FC2ブログ

新宿御苑前 麺宿 志いな

新宿御苑前 麺宿 志いな
IMG_0122.jpg
 ラーメン店激戦区のひとつである=新宿御苑前界隈、、、新宿通りで新宿1丁目交差点から花園公園方向へと進んだ先にあるのが、2018年7月にオープンし、鶏そばを掲げた、麺宿 志いな。店主(椎名さん)は水道橋かぐら屋などに関わった方らしく、加えてイタリアンなどの飲食経験を積んでいる。店内は大人カジュアルで、こ綺麗な内装、ゆったり目。
* 新宿区四谷4-30-15 無休(不定休)
11:00~16:00
18:00~21:00
IMG_0120.jpg
 潮そば : 750円(税込)
☆☆☆☆
 鶏そばゆえ、てっきりウリが鶏白湯かと思いきや店前には清湯系の醤油と塩味二枚看板。さらに聞けば、塩が一番人気と言うことで、迷わず、こちらの潮そば。鶏、昆布~ホンビノス貝などで取られた雑味の無い澄んだ清湯スープに薄っすら鶏油。なにもかも行き過ぎてない、、ウマミのバランスが最適解。かつおとか煮干しとか雑味のもとになりそうな出汁系は避けているようで、結果、あっさりとしたなかにも深みあり、純度の高さが伺われて淡麗なスープは極上。毎日すすれる飽きの来ないラーメン。麺は細め、大成食品製。具材は水菜、ゆず刻み、九条ネギ、キジ焼き丼に乗っているような鶏ロースト(これはいささか貧弱で合わないかな)という布陣。あっさり系、イイです。

CP=100 味=85
スポンサーサイト



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

九段下 ヌードルマイスター源九

九段下 ヌードルマイスター源九

 九段下駅前交差点から専大通りへと向かっていく路地裏にある、ヌードルマイスター源九。2018年5月オープン。曜日によってスープが煮干しベースだったり、この日はメインが貝だし塩と醤油ベースだったりもする。店の外観も洒落ているが、内観も意外とゆったりしている。やっぱり、この辺りのラーメン需要は自ずと高レベル。しかし辛い物だけに集まる雲林坊のごとき無駄な並びは此処には無い。



* 千代田区九段北1-8-3 祝定休

11:00~21:30

 特製貝だし塩ラーメン : 1000円(税込)

☆☆☆☆



 仕上がりの見た目は、よくあるイマドキ、でも味が完璧に整っています。 : 美味しい!という予感は食べる前に、たとえ行列が無くとも、なんとなく察知できるので、券売機では迷わずに特製をポチっと押す。羅臼昆布、ボンビノスとかアサリとか海産物で、いろんな旨みが上手に生かされた、無化調で抜群のメリハリある味わい。それでいてクド過ぎず、食後にフワッと磯臭さもあるが気にならない程度。



 麺は低加水パッツン中細麺。多めに乗っかったメンマ、低温調理した鶏と豚レアチャーシューも旨く、紫タマネギ、ネギの刻みも繊細。全体的に手抜きの無い丁寧さ。素直に美味しく、すこぶる好感触。味変として岩ノリとレモンのジュレ。先着サービスで、貝で炊いた炊き込み=ミニおにぎりも付いてきます。この店主は、いろいろと料理を勉強している感じ。





CP=90 味=90

続きを読む

亀戸煮干し中華蕎麦 つきひ

亀戸煮干し中華蕎麦 つきひ

 久々のニボ活です!なかなかディープな亀戸駅北口界隈、活気ある、ごちゃっとした呑み屋街の裏通り、そこは亀戸横丁という飲食店が何軒か収まった雑居ビル、その一階奥右手にあるのが、亀戸煮干中華蕎麦つきひ、、、、。ニボマニアが集う店。



 昼から暗がりの通路をずんずん進むと人気店ゆえ行列を発見。発券機にて購入して列に並んで待ちます。カウンター席とテーブル席1卓。2018年1月オープン、”つきひ”とは月火のこと也。亀戸のまち自体が非常に人間味あふれた町で人懐っこい、この店もフレンドリーで魅力的。



* 江東区亀戸5-13-2 月曜定休

11:30~14:30(スープ切れ仕舞)

18:00~20:30

 濃厚蕎麦 : 880円(税込)

☆☆☆☆



 あぁ、すごいセメント。もう笑っちゃうぐらい強烈なニボニボの塊。粘性が強く、煮干しと鶏スープの合体。中華ソバ伊吹以来のスゴミを感じさせた国宝級ですね。やや太めにも感じられた村上朝日堂製麺製だというボキボキっとしたパッツン超えた硬めの麺もニボ感を煽りまくり。とにかくすごい。これまで食べてきた煮干し蕎麦はなんだったんだろう?というような究極の一杯です。





CP=100 味=85

メモ : 鶏が強すぎて、煮干しの裏側に突き抜けちゃったような粘性故、調整はあったほうが自分好み。

続きを読む

新日本橋 煮干しパスタ専門店 sisi煮干啖(ししにぼたん)

新日本橋 煮干しパスタ専門店 sisi煮干啖

 きょうのニボ活 : 新日本橋駅と三越前駅との中間ぐらい、寶田恵比寿神社にも近いオフィス街に囲まれた一角に、sisi煮干啖(ししにぼたん)という変わったネーミングの店がある。花札でお馴染、獅子に牡丹なのだが、この店、神楽坂・カルネヤのオーナーシェフ・高山さんが発案し、きょうも自ら料理を提供している、オリジナリティあふれた煮干しパスタ専門店なのです。2017年オープン、カウンターだけの激セマ繁盛店。



* 中央区日本橋小舟町4-9 日・祝定休&臨休多し

10:30~15:30(70食ぐらいで売り切れ仕舞)

 にぼたん(中) : 850円

☆☆☆★



 これはこれで見事にオリジナリティ-あって美味しいのだけれど期待値は超えず、正直、ビミョーなライン。煮干し=アンチョビと考えれば、なるほどイタリアンなわけで、これはこれで本格イタリアンの裏メニューとして賄いめし風にサーブされたら好評を博すでしょうけれど、端っからのファストフードとして展開させるなら、もうひとひねり味にキメが欲しかった。発想は十二分良いけれど、見かけは流行りのつけ麺に寄せ過ぎ、むしろ味付けがピシッと決まっていないように思えて残念。



 粉末状にした伊吹イリコのフレークをバターで炒めて、国産パスタ(コルノ2.1mmスパゲッティ)乾麺仕様、トッピングにチャーシュー、赤玉ねぎ、うずら、岩海苔。箸では食べ難いので、フォークとレンゲで食べるべし。なお麺の分量の目安は、小=80g、中=130g、大=190gぐらい。ボリュームが増すと味が単調で後半飽きる。





CP=100 味=80

続きを読む

門前仲町 支那そば しんば

門前仲町 支那そば しんば

 東西線・門前仲町駅上の永代通りを歩き、富岡八幡宮過ぎた商店街のなかに店を構えた、支那そば しんば(榛葉)さん。2016年オープン当初は同ビル3階にあったらしいが、昨年来、めでたくも1階路面店として再スタート。居抜きかもしれないが、とても綺麗な作りでスペース的にもくつろげます。



* 江東区富岡1-22-26 無休

11:00~22:00

 煮干しそば : 850円(税込)

☆☆☆



 看板商品は、あくまで、白だしそば(愛知の白たまり醤油仕様)らしいが、この日は煮干しそば(限定)もスタンバイされていたのでチャレンジ。無化調を謳ってはいますが、かつおとか、煮干し各種(片口、白口、鯖煮干し、あご煮干しなどミックス)とか、いろいろと詰め込みすぎてウマミどおしがぶつかって相殺、コアな部分が、かえってマスキングされてしまって残念な結果。でも悪くはない、イマフウな美味しい中華そばではありますが、味は、まとまりなく、とりとめもなくカオス、そんな印象。三河屋製麺の中細ストレート。





CP=90 味=85

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR