fc2ブログ

下高井戸 和食 八(はち)

下高井戸 和食 八(はち)
IMG_5504.jpg
 暑い夏もひとまず一段落し、朝晩には涼風と共に虫の音も賑やかになってきました。ふと見かけた花壇には、ヒガンバナの芽が、もう立ち上がっています。いつも新鮮な魚が季節ごとに食せる、素敵な店、和食 八(はち)さんに青森県・大間の本マグロが入荷したとの情報を得て再訪。食材には鮭、イクラ、サンマなど秋を告げる顔が揃っていました。

 ランチ : 甘鯛炭火焼と上刺身盛り合わせ定食 : 2300円
☆☆☆☆★  いつもながら、素晴らしい内容で大満足。
刺身盛り合わせ、甘鯛炭火焼、香の物と自家製卯の花、味噌汁、ご飯(多古米)、茶碗蒸し(これは銀座・うち山で、お馴染な焼き胡麻豆腐そのものの味わいでした。熱いけれど濃厚テイスト。)、いくらおろし(別注文)

IMG_5589.jpg
 甘鯛炭火焼 : 高級魚の代名詞ともいえるアマダイと言えば”若狭ぐじ”が京料理では、あまりに有名ですが、こちらは山口県産、ブランディングで売り出し中”山口あまだい”、アカアマダイです。水っぽいので刺身よりも炭火焼が美味いです。大根、鬼おろしで頂きました。
IMG_5584.jpg
 青森県・大間の本マグロ : きょうの目玉、大間の本マグロ、90キロ強・中型で、部位は腹、大トロ~中トロぐらい、綺麗なさしが入っていますが身質もよく、脂は充分で、嫌らしくないすっきりとした後味。食後の香りがバツグンです。やっぱり美味い、此の時季ならではのコスパ、上質。同じく大間の赤身は、食べ比べで、魚体が小型と中型2種いただきました。どちらも旨い。
IMG_5591.jpg
 刺し盛り : 天然クエ(長崎産)、北海道産だという天然もの鰤(ブリ)!(これは上質・身には透明感あって、適度な脂感、キレがあって旨い。)、ブリと言えば裏日本・富山の寒ブリが有名ですが、ちょうど今の時季、秋ブリが旬!北海道では漁獲量も需要も増えています。鮭やサンマが獲れなくなって、やがて将来的にはブリがメインとなりましょう。メイチダイ(一見するとクロダイっぽいが、いま、東京湾~相模湾で漁獲量が増えているらしい、けっこう旨い。)
IMG_5585.jpg
 生いくらおろし : 600円(追加)
9月~10月しか食べれない、生のイクラです。鮭の魚体の大きさによって、いくらの粒感が違うとのこと、比べてみれば歴然!やっぱり大き目のツブが好いとのことで、それを食べさせていただき大満足。いつも美味しいラインナップありがとうございます。

メモ : 年に一度、秋に生のイクラを食べたら、もう後戻りできません。口の中で逃げちゃうようなプチっとした張り感があるイクラが鮮度が好いと思う人も居るでしょうが、それは熟成度合いも相俟って、生でなく醤油漬けされ冷凍保存されたナレの果てです。もっとも年中、丼ぶりから溢れんばかりが食したい方には向いてますが。生イクラは違和感なくスッと口元から入って、くちどけよい、そんな表現がピッタリくる優しい味わいで、その食感は今のタイミングでしか味わえません。
IMG_5586.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 魚料理
ジャンル : グルメ

下高井戸 和食 八(はち)

下高井戸 和食 八(はち)
IMG_5504.jpg
IMG_5495.jpg
 日替わりランチB : 1600円
☆☆☆☆   

 タチウオ炭火焼、焼蛤(1つ)、刺身盛り合わせ(上刺身にてプラス700円)、茶碗蒸し、お新香、ご飯、なめこ味噌汁。
①上刺身盛り合わせ : 本生マグロ(ボストン)、インドマグロ、平目(宮城県)、イナダ、雲丹、黒ムツ、湯引きハモ。近海・本マグロも盛夏ともなれば、なかなか良いものが少なくなってきます。そんな時季、逆に旬を迎えるのが、空輸された北大西洋のボストン生マグロだったり、南半球のインドマグロ(冷凍)だったりします。夏でも旨いマグロ。

② 太刀魚炭火焼、自家製の青唐辛子入り味噌が付け合わせ。夏が旬、江戸前、近海ものタチウオはやはり焼きが旨い!
③ 焼蛤(1ケ) : 千葉・九十九里産、国産ハマグリを炭火焼で。美味い!
IMG_5500.jpg
日替わりランチA : 1300円

 タチウオ炭火焼、アジ天ぷら(大根鬼おろし)、小刺身盛り合わせ(かつを藁焼き、イナダ、平目)、お新香、ご飯、味噌汁。
IMG_5493.jpg
 自家製プリン : 300円
☆☆☆☆ 濃厚、ピーナッツ味が濃い。
IMG_5503.jpg

テーマ : 魚料理
ジャンル : グルメ

下高井戸 和食 八(はち)

下高井戸 和食 八(はち)
IMG_5357.jpg
IMG_5413.jpg
リピートするに価値ある和食店、下高井戸駅線路際に佇む、和食 八(はち)さん。きょうも元気に素敵で美味しい、日替わりランチを提供中。

*  杉並区下高井戸1-4-1 日曜定休
11:30~13:30 月~土曜、現在・ランチ営業中

* 甘鯛の大和芋蒸しと刺身盛り合わせ定食 : 1900円
☆☆☆☆  上刺身盛り合わせで見繕ってもらって、プラス900円。
IMG_5411.jpg
 料理長にお願いして、刺身盛り合わせも特別に豪勢なオールスターラインナップに仕立ててもらっています。いつもながら、有難い限りです。① ワラサの藁焼き ② 鳥取県・境港から天然・本マグロ ③ 脂が乗った極上シマアジ ④ 黒アワビ酒蒸し・肝のせ ⑤ 対馬・アカムツ・紅瞳の炙り ⑥ 白イカ ⑦ マゴチ&ウニのせ ⑧ クエ炙り 昼間っから、なんとも素晴らしい布陣。
IMG_5412.jpg
* 甘鯛の大和芋蒸し : 養老蒸し、または薯蕷蒸し、甘鯛の上品な白身に大和芋をすりおろしたものを乗せて蒸した日本料理の定番に、葛餡かけしたもの。甘鯛は、鱧とは違った夏場を彩る和食の女王です。
IMG_5409.jpg
* 魚のあら煮と刺身盛り合わせ定食 : 1200円
 こちらのメインは、黒ムツでしょうか?カブト煮もしくはカマを煮込んだもの。ランチ時の定食には茶碗蒸し、味噌椀、香の物、ご飯が付きます。
IMG_5408.jpg

テーマ : 魚料理
ジャンル : グルメ

下高井戸 和食 八 

下高井戸 和食 八
IMG_5357.jpg
 明大前から移転して、4月にオープンしたばかりの和食 八(はち)さん。総本店は千歳烏山駅前で、荻窪には姉妹店として串揚げ 八(はち)があるなか、こちらは下高井戸駅前アーケードを抜けた先、桜上水へと向かう線路際にあります。この時節は、ランチ需要に応えるべく、連日昼から日替わりランチを提供中で賑わっております。日ごとに産地から入荷します新鮮な高級魚を刺身や焼き魚、天ぷらなどに仕立ててくれます。この界隈では無かった高グレードの和食店の登場で、再訪しました。

* 杉並区下高井戸1-4-1 日休
11:30~13:30(コロナ自粛中)ランチ提供=月~土曜
17:00~20:00
IMG_5355.jpg
 日替わり定食 : 2300円
☆☆☆☆★  焼き魚とアカムツ(紅瞳)刺身盛り合わせ

 アイナメ焼き魚、上刺身盛り合わせ(プラス500円)、小鉢(ツナ和え物)、きのこの味噌椀、ご飯(千葉・多古米)。この日のメインは、対馬産・ブランド・アカムツ(のどぐろ)紅瞳、軽く炙った刺身、山陰・日本海側から鳥取県・白イカ(ケンサキイカ)、境港から天然本マグロの大トロ!九州長崎から、けっこう大きな魚体のクエ!(長崎ではアラ料理として有名)

 ケンサキイカは夏を代表する高級イカで、これからが旬です。三崎や焼津と言った遠洋冷凍マグロとは違う、近海ものの天然・本マグロの集積地として知られる鳥取・境港産からの本マグロ・大トロ。今の時季、旬を迎えた本マグロ、国産というだけで有難い。ブランド赤ムツは皮目をバーナーで炙った逸品、脂が乗って異常にウマい!クエ(アラ)は鮮度よく、血合いもなくって透明感ある刺身。
IMG_5352.jpg
 アイナメ : ロースターで軽く焼いて、青山椒をたっぷりと振ってあります。山椒の葉っぱを散らした=木の芽焼きに似通った感じ。あっさりとして、お上品な味。鬼おろしした大根を柑橘系醤油で食べます。
IMG_5353.jpg
  ランチ・海鮮ちらし : 1600円
 シャリは赤酢っぽい、丼ぶり1杯分をお皿に乗って、その上に、日替わりで鮮度よい切り身を並べていきます。車海老の小ぶりな才巻海老2尾(ボイル)、本マグロ赤身、赤ムツ、白イカ、かんぴょうなど豪華です。テイクアウトも可能。
IMG_5350.jpg

テーマ : 魚料理
ジャンル : グルメ

下高井戸 和食 八(はち)

下高井戸 和食 八(はち)
明大前から移転し4月に新規オープン!

IMG_5234.jpg
 2013年から明大前駅前で営業を続けてきた、居酒屋【米・肴・旬菜】八(HACHI)さんが、下高井戸駅前へと移転し、4月に和食 八(はち)として装いも新たにオープンしたばかりです。場所は下高井戸駅前、踏切渡って、駅前商店街(美味しい豆腐いづみやさんの直売所があるところ)抜けて、線路沿いに歩いた先の路面店です。グループとしては千歳烏山が八・総本店として、荻窪には串揚げ・八が姉妹店としてあります。(なお、2009年~外苑前にあった南青山店は既に撤退・閉店しております。)

* 杉並区下高井戸1-4-1 日休
12:00~14:00(水・金・土) * 現在、毎日ランチ営業中
17:00~20:00
IMG_5236.jpg
日替わりランチ : のどぐろ煮つけと上刺身ランチ  2300円
☆☆☆☆★ 素晴らしい!

 コロナ渦・自粛期間中は毎日ランチ提供中で、通常時に戻ったら、水・金・土曜日のみ予定。テイクアウトは海鮮ちらし寿し(1500円)のみ、日替わりランチとしては焼き魚や刺身など、その日の仕入れ等によって変化します(1300円~)。コースになった場合、ガチガチの割烹テイストではなく、おつまみセットのようなイタリアンテイストがウリだそうです。

 こちらは上刺身盛り合わせ(追加2品でプラス500円)に、のどぐろ煮付け、茶碗蒸し、味噌椀、お新香、お代わり自由のご飯が付いて、なんとまぁ、とっても豪勢な内容と良質な鮮度感で大満足でした。白米が美味しくって、香取ブランド米・多古米だそうです。仕入れは豊洲市場他、九州などからの直送もあるそうです。紅瞳赤ムツは、その場で捌いてくれていました、片身が煮付けに、もう片身が刺身に引かれる、理想的にして贅沢です。
IMG_5238.jpg
 上刺身盛り合わせ : 寿司屋でも見かけない最上の布陣!
① 主役級・沖縄産・本マグロ・大トロ、国産・本マグロといえば冬と相場が決まっていますが、5~6月は沖縄では天然・本マグロが最盛期なのですね。口当たりの良さ、甘さ、脂のノリも最高です。② 来賓級!鹿児島県産・タマカイ(世界最大のハタ)、特筆すべきは、なかなか市場でも出回らない、超レアで超高級魚なタマカイが脂ものって甘味もあり実に旨い。台湾では養殖もされ、沖縄ではアーラミーバイと呼ばれ珍重されます。なにせ魚体が大きい魚はクエとともに食べ応え、旨みが充分で巡り合えれば有難い。 なお、こちらのタマカイは、フロリダでは怪魚と呼ばれる=ゴライアス・グルーパーと呼ばれる超巨大魚と近い魚種ですが生態は謎も多く、希少種で50年近く生きるそうです。
③ これからが旬!高級いか、アオリイカ ④ マスノスケ(鱒之介=国産キングサーモン)、あと冷凍・輸入品がほどんどのなか、国産キングサーモン=マスノスケも天然モノで臭みやクセも無く、やはり脂と旨みが断然違います。本鱒よりは旨い。⑤ 上対馬・ブランド赤ムツ(のどぐろ・紅瞳)の炙り、⑥ さりげなく雲丹もありました。
IMG_5237.jpg
 赤ムツ煮付け : ノドグロ=富山は名前だけメージャーでも、こちらの長崎県、上対馬ブランド魚・アカムツ・紅瞳(べにひとみ)は今話題の最上級・ノドグロです。紅瞳、さすがに市場価格の女王の座を射止めるだけありそう、脂の乗り、質感がふだん目にするノドグロとはまったく違う、ノドグロがいちばん美味しい魚だと知らしめたのは、やはりこういうものと出会って無ければ分かりません。刺身としても、美味しいことには美味しいのですが、炙って、なおさら、じゅわ~っと脂が多すぎて握り寿司には向かないかもしれません。茗荷を添えてくれています。でも、関東ではアカムツって呼びたい。

* ランチ :
CP=100 味=85

テーマ : お魚料理
ジャンル : グルメ

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR