fc2ブログ

下高井戸・公園通り すしやのまつり 

下高井戸・公園通り すしやのまつり 
IMG_5800.jpg
  定期的に味わって、そのつど大満足で全幅の信頼を寄せる、公園通り、すしやのまつり。
* 世田谷区赤堤4-36-19 水曜定休(前後で連休もあり)
11:30~14:30(サービスランチメニューもあり)
17:00~23:30

 特選ちらし : 3500円
☆☆☆☆★    

 酢飯と刺し盛りがセパレートタイプ。錦糸玉子が敷かれた極上の煮穴子めし、雲丹、いくら、中トロ、ホタテ(バツグンな鮮度感と質感)、白身、赤貝、そして姫サザエ含め煮。
 
IMG_5799.jpg
 特選にぎり10貫 : 3800円
☆☆☆☆★

 赤身、中トロ、大トロ、いくら、雲丹、いか、青柳、車海老、穴子、平目、玉子。おきまり定番ラインナップに季節ごと変化する旬ネタも数貫混ざる。この日は、ごぼう巻(細巻300円プラス)も追加。
IMG_5784.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 寿司・鮨・すし
ジャンル : グルメ

横浜中華街 崎陽軒でシウマイ弁当

横浜中華街 崎陽軒でシウマイ弁当
IMG_5775.jpg 

 令和の世になっても変わらずに、世の中に定番というものがあるとするなら、真っ先に思い浮かぶものが、ヨコハマ・崎陽軒・シウマイ弁当である。経木の折箱、昔ながらの弁当スタイル。俵型に成形され、黒ゴマが振られた御飯、メインは小ぶりのシウマイ5ケ。ポイントにあんず!まぐろの漬け焼き、かまぼこ、玉子焼き、鶏の唐揚げ、タケノコ煮たもの。箸安めに、生姜、佃煮昆布。冷凍、冷蔵物が幅を利かす時代になっても、中華街で購入できるものは、その日のうちに食さねばならない、ほんもの志向だ。

IMG_5778.jpg

 特製シウマイ : 6ケ入り。値段は高めながら、それなりにボリューム有る、少々大きめに成形され、なかみがさらにギッシリと詰まった感じ。たしかに干しホタテ等が効いているが、味はクドイ。6ケ入りでも、ひょうちゃんの醤油入れが入ってます。
  

IMG_5777.jpg

テーマ : お弁当
ジャンル : グルメ

下高井戸 ガレージ ゼロニーロク

下高井戸 ガレージ ゼロニーロク
IMG_5767.jpg
 シモキタは言わずもがな、世田谷エリアでカレーと名の付く食べ物は攻守にわたって鉄壁で困ることはない。喰いに行った経験値から桜新町・砂の岬、三軒茶屋・シバカリーワラ、三軒茶屋・サンバレーホテル、経堂・スリマンガラムをはじめとして、千歳烏山・ハバチャル、駒沢大学前・アミ、喜多見・ビートイート、経堂・ガラムマサラ、世田谷代田・ボンナボンナ、二子玉川・モティ、芦花公園・カレーハウスちとせ、東北沢・パンニャ、二子玉川から鎌倉に移転したオクシモロン(珠玉)、、思いつくだけでも数多く存立、どこも個性的で、かつ多彩、そして美味しい。

 下高井戸には、かつて間借りのカレーバー=向原へ移転したプラマーナスパイスがあり、公園通りには昼はカレーが人気なクラフトビアーバー=ハトスアウトサイドがある。そんななか閉店した台湾タピオカ屋があった雑居ビルの3階に、2020年6月にひっそりとオープンしたのが、昼は無化調カレー、夜は居酒屋を掲げた、ゴハン ト オサケ ガレージゼロニーロク。

 店名である=026とは、もちろんすぐ斜め前にあります、ビブグルマン・居酒屋おふろ、そこから派生した系列店の証。昼間はカレーのイートインランチ営業及びテイクアウト専門で夜間営業は酒と食事もできます。

* 世田谷区赤堤4-48-7 3階 月曜定休
11:30~14:30
17:00~23:00
IMG_5768.jpg
 2種合いがけカレー(ランチ) : 1320円 テイクアウト仕様
☆☆☆☆  ご飯大盛り無料

 日替わりで、3種あり選ぶ。この日はキーマ、ビーフに海老カレーだったので、キーマと海老でオーダー。ご飯はオリジナル麦飯仕様。どれも塩分強めながら、辛さ適宜で、美味しい!サイドメニュー(店内ならトッピング)で副菜として野菜盛りが、330円。キャロットラぺ、紫キャベツマリネ、きんぴら、モヤシやレンコン和え物など盛りだくさんでこれは必須!そして、もう1店舗、美味しいカレー屋さんリストに名前を添えることとなった。

IMG_5769.jpg

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

桜上水 寿司処 松楽

桜上水 寿司処 松楽
IMG_5760.jpg
 桜上水駅から甲州街道渡って、暗渠になっている玉川上水公園をさらに突き抜けて西永福駅方向へ、向陽中学校手前に位置し、こじんまりとした向陽商店会という細い道沿いにあるのが、50年余にならんとする、まちばのお寿司屋さん、寿司処 松楽さん。お若いご夫婦で営む、地域密着型の誠実営業な、お店です。

* 杉並区下高井戸3-15-13 火曜定休
12:00~14:00(ランチ)
16:00~
IMG_5762.jpg
 特上にぎり : 2800円
☆☆☆☆ 9貫・細巻き・玉子 即席・お吸い物付。

 葉蘭のなかに組み込まれて、中トロ2貫、穴子、雲丹、いくら、白身(ひらめ)、ボタン海老、中落巻き(3つ)、いか、ほたて、玉子。鮮度よく、しっかりとしたラインナップ。とくに名物とされる穴子が適宜に炙られていて極上。こちらは折詰めされたお持ち帰り用。
IMG_5764.jpg
 竹にぎり : 1600円
7貫(玉子含む)・細巻き、こちらはボイルエビに赤身・中トロ、白身(ひらめ)、いか、通常はいくら(穴子に置換)、玉子に鉄火巻き(3つ)という万全なラインナップ。いかをはじめとして、それぞれのタネは美味い。特筆すべき、巻き芯が太い鉄火巻も素敵です。
IMG_5763.jpg

テーマ : 寿司・鮨・すし
ジャンル : グルメ

八つ目や にしむら 目黒店 目黒不動尊門前

八つ目や にしむら 目黒店 目黒不動尊門前
美味しい鰻屋さん巡り 百撰 第5話

IMG_5638.jpg
 お彼岸の中日には、お墓参りに : ようやく朝晩が涼しくなって、残暑も収まりつつある、9月の連休は最近シルバーウイークと呼ばれるようになりました。昔から、お彼岸には墓参りというのが習わしとなっております。お寺さんでの彼岸法要もコロナ渦とあって、昨年と同様に本堂内には入れず、外で焼香し手を合わせます。

 目黒不動尊門前にある鰻屋さんからは、もくもくと煙があがり、いつもながら良い香りが食欲そそります。御存じ、人気行列店であります、八つ目や にしむら 目黒店です。店先で備長炭を使って焼き上げ、持ち帰り主体で販売をこなしますが、数席だけ店内にイートインスペースもありますが、もちろん、この時節はテイクアウトのみで営業。うなぎ弁当とするなら都内でも出色のデキバエでございます。

* 目黒区下目黒3-13-10 水曜定休
IMG_5635.jpg
 うなぎ弁当 : 2700円(税込)
☆☆☆☆★ 味質&コスパ最強!

 店先で炭火仕様で焼き上げられた大串(大ぶりな1尾使用)蒲焼がご飯にのせられて、この変わらぬ、お値段は庶民派のまち=不動前・武蔵小山・西小山界隈でも最大限リスペクトされる超優良店です。絶えず人気がある店ゆえ、油断は禁物、必ず事前予約の上、テイクアウトに望まねば、1時間以上も待たされることとなりますので要注意。
IMG_5637.jpg
蒲焼 : なかなか立派で大ぶりな鰻1尾が使用されていますので満足感もあり、タレは別に付けてくれますので、下町っぽい極悪なぐらいビッタビタにされた辛口醤油タレ地獄はひとまず回避されます。炭火でキッチリと香ばしくもソリッドに焼き上げてありますので冷めないぐらいの地の利なら万全、お召し上がりには理想的な仕上がりです。もちろん信頼するに足る品なら美味しさは冷めても変わらないのですが。ともかくも令和の時代になっても、目黒にしむらさんは、まともに商いする素晴らしき蒲焼専門店です。

メモ : 店主の松本さん、ご実家は千住にあります川魚問屋・松本で、そこから仕入れた国産鰻使用。ちなみに御兄弟が商う、大正時代の創業となります本店=巣鴨・とげぬき地蔵横、八つ目や にしむら巣鴨店ほか、現在は、八つ目や・まつもとの屋号で川崎大師、梅屋敷(蒲田)にも店舗を構えております。なお、南千住・尾花の創業者とも、親戚関係にあります。
IMG_5632.jpg
肝焼き(1本) : 400円
☆☆☆☆

 自家で捌いていますから鮮度よく、肝もしっかりとしてボリューム、味ともに申し分なし。

テーマ : お弁当
ジャンル : グルメ

下高井戸 和食 八(はち)

下高井戸 和食 八(はち)
IMG_5504.jpg
 暑い夏もひとまず一段落し、朝晩には涼風と共に虫の音も賑やかになってきました。ふと見かけた花壇には、ヒガンバナの芽が、もう立ち上がっています。いつも新鮮な魚が季節ごとに食せる、素敵な店、和食 八(はち)さんに青森県・大間の本マグロが入荷したとの情報を得て再訪。食材には鮭、イクラ、サンマなど秋を告げる顔が揃っていました。

 ランチ : 甘鯛炭火焼と上刺身盛り合わせ定食 : 2300円
☆☆☆☆★  いつもながら、素晴らしい内容で大満足。
刺身盛り合わせ、甘鯛炭火焼、香の物と自家製卯の花、味噌汁、ご飯(多古米)、茶碗蒸し(これは銀座・うち山で、お馴染な焼き胡麻豆腐そのものの味わいでした。熱いけれど濃厚テイスト。)、いくらおろし(別注文)

IMG_5589.jpg
 甘鯛炭火焼 : 高級魚の代名詞ともいえるアマダイと言えば”若狭ぐじ”が京料理では、あまりに有名ですが、こちらは山口県産、ブランディングで売り出し中”山口あまだい”、アカアマダイです。水っぽいので刺身よりも炭火焼が美味いです。大根、鬼おろしで頂きました。
IMG_5584.jpg
 青森県・大間の本マグロ : きょうの目玉、大間の本マグロ、90キロ強・中型で、部位は腹、大トロ~中トロぐらい、綺麗なさしが入っていますが身質もよく、脂は充分で、嫌らしくないすっきりとした後味。食後の香りがバツグンです。やっぱり美味い、此の時季ならではのコスパ、上質。同じく大間の赤身は、食べ比べで、魚体が小型と中型2種いただきました。どちらも旨い。
IMG_5591.jpg
 刺し盛り : 天然クエ(長崎産)、北海道産だという天然もの鰤(ブリ)!(これは上質・身には透明感あって、適度な脂感、キレがあって旨い。)、ブリと言えば裏日本・富山の寒ブリが有名ですが、ちょうど今の時季、秋ブリが旬!北海道では漁獲量も需要も増えています。鮭やサンマが獲れなくなって、やがて将来的にはブリがメインとなりましょう。メイチダイ(一見するとクロダイっぽいが、いま、東京湾~相模湾で漁獲量が増えているらしい、けっこう旨い。)
IMG_5585.jpg
 生いくらおろし : 600円(追加)
9月~10月しか食べれない、生のイクラです。鮭の魚体の大きさによって、いくらの粒感が違うとのこと、比べてみれば歴然!やっぱり大き目のツブが好いとのことで、それを食べさせていただき大満足。いつも美味しいラインナップありがとうございます。

メモ : 年に一度、秋に生のイクラを食べたら、もう後戻りできません。口の中で逃げちゃうようなプチっとした張り感があるイクラが鮮度が好いと思う人も居るでしょうが、それは熟成度合いも相俟って、生でなく醤油漬けされ冷凍保存されたナレの果てです。もっとも年中、丼ぶりから溢れんばかりが食したい方には向いてますが。生イクラは違和感なくスッと口元から入って、くちどけよい、そんな表現がピッタリくる優しい味わいで、その食感は今のタイミングでしか味わえません。
IMG_5586.jpg

テーマ : 魚料理
ジャンル : グルメ

下高井戸 和食 八(はち)

下高井戸 和食 八(はち)
IMG_5504.jpg
IMG_5495.jpg
 日替わりランチB : 1600円
☆☆☆☆   

 タチウオ炭火焼、焼蛤(1つ)、刺身盛り合わせ(上刺身にてプラス700円)、茶碗蒸し、お新香、ご飯、なめこ味噌汁。
①上刺身盛り合わせ : 本生マグロ(ボストン)、インドマグロ、平目(宮城県)、イナダ、雲丹、黒ムツ、湯引きハモ。近海・本マグロも盛夏ともなれば、なかなか良いものが少なくなってきます。そんな時季、逆に旬を迎えるのが、空輸された北大西洋のボストン生マグロだったり、南半球のインドマグロ(冷凍)だったりします。夏でも旨いマグロ。

② 太刀魚炭火焼、自家製の青唐辛子入り味噌が付け合わせ。夏が旬、江戸前、近海ものタチウオはやはり焼きが旨い!
③ 焼蛤(1ケ) : 千葉・九十九里産、国産ハマグリを炭火焼で。美味い!
IMG_5500.jpg
日替わりランチA : 1300円

 タチウオ炭火焼、アジ天ぷら(大根鬼おろし)、小刺身盛り合わせ(かつを藁焼き、イナダ、平目)、お新香、ご飯、味噌汁。
IMG_5493.jpg
 自家製プリン : 300円
☆☆☆☆ 濃厚、ピーナッツ味が濃い。
IMG_5503.jpg

テーマ : 魚料理
ジャンル : グルメ

下高井戸・公園通り すしやのまつり

下高井戸・公園通り すしやのまつり
IMG_5476.jpg
* 世田谷区赤堤4-36-19 不定休
11:30~14:30
17:00~20:00
IMG_5468.jpg
 特選ちらし : 3300円(テイクアウト)
☆☆☆☆

 これにてテイクアウトは全種類総ざらいです。特選ちらし、テイクアウトでの形状は、酢飯と刺し盛り(鮨タネ)がセパレート状態で、ある意味、盛りだくさん。ご飯部門は、さしずめ、錦糸卵が敷かれた煮穴子丼になっております。柔らかな仕上がりの煮穴子は経堂 鮨処 喜楽に勝るとも劣らないデキバエで、おススメです。刺身は、キンメダイ、タイラギ、中トロ、雲丹、イクラ、イカ、真蛸の面々。いつもながら鮮度よく、コスパもサイコーです。
IMG_5471.jpg
 お新香巻(細巻) : 330円
☆☆☆☆

 沢庵に青シソが咬ませてあって丁寧な仕事です。海苔巻き関係も美味しい。
IMG_5472.jpg

松陰神社前 欧州料理と自然派ワインの店 ラ・ゴダーユ

松陰神社前 欧州料理と自然派ワインの店 ラ・ゴダーユ
IMG_5443.jpg
 松陰神社前駅近くにある、旧共悦マーケット奥に店を構えた、ネオビストロ ラ・ゴダ―ユさん。定期的に伺っては、そのときどきの野菜やら魚介を上手に料理してくれます。なんでも、この長屋自体が取り壊しになるとのことで、9月末ごろには立ち退きが決まったそうです。まだ、移転先は決まっていないとのこと。近くだと好いけれども。
(注 : 移転先は経堂駅・すずらん通り商店街らしい。)

* 世田谷区世田谷4-2-12  月休、他不定休。
12:00~14:30(ランチ=火~土)
18:00~20:00
IMG_5447.jpg
フルコース(ディナーに同じ) : 5500円
☆☆☆☆★  毎回、鮮度良き食材と上手な味付けに感服。

前菜1 : トレビス、無農薬すもも、ビーツ、くるみ、チーズという魅惑の取り合わせサラダ。自家製天然酵母パン付き。
チーズはフランス産、サント・モール・ド・トゥレーヌ、、伝統的な山羊チーズで、表面に黒っぽいところが混ざっていて、これは木炭だそうです。酸味、甘み、チーズのコクなどがみごとに混ざり合った逸品。いつもながら普段は家庭では食べない取り合わせ、美味しい前菜です。渦巻き模様したビーツも、キオッジャビーツと呼ばれるものです。
IMG_5451.jpg
前菜2 : 野菜惣菜盛り合わせ、こちらの名物、今回は激ウマいファラフェル、レンズ豆2種ミックス、キャロットラぺ、人参葉っぱと全粒粉クスクス、スイスチャード和え物、空心菜炒め物、渦巻きビーツ、ビーツ&ビーツの葉っぱ茎、フランスの食卓でポピュラーだという黒大根(素焼き)は日本では珍しい。今回も野菜天国、圧巻の一皿。いつもながら、これだけでお腹がいっぱいになってしまいます。
IMG_5453.jpg
前菜3 : イサキのカルパッチョ、薄切りのズッキーニとチーズ(プリマドンナ)で頂きます。今が旬となるイサキの皮目に湯をかけた皮霜造りの刺身に、オリーブオイル、チーズと塩がよく合います。
IMG_5455.jpg
メイン : 天草産・イラのポワレ、ワタリガニのスープドポアゾン仕立てで頂きます。香り付けはディル、付け合わせはインゲン。皮目はパリッと、白身はクセも無く柔らかく、ほわっとした上品なお味。イラは大きなベラのなかまですが九州などではよく食べるそうですが、東京ではお目に掛かりません。とっても美味しい、贅沢な逸品。
IMG_5457.jpg
デザート : 熊本県産・あんずのクレープ、、温かいデザート、あんずの酸味と砂糖の甘味がマッチング。

テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

下高井戸 和食 八(はち)

下高井戸 和食 八(はち)
IMG_5357.jpg
IMG_5413.jpg
リピートするに価値ある和食店、下高井戸駅線路際に佇む、和食 八(はち)さん。きょうも元気に素敵で美味しい、日替わりランチを提供中。

*  杉並区下高井戸1-4-1 日曜定休
11:30~13:30 月~土曜、現在・ランチ営業中

* 甘鯛の大和芋蒸しと刺身盛り合わせ定食 : 1900円
☆☆☆☆  上刺身盛り合わせで見繕ってもらって、プラス900円。
IMG_5411.jpg
 料理長にお願いして、刺身盛り合わせも特別に豪勢なオールスターラインナップに仕立ててもらっています。いつもながら、有難い限りです。① ワラサの藁焼き ② 鳥取県・境港から天然・本マグロ ③ 脂が乗った極上シマアジ ④ 黒アワビ酒蒸し・肝のせ ⑤ 対馬・アカムツ・紅瞳の炙り ⑥ 白イカ ⑦ マゴチ&ウニのせ ⑧ クエ炙り 昼間っから、なんとも素晴らしい布陣。
IMG_5412.jpg
* 甘鯛の大和芋蒸し : 養老蒸し、または薯蕷蒸し、甘鯛の上品な白身に大和芋をすりおろしたものを乗せて蒸した日本料理の定番に、葛餡かけしたもの。甘鯛は、鱧とは違った夏場を彩る和食の女王です。
IMG_5409.jpg
* 魚のあら煮と刺身盛り合わせ定食 : 1200円
 こちらのメインは、黒ムツでしょうか?カブト煮もしくはカマを煮込んだもの。ランチ時の定食には茶碗蒸し、味噌椀、香の物、ご飯が付きます。
IMG_5408.jpg

テーマ : 魚料理
ジャンル : グルメ

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR