念ながら、こちらは、うどんは自家製ではないから、めおともり、むぎめおとはない様子です。

* ランチ :
CP=100 味=80
* そば湯 : 釜湯ではなく、別製で作っていました。程よい濃さ。
IMG_2709.jpg
赤えび天ぷら(単品) : 1280円
☆☆☆

 同じく蕎楽亭出身の浜町かねこ・金子さんと比較するのも酷ですが、内身は水っぽい仕上がりですが、ほわッと、外観はカリっと男っぽい揚げっぷり、海老と野菜類。塩のみで頂きます。
IMG_2712.jpg

テーマ : 蕎麦
ジャンル : グルメ

新宿・花園町 大木戸 矢部

新宿・花園町 大木戸 矢部
IMG_1861.jpg
 大木戸矢部は、1997年、新宿御苑・大木戸門近くで産声を上げ、その後、2002年に、靖国通りと花園通りの間ぐらいの裏通りに大木戸・矢部 花園町店がオープンして2店舗体制となり、やがて料理長だった妹尾さんが独立して、現在の割烹せおとなって居抜きで御苑前の店を引き継ぎました。その後、初代が銀座に移って矢部として営業開始するも、なお後輩に譲って、花園町店は残り、今日に至ります。昼間は手打ち蕎麦を提供していますが夜の本業は割烹・ふぐ料理店となります。

* 新宿区新宿1-35-8 日・祝定休
11:30~14:30(ランチ=そば)
17:30~22:30
IMG_1856.jpg
鴨せいろ : 2000円(税込)
☆☆☆☆

 ひさしぶりに美味い!と思わせる、プロが作った味。つけ汁は辛口、濃い目。フワッと香る柚子、根三つ葉っぽいやつ、炙った太いネギ、柔らかで肉厚な鴨肉数枚、自家製鴨つくね団子2個入り。聞き出したところ、まずミンチにした鴨肉を湯通し、その汁を吸った蕎麦の実を団子に成型する際にツナギとして混ぜて練り込んだという手のかかった逸品です。軟骨のコリコリ感と蕎麦の実の雑穀感がナイスな取り合わせです。

 一方、蕎麦は、群馬県・高山村産蕎麦粉の甘皮から粗挽きした田舎蕎麦のような十割蕎麦で野性味タップリ、少々エグミを感じさせるような滋味あふれた風味でしたが美味しい蕎麦です。蕎麦の分量も中ぐらいの盛り。ちなみに、名物は納豆うどんですが、こちらでは手打ちうどんは、どのメニューでも提供可能です。薬味は黒山椒ではなく鴨肉に合わない=七味唐辛子だったのが不満。


CP=90 味=85
IMG_1855.jpg
蕎麦湯 : 見た目は白濁、濃厚と言うより、サラッとした、甘い、飲みやすいタイプ。
* 昼のお任せ料理として、蕎麦のほか前菜や天ぷらの付く、5500円で、予約せずに食べれます。
IMG_1858.jpg

テーマ : 蕎麦
ジャンル : グルメ

神田小川町 駿河台下 やぶ仙

神田小川町 駿河台下 やぶ仙
IMG_1456.jpg
スポーツ用品店のまち=神田小川町、駿河台下交差点から靖国通り沿いにはいったところにある、地味な大衆蕎麦店、やぶ仙さん。神田といえば、居並ぶ老舗蕎麦店が多い中、こちらの創業は昭和25年と比較的浅いものの、2代目が継いでから頑張っている模様。1階テーブル席のほか、2階まである。

 創作メニューも多く、店先で惹かれて入店。サラリーマンと学生街でもある神保町は立ち喰い専科の生半可な蕎麦店も多い中、こちらは蕎麦屋稼業をしっかり踏襲しながら、目先の変わったものを取り混ぜた営業スタンスで街に根付いています。セットものも多く、せいろも2段重ねで、食堂っぽい使い勝手の良さでアピール。

* 千代田区神田小川町3-6 日休
11:00~15:00
17:00~22:00
IMG_1453.jpg
いかせいろ : 900円(税込)
☆☆☆★

 正直、予想よりも蕎麦自体がウマかった。これは救われる。大好物である=イカの搔き揚げとネギがアツアツのつけ汁で用意され、それに極細な蕎麦をつけて食べる幸せは、なによりも代えがたい、そば屋の満願である。プラス250円で、田舎せいろ仕様(石臼挽き純国産・十割そば)に変更させてもらった。喉ごしもよく、かなり上物である。正直言って、上野・翁庵よりもイケている。


CP=90 味=85
IMG_1451.jpg

IMG_1454.jpg

テーマ : 蕎麦
ジャンル : グルメ

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR